l 谿に遊ぶ 2008年02月
我が愛妻、Para-Miyuki 843を持ち、溪に立つ。 溪魚の鼓動が妻の手から伝わり、水面が割れる。
<
スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
猫とバラと馬
2008-02-28 00:51
我が家のデジイチのメインがD80になり、D70sの出番は少なくなりました。
細かな不具合もあり、星用にはD70sはノイズが大きいということで、思い切って処分・・・
で、同じ価格で我が家に来たのがD50です。
ニコンの中ではD50、D40が天体用に向いているらしく、更に、そのまま改造へ・・・
本日、無事、出所して参りました。

純正のローパスフィルターを取り払い、替わりに天体用のフィルターを取り付ける改造ですので、もう、
一般用には使えません。完全に星用になりました。
どうなるかというと・・・

DSC_0758-1_h_h.jpg


はい、こうなります!笑!

取りあえず、鏡筒を持ち出すと大げさになりますので、手持ちの望遠レンズでお気軽試写に行って来
ました。

明るいレンズで光害の影響もあり、EDレンズですが、かなりハロっちゃってます・・・!爆!

バラ星雲
rose_finish_h.jpg


前回、ノーマルで撮ったものと比べると見違えるようにはっきりと写りましたのが↓コレ!

馬頭星雲付近
house_finish2-1_h.jpg


画質はさておいて、とりあえず試写できました。
もちろん、画像コンポジット、ダーク補正、フォトショで弄りましたが、やはり、鏡筒で直焦点で撮影した
ものに比べれば、雲泥の差になりますね。
スポンサーサイト
別窓 | Astronomic | コメント:13 | トラックバック:0 | top↑
It's a covered with snow
2008-02-18 19:49
ヘボ会の仲間と奥日光に雪遊びに興じてきました。




この日はお泊まりで仲間達が集まりますが、私の場合はアークが一緒ですので日帰り参加
になります。
いろはを登るに従って、気温はどんどん下がっていきます。
中善寺湖畔では-6℃でしたが、待ち合わせの湯滝駐車場では-9℃になっておりました。
それでも、燦々と太陽の光を浴びれば寒さを感じません。

以前はハスキー犬のノエルを連れて、カミさんとソリ遊びに通っておりましたが、アークにとっ
ては初めての新雪です。
私も10年振りになります。

DSC_1637-1_h.jpg


昔と同じようにスニーカー履きで気軽に遊ぶつもりでおりましたが、なぜかスペアのスノーシュ
ーがあったりして、いつのまにか本格的なスノートレッキングに・・・^^;

DSC_1662-1_h.jpg


馴れない足取りで新雪を進めば、すぐに息が荒くなり、ダウンの下は汗びっしょりです。

アークは初めての雪遊びに興奮気味!
とても愉しそうにはしゃぎ回ります。
それだけで来た甲斐があります。

今回はshojiさんとshikada夫妻にお付き合いいただき、いつもの戦場ヶ原に入れない私とアー
クのために、光徳牧場側の林間コースに来ていただきました。

DSC_1673-1_h.jpg


短い時間でしたが、私の体力的には充分に楽しめました。
が、アークはまだまだ元気です。笑!
足指の間に出来る雪玉が相当気になっていたようですが・・・^^

DSC_1680-1_h.jpg


帰りは温泉でくつろぎ、定番のトンカツにて締めます。

P2160017-1_h.jpg


出来ればお泊まりもしたかったですが、次回来るときも、多分、アークを連れてきたいでしょうね。
別窓 | アーク | コメント:25 | トラックバック:0 | top↑
1'st stage
2008-02-16 21:32
オートガイドの導入に向けて準備は整いましたが、肝心のお天気が良くありません。
今日も夕刻頃までは雲に覆われてましたが、9時頃になると北の方から雲が切れてきま
したので、オートガイドのテストを敢行いたしました。

P2160007-1_h.jpg


極軸を合わせ、アライメントを取ります。
リゲルとプロキオンの2点アライメントで、M51(子持ち銀河)を導入し、北斗七星のアルカ
イドをガイド星に設定して、PCを立ち上げます。

が・・・

このPCの悪い癖が出ました。
画面が真っ黒け!
通常は大丈夫なことが多いんですが、希に画面が真っ黒のままになります。
起動途中で復興することもあれば、数度の再起動を要することもあり、この日は一番悪いパターンとなりました。

5回ほど再起動をかけて、やっと液晶が点灯し、一安心!
早速、オートガイドのテスト開始です。

DSC_1627_h.jpg

※黒い斑点はCCDに付いたホコリです。

れれっ?
ガイドした星が逃げていっちゃいます。
補正の方向が逆になっているようですので、東西を反転する設定にして、やっと安定いたしました。

DSC_1628-1_h.jpg


撮影途中で車が来たため、90秒でシャッターを降ろします。
なんとか点象になっているようです。

でも、少なくとも5分以上の露出が欲しいところです。

次に5分の露出をかけます。

DSC_1631-1_h.jpg


流れちゃいました~!(涙)
ガイド精度の設定は試行錯誤が必要です。
最初から上手く行くとは思っておりませんでしたが、やはりガッカリです。
色々なブログを拝見すると、やはり数度のテストを経てモノにして行っているようです。
それにしてもホコリが酷いです。

PCの件で焦っていたのか、水平出しを忘れていたのも一因かも知れません。

でも、まずは、実際の星をガイドして補正出来るところまではいきました。

それ以前に・・・・
M51の自動導入が出来ておりませんでした。
画像の下方のフレーム外に外れておりました。(汗;;
別窓 | Astronomic | コメント:10 | トラックバック:0 | top↑
増殖中
2008-02-12 22:38
巷では解禁のエントリーで賑わいだした今日この頃・・・
でも、まだまだ寒いし、近所の解禁はまだ半月先です。
それに、解禁したとしても、毎年、本格的に始動するのは桜の花が咲く頃・・・
そして、その頃になると星空は俄に霞んでまいります。

予想通りというか、成り行きというか・・・
スターウォッチングの設備は着々と完成に近づいております。
寒い夜中に、腰を曲げて、無理な体勢でじっとしながらひたすらガイド鏡を覗き込んで補正
する作業を10分・・・そんなの出来るわけがありません。
出来ることなら機械任せで・・・^^v

DSC_1622-1_h.jpg


そう、星の位置や星雲の位置を星図を見て手動で導入する?
ただでさえ眼視では見え難い星雲がそう簡単に導入できるわけがありません。

で・・・
DSC_1619-1_h.jpg


もちろん、一発で導入出来るようになっても、手動補正はしなくてはいけません。
3分ほどの追尾でしたら大丈夫ですが、暗い星雲を撮るとなれば、5分以上の露出が必要
ですし、数枚の画像を撮って、コンポジット(重ね合わせ)して画像処理するためには、手動
補正ではとても体が耐えられませんよね。

はいっ!笑
DSC_1599-1_h.jpg


人間の代わりに星の動きを監視して、追尾がズレたときに、補正をしてくれるフリーソフトが
多々あります。
ウェブカメラも安くなりましたし、ソフトは無料だし、数年前のようにオートガイドに数十万円も
かけることもなくなりました。

DSC_1615-1_h.jpg


家の中でのシュミレーションですが、なんとか動作しているようです。
ただし、本番では判りませんが・・・

これで一段落・・・?
いえいえ、まだ終わったわけではありません。^^
最終的にシステムが揃うのは月末頃になりそうです。

れれっ?
そうこうしているうちに、地元も解禁しちゃいますわ。爆!

ハイシーズンの東北遠征では、昼夜楽しめます。
この分ですと、今年の釣りは一層、体力温存型になりそうです。^^;
別窓 | Astronomic | コメント:23 | トラックバック:0 | top↑
anniversary of death
2008-02-04 19:58
昨日、久々に雪が積もりました。
一面のモノクロームの世界でした。

DSC_1594-1_h.jpg


そう、あれから7年が経ったんですね。昨日のことのように覚えています。
ノエルと楽しくやってますか?
約束通り、3年間、私を慰めてくれましたよ。
お陰で私も元気になりました。

あなたが逝った時刻に、あなたの星が東の空に登ります。
オレンジ色の光を放って綺麗です。

あなたも既に知っての通り、このところ星空を眺めております。
春になれば谿に遊んでおります。

あなたの星は5万年後には私の傍らに来るそうですね。
ちょっと長いような気もしますが、星の一生に比べれば一瞬なんでしょう。待ってますよ。

今年も何事もなく平穏でありますように、空の向こう側から見守って下さいね。
星の一生から比べれば、あなたと再会する日はすぐそこですから、もうちょっと待てて下さいね。
別窓 | ダイアリー | コメント:23 | トラックバック:0 | top↑
| 谿に遊ぶ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。