l 谿に遊ぶ 2007年05月
我が愛妻、Para-Miyuki 843を持ち、溪に立つ。 溪魚の鼓動が妻の手から伝わり、水面が割れる。
<
スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
天空の谿へ思いを馳せて
2007-05-30 22:37
今年もあの谿へ参ります。
昨年は東北方面に浮気をしておりましたので、訪れることが出来ませんでした。

6月の9-10日に参ります。

日程が合えば現地で合流出来るという方々、いかがでしょうか?
新たに参加できるという方はいらっしゃいますでしょうか?

今回はアークはお留守番です。




天空の谿の白いイワナに会いに行きます。
谿は回復しているでしょうか?
イワナは育っているでしょうか?

今年もあの谿に参ります。



PS:行けそうな方はメール下され!
スポンサーサイト
別窓 | FLY | コメント:21 | トラックバック:0 | top↑
谿で吠える《慟哭偏》
2007-05-27 16:26
この週末は竿作りの予定でしたが、時期が早いと思いながらも予定を変更して某K氏に連絡すると、行く予定であることのことで二つ返事でライズ♪♪

まずは毎年イブニングでお世話になっている渓に行きますが・・・
一度だけ底から大きいのが出てきて”ガボッ”っと来ましたが、乗せられずでそれっきり!

移動しま~す♪

暖かな陽気に開豁な谿、気分も良く釣り上がりますが・・・苦戦です!
DSC_0208_s.jpg


K氏は絶好調♪
朝の渓ですでに良型のイワナを上げていますので後ろ姿に余裕が見られますねぇ!
DSC_0209-1_s.jpg


さて、私はというと、6寸イワナを何匹か釣り上げた後にやっと良型に出会えたと思ったら・・
DSC_0210-1_s.jpg


まぁ、ヒレピンですので、そんなに邪険にしちゃ可哀想です。

んで、トドメは・・・
DSC_0218_s.jpg
クリックで拡大します

オイオイ!ブルックなんて、聞いてないぞ~!!

そして、風も強くなってきてライントラブルと木の枝にラインを取られてイライラしていたのか、”フンっ”とロッドを煽ったら、”バキッ”と鈍い音とともにロッドを持つ手が軽くなりました。

ロッドのバット側がフェルール根本でキレイ?に折れておりました。(泣;;

ロッドが折れたことよりも、釣りを中断せざるを得ない方がショックでした。

DSC_0231-1_s.jpg


しばし、K氏のカメラマンを勤めまして脱渓、換えのロッドに交換して上流部に入ります。

ここから怒濤の巻き返しがあろうとは・・・






谿で吠える《歓喜偏》

ロッドを7’00”#3の3pに持ち替えて、ここ暫くやっていなかった区間に入ります。
先刻、ここを通って下流に向かうときには車が停まっていましたので、先行者がいたことは確かです。
入渓して反応が鈍かったら引き返して移動するつもりでした。

が、入渓直後に結果は出ました。
この日一番のサイズの8寸イワナが、流心脇の貯まりから躍り出ました。
DSC_0233_s.jpg

底石の白い渓特有の透き通った美白イワナです。

ここからの区間は渓相も抜群なのですが、魚影はさほど濃いと感じたことは、これまで有りませんでしたが、この日は違ったようです。
DSC_0241_s.jpg

カゲロウのスーパーハッチの様相で、イワナの活性も良かったのでしょう、面白いようにイワナが飛び出します。
そして、ちょっと派手な山吹色の斑点イワナもお出ましです。
DSC_0245-1_s.jpg


ここで、朝一に入った渓のプライムタイムが近づいてきましたが、私はそのまま、K氏は先に向かっていただくことにして、一旦別れます。

K氏と別れて10分ほど、それまで8寸アベレージが3尾ほど出まして、同じ様なポイントにフライを流すと、ちょっと大きめのイワナがゆっくりと銜えました。
巧くフッキングしたのも束の間、リーダーが岩をまたいでいたため岩に巻き付いてしまい万事休です。
この時にイワナが暴れていたらティペットが切れていたでしょう、岩をかわしてフリーとなった時初めてイワナの力強い抵抗が始まりました。
細身に作った3pのロッドがサークルベント描き、イワナがネットに収まったとき、腹の奥から唸るように歓喜の雄叫びをあげておりました。
DSC_0248-1_s.jpg

今年初めての尺越え、32cmの鼻の割れた雄イワナでした。

脱渓ポイントまで良型のイワナは釣れ続け、脱渓したころにはK氏と別れてから1時間も経ってしまっておりました。

慌てて車に戻り、約30分ほど離れた朝一のポイントに到着する頃には陽もすっかり傾いておりました。
あと1時間ほどが残された時間です。
K氏は最奥のイワナが群泳していたポイントでライズを狙っておりますので、釣り上がりながら合流しようと上流に向かうと、ライズが目に停まりました。

朝はまったく反応がなかったポイントでしたが、暫く漂わせたフライに我慢が出来なくなって飛び出したのは9寸イワナです。
更に上流でライズ発見!
流芯で派手にライズしていたイワナは思ったより良いサイズです。
DSC_0272-1_s.jpg

またまた尺上32cm・・・

ぐうぉ~~~~!イビキではありません!

そして、さらに・・・
その上流で出たのは明らかにそれを上回るサイズです。
大きな波紋とともにフライが消し込まれました。

が、そんなに世間は甘くありません。
フライは銜えられていなかったのです。
老獪なイワナですから、それから2度と出ることはありませんでした。
K氏がライズを取っているすぐ下流でも9寸イワナが出てくれましたが、私の釣りはここで終了・・
イブニング本番は逆に空振りすることになりました。

良型のイワナを期待して来ましたが、まさか期待を上回るとは思いませんでした。
帰路の途中、サービスエリアで合流したM氏が朝一に今回釣った区間を叩いたことを聞きましたが、その時は反応が悪かったと・・・
イワナのスイッチが入る時間帯に出逢わせたこともラッキーだったんでしょうか・・
この日はK氏と二人でウ~様を入れれば5目釣り達成です!(笑)
とても楽しい釣りが出来ました。
これから夏に向け、段々とイワナの目覚まし時計の時間も早くなっていくことでしょう。
別窓 | FLY | コメント:37 | トラックバック:0 | top↑
谿は小学校に進学しました
2007-05-20 22:52
今日はお天気OK♪とお天気お姉さんも太鼓判!!

の、筈だったんですが・・・

DSC_0172-1_s.jpg


約一年ぶりに訪れたホームリバー、度重なる災害と2004年の洪水で壊滅状態でしたが、昨年は少ないながらも何とか渓魚の顔を見られました。
で、今年の回復のほどを伺いに行って来ました。

結果は・・・微妙です・・・

渓魚の密度は確かに増えているように思われますが、在りし日の姿を知っているが故に、まだまだ寂しい現状です。
最初の2河川は放流を行っていませんので、完全な自然再生に頼るほかありませんが、幸いなことに、幾筋もの小沢が種沢として機能しており、洪水で粗方流されてしまいましたが、小沢のイワナだけ生き残って再生を一任された格好です。

DSC_0165-1_s.jpg


ゴギと間違えるほど鮮明な斑紋が頭部までくっきりと刻まれています。
淡いオレンジ色の朱斑と、透き通るような体がこの渓のイワナの特徴です。
DSC_0171-1_s.jpg


流石にサイズは出ませんでしたが、確実に再繁殖している証拠です。


DSC_0176-1_s.jpg

こちらは同じ水系ですが、別の支流のイワナです。
ここのイワナは底石に合わせて黒い体躯をしております。
こちらも確かに再生しているようです。
この日は河畔に関東ナンバーの車が4台見られましたが、FFマンとルアーマンでしたのでリリースしてくれているでしょう。

最後は峠を越えて別の水系に行ってみました。
こちらは災害の影響は最小限でしたし、放流もされているようで、前途のイワナとは紋様も色合いも違います。朱斑もありません。
入渓直後にポンポンと釣れましたので安心です。
DSC_0182-1_s.jpg



この日の温度はお昼時で8℃でしたが、この頃になると7℃近くまで下がって、おまけに風と雨(みぞれ?)が追い打ちをかけ、体感温度は氷点下・・・
手もかじかんでフライを変えるにも一苦労・・・
気温よりも水温の方が高いという状況になってしまいました。

で、とうとう我慢できなくなりまして、、、撤収~!

DSC_0187_s.jpg


取りあえずは、谿も順調に回復しているようでひと安心な1日でした。
別窓 | FLY | コメント:21 | トラックバック:1 | top↑
あの谿へ
2007-05-19 13:45
今日は久しぶりに私のホームリバーのひとつに行く予定でしたが、日頃の寝不足か天気予報のせいか、気分も乗らずに眠気が襲ってきて、あえなく中止・・・

結局、今日はお天気良いじゃん!

でも、どうやらこの付近だけの天気のようで、周りはどこも雨降り模様です。
明日こそは行きますよ~♪


今回、君はお留守番ね!



この渓に出逢ったのは10年近くも前のことです。
その頃は私の未熟なプレゼンテーションでも湧くようにイワナが現れてくれました。
フッキング率3割程度でも30尾ほどはランディングできました。

その後、釣友に教育されたり、度重なる災害で河床も上がり護岸も崩れ、イワナの命どころか人の命も奪うような洪水を経て、壊滅的な渓相になっていまいました。
それでも、年に一度は訪れて様子を伺っておりましたが、昨年は少ないながらも魚影を確認できましたので、またまたご用聞きに行って参ります。

アークに向いたところもありますが、大部分はマムシも棲息する藪沢ですので、今回は留守番していて貰いますね。l

para-miyuki874
DSC_0150-1_s.jpg


そんなわけで、今日は竹竿一本仕上げました。
来月には津軽海峡を渡って北の地へ赴きます。
ところが、これで終わっておりませんのです。
このTipはEx'tipなのです。
節ズラし時に、何の弾みか、節が隣り合わせに・・・時既に遅し!
もったいないのでそのまま仕上げましたが、これでお金を頂くわけには行きませんので、無償提供となります。

DSC_0147-1_s.jpg


メインのTipが完成するまであと2週間ほどかかります。
その頃には北の大地もハイシーズンに突入していることでしょう。
別窓 | FLY | コメント:10 | トラックバック:0 | top↑
wakuwaku♪
2007-05-15 07:33
今回の第一の目的は、もちろん・・・釣り♪
の、はずでしたが・・・気が付いたらスタッフ用の赤いチャンチャン、もとい、Tシャツを着ておりました。(笑)
DSC_0066-1_s.jpg


”木曽は山の中”の言葉通り、山の中の広大な公園で開催されました「わくわく自然学校」にアークを連れて行ってきました。
久しぶりに再会する釣友もいましたが、再会してもなかなか思い出させずにご無礼した方々、ゴメンナサイ!

DSC_0100-1_s.jpg


そして初めてお会いする方々!
根っからの人見知り人間ですので、なかなかこちらからはお声掛けできませんでしたが、アークが間に入ってくれまして、良い相棒ぶりを発揮してくれました。

そして気の知れた仲間との心地よい一時・・・

カルロスさん
DSC_0101-1_s.jpg


Lt_cahillさん
DSC_0103_s.jpg


西洋毛鉤さん&宇都宮県人さん&terryさん
DSC_0114_s.jpg


daikyuさん&要さん
DSC_0121_s.jpg


山釣旅人さんJr&アーク
DSC_0110_s.jpg


皆さん、有り難うございました。

もちろん、釣りの方も楽しませて貰いました。

こんなとこ
DSC_0080-1_s.jpg




こんなとこ
DSC_0134_s.jpg


2日目も
DSC_0139_s.jpg

C&R区間をやらずに、こんなところで遊んで・・

DSC_0068-1_s.jpg

こんな可愛い目をした渓魚達と戯れてきました。

今回のイベントの立て役者であるdaikyuさん、及び、料理に手伝いに奔走していただいたお仲間達に感謝♪多謝♪の2日間、私もアークも楽しく過ごさせていただきました。

DSC_0106-1_s.jpg


別窓 | FLY | コメント:20 | トラックバック:1 | top↑
木曽へ
2007-05-13 22:45
行って来ました~♪

一般参加でしたが、何故かスタッフに・・・!(笑)

アークもいるので釣りはそれほど出来ませんでしたが、生涯初のヤマトイワナと出会えました。

で、これは・・・


ちょっとニッコウの血が入ってますが、きれいな泣き尺君♪
DSC_0077-1_s.jpg


タナビラ君
DSC_0086-1_s.jpg



これはヤマトの血が濃い個体でしょう~♪DSC_0128-1_s.jpg


ってなわけで、しっかり釣りの方も楽しんできました~!


続く・・・
別窓 | FLY | コメント:16 | トラックバック:0 | top↑
レッツラゴ~!
2007-05-11 19:28




今から巻き巻き(一夜漬け!)して、アークと一緒に行ってきます。
なんだか沢山の仲間がエントリーしているようだけど、正確に何人集まるかわかりません。(・・ゞ

まぁ、釣り半分なイベントですので。しっかり楽しんできますね。

ドタ参されるかたがいましたら、お会いしましょう!

目印は

メタボな犬連れフライフィッシャー♪
別窓 | FLY | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
山の春
2007-05-02 20:24
副業のほうの会社(笑)もやっと今日からGWです。
年間休日90日ですので、本業オンリーの時のように毎日が釣り曜日!ってな訳にはいかなくなった今シーズン・・・
やはりですわ!!




GWの大半を本業の時間に割かないといけませんので(最盛期に釣りしたいからとも)、今回もまた近所の渓です。
アークの散歩がありますので、時間は10時~15時まで・・・
既にどこも先行者だらけでしたが、やっとイワナが水面を意識し始めたようです。
DSC_0038-1_s.jpg

久しぶりのこの渓のイワナは、まだ錆びが残ってます。
それでもオレンジ斑が綺麗です。

更に同サイズのイワナがお目見えして、その後は沈黙・・・
先行者が入ったようで、暫く無反応が続いたところで渓を上がると、調度先行者が休んでいるところでした。通りで~!

隣の渓も釣り人だらけ、こちらはヤマメの比率が高い渓ですが、反応はありますが、やたらとシビアです。
やっとこさ一匹と出会えたところで先行者発見!通りで~!×2!!
DSC_0045-2_s.jpg

時間となりましたので、本日は終了~!

でもまあ、今年の初イワナと出会えましたので良しとしましょう!
別窓 | FLY | コメント:31 | トラックバック:0 | top↑
| 谿に遊ぶ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。