l 谿に遊ぶ 2007年11月
我が愛妻、Para-Miyuki 843を持ち、溪に立つ。 溪魚の鼓動が妻の手から伝わり、水面が割れる。
<
スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
components
2007-11-29 20:14
ロッドの構成部品はブランクとその他の構成部品から成ります。
考えてみればそれほど多くの構成部品があるわけではありません。
グリップにリールシートと金具、ガイド、フェルール・・・
たったこれだけでロッドが完成します。
DSC_0726-1_s.jpg


各部品が揃ってしまえばロッドを組むことはさほど難しいことではありません。
あとは慣れと感性が美しいロッドを完成させるでしょう。

ロッドビルディングとはロッドを組むことですので、欧米ではプロダクションメーカーに勤めている組立工程をロッドビルディングとしているのではと思いますが、確認したわけではありませんのであしからず。
概ね、ブランクの制作や金具の制作からロッドを制作する場合は、ロッドメーカーと謳っていると思います。
DSC_0724-1_s.jpg


本日はフェルールの制作をいたしました。
これはロッドメーカーの仕事です。
そして、各構成部品が出揃った今からが。ロッドビルダーとなります。
スポンサーサイト
別窓 | Bamboo Rod | コメント:12 | トラックバック:0 | top↑
calendar
2007-11-27 20:04
先日のシャロムで待望のヘボヘボ会のカレンダーを受け取りました。
会長である写真家の知来要さんの監修によるもので、仲間達の今年一年の各々持ち寄ったお気に入りの画像を集約してあります。
デジイチが流行しておりますが、釣行時の写真が多いため、大半はコンデジの画像です。
これを見ると、写真は被写体とアングルで決まるということが良くわかります。^^

DSC_0719-1_s.jpg


そして、昨日、愛知のterryさんから届いたのは、こちらは正真正銘、要さん撮影の魚眼ポートレート集を、抜群のセンスでterryさんが編集した”裏ヘボ会”カレンダーです。

DSC_0699-2_s.jpg


このロゴのセンスは流石デザイナーです。
そして、そこに映し出されている魑魅魍魎の面々・・・笑
様々な職業の仲間達がFF(一部ルアー!爆)という魅力で繋がっています。
このままいくと、再来年のカレンダーは1年24ヶ月必要になるかもしれません。



DSC_0695-1_s.jpg

別窓 | FLY | コメント:18 | トラックバック:1 | top↑
ぶらり
2007-11-24 20:03
今日は、こちらでいうところの”静かな日和”です。
ちょっと寝坊をさせていただき、午後の暖かな陽射しを浴びて、デジイチ片手に近所の鑁阿寺(ばんな寺)に行ってみました。

Nikon D80 Makro Planar *T2/50
DSC_0561-1_s.jpg


境内には紅葉や銀杏が色ついており、七五三や成人のお祝いで晴れ着姿の鮮やかな色が溶け合っておりました。

DSC_0565-1_s.jpg


ケータイは離せないようで・・・
DSC_0608-1_s.jpg



DSC_0600-2_s.jpg


DSC_0589-1_s.jpg





DSC_0625-1_s.jpg


DSC_0577-2_s.jpg


DSC_0628-2_s.jpg


一時間あまりの短いお散歩でしたが、見慣れている風景でも、トリミングするとまた違った魅力を発見したりします。




今日は十五夜、そして、プレアデス星団(すばる)食です。
月の影にすばるが隠れています。
月明かりで肉眼では確認できませんが・・・
DSC_0653-1_s.jpg

別窓 | Photo | コメント:15 | トラックバック:0 | top↑
old and new
2007-11-23 20:13
流石に動く被写体は反応の早いAFが良い。
被写界深度も深めのほうがバランスがとれているかも・・・

D70s AF Nikkor ED VR24-120 f3.5-5.6
DSC_1873-1_s.jpg


マニュアルレンズでは折角のシャッターチャンスに間に合わず、浅いピンの山もちょっとした前ブレで外れてしまう・・・
しかし、ピンが合った部分のインパクトはマクロレンズに分があるようです。
見えますか?瞳の中の私。

D80 makro planar *T 2/50
DSC_0507-1_s.jpg

クリックすると拡大します

でも、ポートレートとしては1枚目の画像のほうが良いでしょうね。
別窓 | Photo | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑
review
2007-11-21 21:22
頼んでいたSDカードが届きました。
class6のSDHC4Gカードが3千円ちょっとで買えちゃうってのも驚きです。
今までのCFカードは半分の書き込み速度のUltraⅡ・・・
2年前は512MBでも8千円でした。

我が家の庭にはこれといった被写体があるわけでも無し、広角で撮れば
粗が見えますので、マクロで誤魔化します。

Nikon D80 makro planar*T50mmf2
DSC_0434-1_s.jpg


D70sに比べると、よりハイコントラスト&オーバー気味になるので、最初は白飛びのオンパレードでした。
カメラの癖が判ってくるに従い、適正露出とシャッタースピードが段々とつかめてきました。

DSC_0425-1_s.jpg


広くなったファインダーと大きくなったモニター、ピンの山が掴みやすくなります。
メカニカルシャッターの音も気持ちよく響きます。
ホールド性が良くなったことで手ブレを抑制できますので、高価な手ブレ補正レンズよりも、もっとも理に適った手ブレ防止になるでしょう。

DSC_0429-1_s.jpg


詳細な描写の違いまで判るほど目も腕も良くありませんので、使い勝手の違いくらいしか実感できませんが・・・
失敗が少なくなるための要素がより充実したような感じで好感が持てました。
別窓 | Photo | コメント:14 | トラックバック:0 | top↑
うちのポチ
2007-11-20 20:38
うちにはポチがいます。

特にこの時期、ワンワンと騒ぎます。
先日もワンワンと五月蠅かったこと!!

どうやらコイツは10月に目覚めて、11月が発情期・・・
解禁前にやっと大人しくなるみたいです。

みんながオフだ管理だと楽しんでいる休日、せっせとロッド作りに励んで一段落一息入れた夜、またまたポチが騒ぎ出しました。

”ここ押せワンワン♪ここ押せワンワン♪”

『ポチッ!!』

あちゃ!またやっちまっただ!!

DSC_1859_s.jpg


先日『ポチッ』としたばかりなのに・・・
車検間近だっちゅぅのに・・・
あーあ・・・

Nikon D80
DSC_1848-1_s.jpg


現在使っているD70sの後継機です。
最近はスイッチを切ってもいつの間にかONになっていて、9月の岩手釣行では見事にバッテリー切れ!
電子+機械シャッターも時々ミラーがアップしたままになったり!
そんなときに中古激安に、思わず”ワンッ!”もとい”ポチッ!”笑

新旧並べてみました
PB200005-1_s.jpg


D300あたりををメインに、D70sはサブにというのが理想なんですが、さすがに車検は通さないと・・^^;

でも、ファインダー倍率がアップして見易くなり、画素も約2倍。
ISOは100から(D70sは200)ですのでよりきめの細かい画像が期待できます。

ただ、メディアがCFではなくSDに変更になったため、メディアの使い回しが出来ません。
それに・・・まだ、買ってない!爆!

なので撮影は、まだ、お・あ・ず・け!!^^;;
別窓 | Photo | コメント:18 | トラックバック:0 | top↑
Thread
2007-11-17 23:49
ブランクの下地塗装の乾燥を十分にしたら、これからがビルディングの工程になります。

塗装を均一に均すため研ぎを行い、エッジも刃物のように鋭角に研ぎます。
エッジを落として塗装するビルダーもおりますが、好みの問題です。

時間がないので今日はバット側のガイドのみ取り付けます。
DSC_1843-1_s.jpg

使用するのはゴッサマーのシルクスレッド、色は”アンティークゴールド”を乗せます。一番多用するスレッドです。

糸目が暴れないように均しながらガイドフットを巻きとめます。
巻き終えたら、ヘラで扱いて均します。
DSC_1831-1_s.jpg

ストリッピングガイドは古典的なミルドラム、スネークはパシフィックベイのチタニウムカーバイトです。

明日はティップを仕上げ、飾り巻きを施してからラッピング塗装に入ります。
ガイドが取り付くと、ニンフから羽化した蜻蛉のように、一気にロッドに姿を変えます。
別窓 | Bamboo Rod | コメント:11 | トラックバック:0 | top↑
乙女椿
2007-11-15 19:51
冬の使者、乙女椿が咲きました。
来年の3月まで咲いています。

椿をマクロの開放で撮りますと深度が浅すぎますので、中段まで絞って撮りました。
DSC_1804-1_s.jpg


マクロプラナーで開放よりも1段絞ってF2.8で撮影した画像は、ピンの合っている部分の鋭さが開放よりも冴え渡ります。
DSC_1820-1_s.jpg


開放のボケ味もすばらしいものです。
ただし、1:2ですので昆虫を撮影するには等倍の望遠マクロのほうが
良いでしょうね。
DSC_1825-1_s.jpg


冬の使者が開花した今日は北では平地でも雪が舞ったそうです。
それでも例年よりも、だいぶ季節が遅くなっています。
今朝の気温は7℃ほどでしたが、明日は冷え込むそうです。
そろそろ河川敷の芝にも、真っ白な霜が降りるでしょう。
別窓 | Photo | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑
11月のヤマメ
2007-11-12 20:23
heroherohebohebojin in shalom

collage_s.jpg


漁協の管轄外の自然渓流、放流をせず、自然再生によって増えているヤマメとイワナ、下流には家族連れでも楽しめるようにとニジマスが放たれているが、あくまでも自然渓流主体の管理釣り場が我が家から50kmほどの距離に数年前オープンしました。

シャロムの森
DSC_1764-1_s.jpg


なかなか行く機会がありませんでした。
シーズン中は北へ西へと忙しく、オフの週末は貸し切りが多くて予約が入らないこともありますが、灯台もと暗しなわけでした。

で今回、ヘボ会のミーティングがこの地でありましたので、迷わず参加いたした次第です。

週末の天気は怪しげです。
とりあえず、げん担ぎでタイらげます。笑!
DSC_1709_s.jpg


土曜の晩は酔っぱらいオヤジ達がハメをはずしてドンチャン騒ぎ♪
下戸なワタシも揮発アルコールで何だかエェ~気分?^^
屋根裏の寝床に入ると深い眠りに落ちました。
何だか布団を跳ね除け、腹丸出しで眠ってた・・・らしい!

翌朝、のっけからザザ降りの雨となり出足が鈍りましたが、9時頃には雨も上がり、雲の合間から青空が覗きだしました。
早速、二人一組で区間分けをして釣り場に向かいます。
ワタシのお供はシェフshikada氏です。
DSC_1787-1_s.jpg


紅葉の中、雲の合間から陽射しが差し込むと、見事な色彩の風景が広がります。
その中で流れるラインが光に輝きます。
DSC_1776-1_s.jpg


そんな中でロッドを振ることが出来るとは思っていませんでしたが、それが出来るのも個人所有の渓だからこそでしょう。
そして、産卵後のヤマメは体力を回復するためか、流れの脇、イワナがいそうな場所に着いていました。
DSC_1782-1_s.jpg


サイズは25cm止まりでしたが、ライズあり、サイトありで楽しい釣り上がりができます。
DSC_1789-1_s.jpg


shikadaシェフには鮮やかな色合いの尺ヤマメが飛び出しました。
婚姻色の艶やかな雄ヤマメでした。
ロッドを握るワタシの手にも力が入ります。
そして、定位するビッグサイズが目に停まりましたので、下流から静かに回り込み、フライを流れに乗せると・・・あら・・チビ助が出ちゃいました。笑!
それでも8寸ほどのサイズですが・・・
DSC_1794-1_s.jpg


結局、流れが二俣になる手前の堰堤まで釣り上がり、9匹の釣果に終わりました。
この時期にドライで楽しめるだけでも満足です。

陽の短いこの時期は暗くなるのも早く、これをもってロッドをたたむことにして山猫軒に戻ります。
辺りが暗くなる頃に、三々五々に散っていた仲間達が戻ってきました。
区間によっては厳しかったようですが、晩秋のフライフィッシングを存分に楽しめた様子でした。

DSC_1726-1_s.jpg

別窓 | FLY | コメント:33 | トラックバック:0 | top↑
晴れたね♪
2007-11-07 21:09
このところの曇天で写真もドテン・・・!^^;
朝、アークの散歩の時間はまだどんよりと曇っておりました。

DSC_1655_s.jpg


陽が昇ってくると雲の切れ間から青空が覗きます。

DSC_1679_s.jpg


今日は気持ちの良い天気になりそうだ。

DSC_1686-1_s.jpg


やっと秋晴れになった昼休み、時間もないのでアークで我慢です。

DSC_1701-1_s.jpg


マクロ側のボケ味も良いですが、絞ってのシャープさもなかなかのものです。
等倍ではなく、1:2なのは残念ですが、等倍にして犠牲になるものがあるならば、むしろ、この方が良かったかもしれません。

DSC_1703-1_s.jpg


画像処理とかでシャープネスとかしていません。
ちょっとだけトリミングしてあるだけです。

この鋭さで渓魚や谿を撮影したらどんなになるだろう・・・
いまから週末のシャロムが楽しみです。

あっ、釣れたらの話ですが・・・^^

Date:NIKON D70s makro planar T*2/50mm
別窓 | アーク | コメント:18 | トラックバック:0 | top↑
fall into a...
2007-11-06 20:24
オフシーズンの楽しみのひとつがカメラ・・・
最近はデジイチ仲間も激増しましたが、ここ暫くは私の物欲も冷めておりました。

事の始まりはサブ機が欲しいかも・・・
と、ちょっと考えたら、思いが膨らんで、あっというまに今持っている機種の上級機種に・・・笑!

でも、N社の戦略か、多分、この機種は繋ぎで、その内お尻に”S”とか”X”とかついたのがすぐに出るだろうから、こりゃ『待ち』だな!と、一旦は熱した頭を冷やしました。

あろうことか、その熱は別の所に飛び火・・・
そして、グッドタイミング(バッドタイミング?)に、思わず、”ピコッ!”・・・

PB060016-1_s.jpg


標準マクロではこれ、望遠マクロではアポランターの125mmが欲しかったんです。ずっと!
単焦点マニュアルレンズの沼は思ったよりも深かったんです。ドボン!爆!

間が悪く、昨日今日と曇天ですので被写体はお庭の花ですが・・・
DSC_1616_s.jpg


9枚羽根の円形絞りが生み出す絶妙のボケ味と、開放から絞ってまで、ピンのあったところはあくまでもシャープです。
開放での被写界深度は薄皮一枚ほどの薄さですが、フォーカスリングの感触が絶妙な粘りで支えてくれます。
DSC_1635_s.jpg


銅鏡の奥深くに前玉がある、金属製のボディーの重さは500gを越えますので、本体と合わせれば1kgを越えます。
手軽に持ち歩ける重さではないので、釣行にはきついでしょうね。

DSC_1646_s.jpg


ひと月早い、自分へのクリスマスプレゼントです。
さて、誕生日プレゼントは何時になるか、何にしようかなぁ・・!笑!
PB060005-1_s.jpg

別窓 | Photo | コメント:15 | トラックバック:0 | top↑
get back
2007-11-05 21:15
昨日一日を費やして接着まで終わらせました。
火入れ後の養生が必要ですので、もう一本のバットセクションを使用して、今回作り直したバットは火入れ後の養生に回しました。

DSC_1593-1_s.jpg


これでフェルールを装着すれば見た目現状回復ですが、接着剤の完全硬化を待ってから塗装に入りますので、やはり、実質一週間の遅れになります。

DSC_1566-1_s.jpg


塗装にはいると、どんなに頑張っても時間短縮は出来ません。
乾燥の時間は短縮できないからです。
納期は大切ですが、今回はちょっと遅れるかもしれません。

あっ、この週末のオフ会は調度乾燥時間中ですので、工程への影響はありません!笑!
別窓 | Bamboo Rod | コメント:12 | トラックバック:0 | top↑
酷夏に厳冬を羨む
2007-11-04 13:30
先日のエントリーで、ケツカッチンだと慎重になり・・云々とのたまわった私でしたが・・・

前回のエントリーの”Blank”ですが・・・
これは私の頭の中のようです。

そう、画像をご覧あそばせ!

DSC_1514-1_s.jpg


『失敗は成功の糧』と自分を励ましてはおりますが、同じ失敗を繰り返すことほど愚かなことはありません。
接着前の確認を怠ったことが原因ですが、あれほど慎重にしていたつもりでも、抜けたところに落とし穴があるもんです。

さほど強度が弱くなるわけでもないし、アクションが変わるわけでもありませんが、これはお客様には出せません。
罰として、今日一日は労働奉仕となりました。(苦笑!
別窓 | Bamboo Rod | コメント:14 | トラックバック:0 | top↑
Blank
2007-11-01 23:23
一昨日に接着を終え、昨日はバインディングを解いて曲がりを治し、表面のグルーを取り除きました。
例によって、接着工程は一番緊張する工程であり、手も接着剤まみれの状態ですから、当然画像はありません。笑

そして、今日はフェルールの制作をして準備が整いました。




これでフェルールを取り付けて摺り合わせを行えばブランクの完成です。

この『ブランク』という言葉・・・直訳すれば”空白”という意味ですが、この場合”未完成”を意味しています。
そう、ここで初めて素材からロッドの形になるわけです。
別窓 | Bamboo Rod | コメント:14 | トラックバック:0 | top↑
| 谿に遊ぶ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。