l 谿に遊ぶ 2006年11月
我が愛妻、Para-Miyuki 843を持ち、溪に立つ。 溪魚の鼓動が妻の手から伝わり、水面が割れる。
<
スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
キリ番
2006-11-30 12:32
今回のキリ番は、どなたかになにか差し上げよう!
なんて思ってましたら・・・・

あんら~!
自分で踏んじゃった!
ガハハハ~!
digits.gif

では、次回は10万でなんか考えますね。(爆)
スポンサーサイト
別窓 | ダイアリー | コメント:18 | トラックバック:0 | top↑
相当するつもりだった(BlogPet)
2006-11-29 13:23
きのうpara-miyukiで、相当するつもりだった?
para-miyukiは女性にアタックしたかったみたい。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「あーくん」が書きました。
別窓 | FLY | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
ヘボ会ドンチャンオフ♪
2006-11-27 21:01

大人子供に犬合わせて33名&3ワンコ♪
北関東の某管釣り場に、会長の知来要/さんのお声掛け、くろやん氏幹事のオフ会に集まった老若ワン女です。
DSC_8857_s.jpg

やっと下界にも紅葉が降りてきました。
お昼頃までは何とか泣き出さなかった空も、午後には一時、パラパラ来ましたが、晴れ男パワーでなんとか乗り切れました。

DSC_8873_s.jpg

バーベキューはスペアリブや骨付きソーセージと、ワンコが泣いて喜びます。
当然、アークも泣いてました。
で、速攻でピー!・・・私も泣いてお尻のお世話をしました。
DSC_8876-1_s.jpg

いつも河川敷で出逢う年下のボダ嬢には目もくれないのに、年上のサニ子嬢には猛アタック・・・あっさりシカトされてました。
DSC_8875-1_s.jpg

もちろん、釣りの方もしっかり楽しみました。
が、この日は我々以外にも相当数の来場者がおりまして、100名は越えていたでしょう、お魚のプレッシャー度も相当なもんでした。
DSC_8886-1_s.jpg

くじ引き大会では、要さんの援護もあって、私にピッタリの賞品が手に入りました。
会費よりも高価な賞品で、何だか悪いような・・・

普段はヘボ釣り師の釣り三昧に耐えて来られた奥様方、さすがに女性陣の手際の良さには頭が下がります。
私がアークのお尻を洗っている間に、すっかり片づけ終わっておりました。(男は作り好き、片づけ嫌い!)

これで来シーズンも渋々ながらもヘボ釣り師達を送り出してくれる?かも・・・

DSC_8878-2_s.jpg

別窓 | FLY | コメント:23 | トラックバック:1 | top↑
あーくんは(BlogPet)
2006-11-22 14:04

ここで初めて竹には火を入れないといけません
今朝は天国など降りましたが
あーくんたちが、この瞬間から、竹は、余分を変身する?
あーくんは、余分を変身する?
あーくんは、天国のmiyukiとnoelの見守る中で行われます

ここで初めて竹に命が吹き込まれるのです


電気ヒーターやヒートガンを使用する方が殆どですが、私は当初からコールマンのストーブを利用しています
と、para-miyukiが言ってたよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「あーくん」が書きました。
別窓 | FLY | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
竹に命を
2006-11-19 16:09
寒くなりました。
今朝も霜が降りましたが、これからが冬本番です。
我が家ではまだファンヒーターに火を入れず、我慢我慢!

でも、竹には火を入れないといけません。
DSC_8834-1_s.jpg

電気ヒーターやヒートガンを使用する方が殆どですが、私は当初からコールマンのストーブを利用しています。
170℃~180℃の温度で、6分+5分の11分、竹の繊維に含まれる余分な水分、油分を飛ばし、熱することで竹の繊維に含まれる珪素分子の結合が、より強固になると考えられています。
DSC_8828-1_s.jpg

この作業で竹の反発力は高まり、強い竹が生まれます。
ここで初めて竹に命が吹き込まれるのです。
人それぞれの方法で、それぞれが温度や時間が違いますが、この瞬間から、竹は、竹から素材へ変身します。
DSC_8835_s.jpg

この作業も、削りも接着も、そして、ディッピングも、金属加工や旋盤仕事以外の作業は、天国のmiyukiとnoelの見守る中で行われます。

生まれたばかりのこの命、これから世に出るまでがもっとも時間を必要とする期間に入ります。
来年の解禁日を目指して、徐々にロッドへと成長してまいります。

DSC_8837_s.jpg

別窓 | Bamboo Rod | コメント:15 | トラックバック:1 | top↑
とか書いてた(BlogPet)
2006-11-15 13:16
para-miyukiは
この時期の河川敷は泥棒草が密生しており、迂闊に放そうものなら全身ゴマを降ったみたいになってしまいますので、場所選びも木枯らしにします。
とか書いてた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「あーくん」が書きました。
別窓 | FLY | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
木枯らし1号
2006-11-12 13:11
やっと下界にも秋が・・・
DSC_8776-1_s.jpg

ここは自宅から10kmほどの松田川ダム下のオートキャンプ場です。
ダム下といっても、放水が少ないと枯れ沢になりますので、水遊びには不向き・・・
市の経営するキャンプ場なので、綺麗ですが・・・
一つの立て札に目が止まりました。『ペットの持ち込み禁止!』
ありゃぁ~!
DSC_8814-1_s.jpg

禁止だったんだぁ・・!
っていうよりも、この文句にちょっとプッチン!
せめて、ペット連れとか、ペットの出入りとかにしてよ!
何だか、酒や弁当みたいじゃん?
DSC_8781-1_s.jpg

もっとも、キャンプ場への出入りが禁止ですので、散歩で行くには問題ないですが、ペット連れには肩身の狭い世の中になったもんです。


別窓 | ダイアリー | コメント:17 | トラックバック:0 | top↑
今度は勝ち残ってしまい(BlogPet)
2006-11-07 13:59
今度は勝ち残ってしまい、パタゴニアのキャンプ&
FFオフでは2回に渡り、ジャンケン大会は、para-miyukiは、お隣でキャンプをしました

これもまだ初心者だった頃、パタゴニアのジャケットを頂いたの♪
para-miyukiは、daikyuさん本人所有の想い出のあるリールです

これは、もう少し塗料を盛り足しましたので制作しました

その時の私は最後まで”
グー”
と”
チョキ”
しか出さなかったどころか、勝ち残ってしまうのです



これは、北の大地のI氏のリール


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「あーくん」が書きました。
別窓 | FLY | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
short drive
2006-11-05 20:02
平日の散歩は毎朝の30分ばかりのノーリードランと、夕方に親が近所の公園で遊ばせるだけなので、以前に比べると運動量が格段に減りました。
FFシーズン中はたまの休日も自宅で留守番することが多いでしょうから、オフシーズンの休日くらいは運動させてあげないとね!
DSC_8770_s.jpg

この時期の河川敷は泥棒草が密生しており、迂闊に放そうものなら全身ゴマを降ったみたいになってしまいますので、場所選びも慎重にします。
彦間川の上流に、ちょっと水遊びをさせるに調度良い公園があります。
ここは休日でも滅多に人がいないんで、昔からチョイ遊びに来ていたところです。
FFシーズンでは、ヤマメや下流の養魚場から脱走したニジマス、上流では希少なネイティブなニッコウイワナが棲息しています。
DSC_8712-1_s.jpg

解禁時期の手馴らし程度によく来ましたが、最近はとんとご無沙汰していました。

今日は暖かで風もなく、静かな日和でした。
こんな日に自宅で時間を浪費していたらバチが当たりますね。
でも、さすがに遠出をするにはどこも混雑していてアークを気儘に遊ばせられる場所などあるはずもありません。
こういったときは地元の渓は絶好のスポットになります。
DSC_8737_s.jpg

上流には若干数の民家はありますが、密生する芦原のおかげで水も清涼ですし、ちょっとした深みもあって、水遊びには調度良い環境です。
水から上がれば、小さいですが閑静な公園があり、芝生もあります。
濡れた体で芝の上に寝転がるのが大好きなので、これもまた絶好の場所です。
DSC_8754-1_s.jpg

ただ、東西を山に囲まれておりますので、この時期はお昼を過ぎると陽が山の陰に隠れてしまいます。
ほんの一瞬だけがお日様の下で遊べるのです。
まだ、下界には紅葉は降りてきません。
緑の山肌に陽が射し、アークの目には青空が広がります。
カメラを構えた私の姿もクッキリと・・・
クリックで拡大します
DSC_8763-1_s.jpg

別窓 | アーク | コメント:20 | トラックバック:0 | top↑
sunrise
2006-11-01 21:28
日が短くなりました。
アークの散歩で渡良瀬河川敷に到着する頃が日の出の時間になりました。
渡良瀬橋と中橋が重なり合うこの場所、この橋脚の調度真ん中より陽が昇ります。
DSC_8684-1_s.jpg

工場の煙突から出る煙に霞みながら、陽が昇ります。
朝霧の立ち上る日は、幻想的な美しさを放ちます。
あと1ヶ月ほど、日に日に日の出時間が早くなりますので、いよいよ散歩の時間も段々と暗くなっていきます。
目覚めるときの朝の明るさとも暫くはお別れです。
未だ夜が明けないうちの散歩があと2週間足らずで訪れ、来年の1月いっぱいまで続き、その頃には寒さも加わりますので、寝起きに一層の気合いが必要になっているでしょう。
DSC_8698-1_s.jpg

朝の冷たい空気で顔を洗い、アークの元気を貰って、一日が始まります。
宵っ張りの朝寝坊生活から一転、なんとも規則正しくも健康的な毎日です。
別窓 | ダイアリー | コメント:15 | トラックバック:0 | top↑
| 谿に遊ぶ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。