l 谿に遊ぶ 2008年06月
我が愛妻、Para-Miyuki 843を持ち、溪に立つ。 溪魚の鼓動が妻の手から伝わり、水面が割れる。
<
スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
渇水の渓から激流の渓へ
2008-06-30 20:42
土曜日・・・

この日は当初、自宅でのんびりと過ごす予定でした。
日曜日に上野村で釣友達と遊ぶ予定だったからです。

しかし、天気予報は無残な雨マーク・・・それも、相当量降るらしい。
当然、中止の連絡が入るだろう、と、予想してました。メンバーの入れ込み具合なんぞ、知る由も無く!笑!

間が悪いことに、土曜日は梅雨の中休みの絶好の釣り日和・・・
そこに、古くからの釣友が越後に行くというのを耳に・・・速攻で連絡したわけです。もちろん、保険に!爆!

s-P6280001.jpg


前日までの雨が程よい水量を・・・と、期待していたんですが、当然のように期待を裏切ってくれました。--#

内輪だけでも相当叩いた渓ですので、イワナ達の警戒心は少ない水量と相まって、最高潮に達してます。

s-P6280012.jpg


s-P6280005.jpg


いつもの区間は激渋のまま、釣友達は別の渓へ緊急避難とのこと・・・

ワタシは今年まだトレースしていない区間がやりたいので居残りします。

が、やはり甘くなかった。
8寸までは出たけれど、相変わらずの渋さでした。
更に上流区間へ・・・
取水される上流ですので、こちらは水量豊かで、しょっぱなに良いサイズをバラシ!更にその上でも
良型バラシ!
最後のポイントでやっとこさ9寸に出会えました。

s-P6280024.jpg


これで、ほぼ満足できましたので、渓を上がり、別の渓でイブニングまで時間を潰します。
広場のベンチでくつろぐ初老の面々5名ほどいましたが、すべて餌師・・・
散々釣られた後ですので、ストイックなポイントで釣れた7寸一匹でギブアップ!^^;

イブニングポイントで仲間と合流、4人で入るにはちょっと手狭なポイントでイブニングです。
元来、イブニングは苦手な私は明るいうちにイワナ一匹でおしまい♪
他の3人の釣りを眺めておりましたが、私の目では限界を超えた暗さの中、次々とヒットさせてい
おりました。

0riginal photo by kitada
s-P6280070.jpg





日曜日

結局、中止の連絡がないまま、日曜の朝を迎えました。
念のため、daikyuさんに電話してみますが、「これから出るよ~♪」と弾んだ声・・・!
外は雨・・・
あのモチベーションの1割でも分けて欲しい!笑!

komさん
s-P6290034.jpg


下仁田の河川は泥濁りの濁流と化しておりまして、一抹の不安を覚えながらも到着した初めての渓
は増水して暴力的な流れとなっておりましたので、一番楽な区間をリクエスト・・・
釣友3人で入りました。

入渓後すぐにくろやんにイワナが出まして、ちょっと期待・・・♪
増水の中、ポイントを緩流帯に絞りますが、出ても乗らない・・・汗;;
で、すぐに通らずが待ち構えます。平水ならば、川通しの遡行も出来る、楽な区間も、入渓&脱渓を
頻繁に余儀なくされる状況で、降りしきる雨の中、体力とモチベーション低下で午前中は完敗!^^;
今にして思えば、渓の画像も雨の様子も撮っていない・・・
完全に凹んでたようです・・・!^^;

が・・・、捨てる神あれば、拾う神あり♪

午後になると、局地的なのか雨が上がり、薄日が差すような明るさになりました。
今度は最上流の区間に、くろやんと入ります。
大きな流れ出しと岩盤沿いのプールのポイントですが、半ば諦め気味に、ヤマメの好きそうなライン
を流してると・・・「シュポ!」とフライが消えました。

s-P6290036.jpg


泣尺でしたが、これで「ボ」脱出♪
少し下流の、同じく岩盤沿いにフライを流すと・・・「ジュボ!」
最初、フッキングした後はこちらに走ってきましたので、それほどの重量感がなく、小さいと思ってたら、反転後、一気にロッドを絞り込みました。
この日最大の尺上は、この渓独特な艶かしいヤマメでした。

s-P6290055.jpg


くろやんも同じく、岩盤スレスレでヤマメを釣り上げます。
どうやら岩盤の水面下にはエゴが走っており、絶好の待機場になっているようです。

ほどなく3匹目は、これも尺・・・
やはり普通の渓では考えられません。

s-P6290058.jpg


岩盤の際の際からは9寸イワナも飛び出しました。

s-P6290068.jpg


時間も終わりに差し掛かり、管理棟の前の流れで終わりにします。

ここでも、最初、良型をバラしましたが、脱渓寸前で、強烈な引き込みでロッドを曲げてくれた尺ヤマメ
が最後を飾ってくれました。

s-P6290077.jpg


魚はどれも豊満で幅広、しかも、放流された個体は実に美しく、先住のヤマメに引けをとらない体躯を
しています。
今度は平水の大人しい流れの中、木漏れ日を浴びて釣り上がりたいなぁ!^^v
スポンサーサイト
別窓 | FLY | コメント:26 | トラックバック:0 | top↑
ザックリパックリ
2008-06-27 20:17
先週の釣行では大丈夫でした。
少なくとも、腰までウェーディングしなかったにしても、あの雨で気がつかないわけがありません。

ザックリ
s-P6270002.jpg


そうなると、車の中に保管中しかありません。
まさか、私のアソ○の重さに耐えられなかったなんてことも・・・ありえません!^^;

私のウェーダーの中で最長記録保持者のこのパズのゴア。
2年前にソックス交換して今年で4年目に突入しました。
ほとんどのナイロンウェーダーはソックスの浸み込みでワンシーズンで着用しなくなりましたが、安価
なものなのでわざわざソックス交換しなかったのがその理由です。

ゴアウェーダーの場合は元値が高い(もっとも、これは諭吉以下でしたが・・・)ので、ソックスを交換して、先週の釣りでも浸み込みはありませんでした。

パックリ
s-P6270003.jpg


このウェーダーの前はモン○ルのゴアでしたが、初日にカギ穴あけました・・・!--#

場所が場所ですので、ちょっとキモイです。
でも、折角ですから、もうちょっと頑張ってもらいます。
その後、後継者のシム○のゴアウェーダーが控えておりますが、まだまだ出番は与えません!笑!

今週末は、日曜にヘボ会の仲間達と遊びますが、何だか天気が怪しくなってきました・・・
明日はもちそうなので、古くからの釣友に飛び入り参加してきます。

これからは(これまでもでしたが・・・^^)怒涛のロードが始まります。

来週の北東北→北陸→北東北→会津→未定

ガソリン値段の動向が気になります・・・!
別窓 | FLY | コメント:16 | トラックバック:0 | top↑
オトンとオカンと、時々イワナ
2008-06-23 20:05
この週末は北陸の渓でのお泊り釣行の予定でした。
北東北や会津では雨が降らずに渇水しているせいか、梅雨だということをすっかり意識せずにいた
ら、やはり、梅雨でした・・・!
前日に中止が決まり、夏用に新調したウイリアムジョセフのチェストパックも、出番がなくなりました。

土曜日、久しぶりに家の中での週末です。
天気予報は近隣の渓は当然雨でしたが、更新された天気予報では見事に好転?好天?
ジリジリとした一日になってしまいました。

そして日曜はというと、午後から崩れる予報でしたが、ここでもまた好転するかもしれないし、ジリジリ
と一日を過ごすよりも、現場直行したほうが精神衛生上良いと判断のもと、一路、越後へ・・・
北陸釣行で御一緒するはずだった、shikada夫妻も行く予定とのことで便乗したわけです。

s-P6220003.jpg


水量は渇水に近く、有望なポイントでは警戒心を増したイワナに翻弄されます。
そんな中、shikadaオトンが良型イワナを釣りあげますが、私には画像に残すようなサイズが来ません。
オカンもバラシ連発ですが、今日はロッドを振るだけでも、何故か、気持ちいい♪

オカンがフライを引っ掛けると、オトンがすかさず絡んだフライを取り外す・・・
息の合った?連係プレーです!笑!
そして、ご褒美にイワナがオトンに・・・!爆!

私にもやっと撮影できるサイズの美白イワナが出てくれました。
s-P6220014.jpg


ブルーのシャドーが妖艶なイワナです。

s-P6220011.jpg


ゆっくりと釣り上がり、中間地点を過ぎる頃になると、空から大粒の雨が落ち始めました。
心なしか水温も下がったようで、活性が下がります。
ポイント毎にイワナの姿は確認できるのですが、口を使ってくれません。スイッチオフのようです。

渓を上がり、一層激しくなった雨の中、ロッドをたたみます。
ことしのこの渓は、どうもタイミングが合いません。
でも、間違いなく、この雨で魚は動くでしょう。
次回はリベンジ・・・と、いきたいところですが、またまたしばらく行けそうもありません。
体が二つ、時間が倍欲しいところです。

s-P6220017.jpg


別窓 | FLY | コメント:27 | トラックバック:0 | top↑
2008 6月 岩手へ・・・
2008-06-16 23:30
梅雨未だ入らぬ東北の地、震災に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。

s-_DSC2027.jpg


ロッドの納品を兼ねて、今シーズンも東北遠征の季節が巡ってまいりました。

北部より南下する今回のスタートは岩手山麓の里川で豊満ヤマメに出会う・・・筈でした。

s-_DSC2043.jpg


午後になり、山間部の渓に向かう途中、不釣合いなほど立派な道路を行くと、起伏の頂点から広がる
牧歌的な風景に、しばし、車を停めて見入ってしまいます。

s-_DSC2044.jpg


風が吹き抜ける丘の上の樹は、風になびく静止画像のような姿で足っておりました。

s-_DSC2045.jpg


気持ちよい釣りを楽しみ、イブニングではプライムタイムを目前に落ちてきた俄雨にライズの主は底
深く沈んでしまいました。

一路、南下するため、高速道路をひた走ります。
目的の遠野の町が近づくと、ライトアップされたアーチ橋が目の前に・・・
宮守の道の駅にハンドルを切ってしまいました。

s-_DSC2053.jpg


遠野風の丘道の駅で、待ち合わせをしていたオーナー氏にロッドを引き渡し、横になると、直ぐに深い
眠りについてしまい、目が覚めれば見慣れた風景が1年間の空白を埋めてくれました。

s-_DSC2056.jpg


そして、朝、晴れ渡った谿でロッドを振り、反応の無いまま、釣り下りの釣り人の姿がその原因と判り
退渓し、なだらかなカーブが続く渓沿いの道路を進んでいたとき、8時40分を回った頃にそれが起こり
ました。

空気が震え、地鳴りとともに道路沿いのガードレールが激しく震え始まりました。
最初は大きな重機が近づいて来ているかと思いましたが、すぐに地震であると気がつきました。
ガードレールは激しく震え、振幅が大きくなって、地面が小刻みに揺れ始めました。

その時はそれほどの震災であるとは気がつかず、揺れも大した揺れではなかったので、そのまま釣
りを続行しました。

遡行をしていくと、街の消防団の方々が見回りをしており、初めて大きな地震であったと聞かされまし
た。

渓魚達は地震を予知していたのか、それまでの無反応が嘘のように、一気に活性が上がり、俄雨が
降ってくるまでの2時間ほどで30尾近くの釣果に恵まれました。

s-P6130032.jpg


ヤマメもイワナも地震に怯えていたのか、開放されたかのように荒食いを始めたようです。
フックアウトしても再びフライを咥えるイワナ、あまりにもセオリー通りの場所で出るヤマメ・・・

s-P6140052.jpg


s-P6140060.jpg


s-P6140063.jpg


しかし、パラダイスは得てして短いもの・・・
冷たい雨が通り過ぎるまで仮眠をして。目が覚めた時の渓は、別な渓になっておりました。
増水をして水温が低下した水面からは、あれほど初心に飛び出していた渓魚達の姿は消え、一歩
進む毎に逃げ惑う黒い影が・・・ここでロッドを仕舞います。

めまぐるしく変わる天候に、魚も釣り師も翻弄されました。

s-_DSC2062.jpg


今宵お世話になる紫家に向かう途中に寄った入浴施設のテレビで流れていたのは、想像以上に
大きな被害をもたらした、岩手宮城内陸地震のニュースでした。

亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。

また、のほほんと釣りを楽しんでいた私の安否を心配してくださり、メールや電話を頂いた釣友のみな
さまには、この場をお借りして御礼申し上げます。




一夜の宿をお借りする紫家に到着した頃にはすっかり夜も更けておりました。
それでも日付が変わる頃まで釣り談義に花を咲かせて、有り難い布団の寝床へ・・・
もちろん、直ぐに深い眠りにつきました。

s-_DSC2068.jpg


習慣なのか、歳なのか、いつもと同じ5時半には目が覚めました。
紫家の台所に響く包丁の音を聞きながら、暫しまどろんでいると、明るい陽光が眠気を飛ばしてくれま
す。
家の前を流れる気仙川の川面には数羽のツバメが飛び交っていました。

紫一家の方々
s-_DSC2094.jpg


朝食を済ませ、最終日の渓は慣れ親しんだ渓で遊びます。

s-_DSC2098.jpg


しかし、この日、どこの支流も期待した釣果には恵まれませんでした。
稚魚放流があったのか、木っ端ヤマメの猛攻です。
そんな中、唯一、紫親父さんが案内してくれたとっておきの尺ポイントで、またまたやらかしてしまいま
した。
私自身は魚の姿がハッキリ見えませんでしたが、どうやら、相当大きいヤツだったらしいです。
吸い込まれたフライは、無常にも魚の口の中をすり抜けて、ひったくるような合わせとともに宙へ舞っ
てしまい、その衝撃に驚いた魚がもんどりうったのを見ました。
はっきりと姿が見えなかったこと、フッキングしなかったことで、それほどショックは大きくはありませ
んでした。

s-P6150073.jpg


この日はすべてが空回り・・・
こんな日があっても、それはそれでまた楽しい。
毎日が順調なんてつまらないものです。
紆余曲折のある釣りに、喜びもひとしおな瞬間が必ず訪れる。

だからあの渓にまた行きたくなる。
次は私にも幾ばくかの恵みを与えてくれるかもしれないと・・・

s-P6140042.jpg




別窓 | FLY | コメント:32 | トラックバック:0 | top↑
完食♪
2008-06-14 19:52
20080614195252s
遠野は地震の影響はありませんでした。

釣果の方は地震の影響?(爆)か、尺連発!…

な訳あ~りません!

あ~!尺!!

出ろ!!

ニャロメ!(笑!
別窓 | モブログ | コメント:14 | トラックバック:0 | top↑
Boil
2008-06-08 10:01
梅雨寒の合間に初夏の陽気が顔を見せますが、その時、渓は一層の輝きを見せます。
水生昆虫の羽化が堰を切り、渓魚は断食から開放されます。

”沸くお湯の泡の如く”と形容した渓は岩手の里川ですが、堰堤のスラロームを遡上する尺イワナが私の股の間を通っていった”股くぐりの渓”はこの地の渓・・・
今回はこの渓はお預け、ちょっと新規に行ってみたい渓がありましたのでパスしました。

が・・・

一応、先行者が入っていないか確認しながら行きますと、誰もいない・・!^^

”股くぐりの渓”ではありませんが、もう1本、今期はまだトレースしていない区間に寄り道しました。

s-P6070002.jpg


前に進めません・・・!

s-P6070009.jpg


イワナもヤマメもやる気満々!
予定した区間の半分で4時間を費やしてしまって、途中で退渓して強制移動(もったいない!)です!^^;

s-_DSC2011.jpg


大き目の支流なんですが、かなりの渇水です。
地元の渡良瀬川は増水した水位が引かず、解禁したばかりだというのに鮎師の姿が見られない
状況ですのに、こちらではまとまった雨が降っていないようです。

10メートルほどの堰堤に細かく刻まれた渓ですので、私的には好きではありません。
ほんの100メートルほど釣ってお終いにしました。
でも、水深があれば満遍なく魚は着いているようです。

s-_DSC2012.jpg


同じ水系なのに、イワナの紋様はまったく違います。
こちらのはオレンジ班が無い、まるで岩手のイワナのようです。

s-_DSC2016.jpg


堰堤は高巻きし辛い傾斜の山肌ですので、無理をせず川を下ります。
はやり、私には高度さの無い、川通しで一日遊べる渓が性に合っています。

s-_DSC2017.jpg


その後、前回、低水温ですぐに見切りをつけた護岸の渓に向かいます。
いつもの入渓ポイントに先行者の車が止まっていましたので、500メートルほど上流に入りました
が、すでに河畔の葦が1メートルほどに成長しておりますので、夏場には釣りにならなくなるでしょう。

しかし、ここも前回が嘘のようにイワナが躍り出ます。
一つのポイント毎に2-3尾出てくれます。

s-P6070033-1.jpg


s-P6070030.jpg


大きいのは出ませんでしたが、25cmを筆頭にこの渓だけでも2桁達成です。
こちらのイワナはいつものオレンジ班のきれいなイワナ、会津のイワナです。
2時間程度で暗くなってきましたので、本流でイブニングといたします。

こちらも高活性で、イブ前にお腹いっぱいになっちゃいました。笑!

s-P6070037.jpg


で、イブ本番はイブ前に荒らしたせいで撃沈です。
というか、イブで出る予定だった魚を、イブ前に釣ってしまったから??笑!

それでも大きいのにはしっかり仕返しされました。
かなりおりこうさんになっているようです。

さて、来週は”沸騰するお湯の泡の如し”の渓に向かいます。
釣友の情報では、かなり回復しているようですが、しっかり教育もされましたようですので
ハタシテ初心なイワナは残っているだろか・・・
別窓 | FLY | コメント:24 | トラックバック:0 | top↑
スパム対策
2008-06-04 18:30
えーとっ!

折角コメントいただいて、跳ね返しちゃった方、ゴメンナサイ!_m(--)m_

昨晩、ご指摘があったので、ちと禁止ワードを解除した途端に・・・・ドサッ!←スパムの音!
元に戻しました。

特に海外系が多いのと、リンクを張ってきますので、エッチテーテーピー←英横文字です。
とか、ザ・フロム・アンド・グッド・ベーリー←これも英横文字ね!はNGワードになってますので
ご注意ください。
また、シモネタ系もです!笑!

それでも跳ね返されちゃってる方は・・・・DMください♪悪意はありません!キッパリ!爆!




追記です。

”http:”は禁止ワードからはずしました。
これやると、URL欄にリンク記入するだけで蹴飛ばしちゃいますので!汗!
別窓 | ダイアリー | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑
wisteria blossoms
2008-06-02 20:47
藤の花が咲く頃がフライのベストシーズンと言われています。
この谿にも大きな藤があり、やはり毎年花が咲く頃にイワナ達の活性が上がります。

ただ、この谿のもう一つの問題として、人為的な要素でその日の活性が左右されるという困った
悩みもあり、当たり外れのハッキリした谿でもあります。

s-_DSC1960.jpg


寒くて雨降る日が続き、久しぶりの陽気に必ず水生昆虫の大量ハッチが起こると思って、釣友
誘って先週のリベンジと相成りました。

s-_DSC1961.jpg


これまた久しぶりの陽光を受け、谿に生命が宿ったかのように光り輝いております。
水量が多めなのは、昨夜までの雨の影響ではなく、ただ、蛇口が中開きになっているからでしょう。
入渓直後よりも後半の水温のほうが低く感じました。

s-_DSC1962.jpg


今年の季節が遅いのか、昨年が早かったのか、初めて来られる方ならば、それなりに良い釣果で
満足していくのでしょうが、爆発したときのこの谿を知ってしまうと、ちょっと物足りない遡行が続き
ます。
いくつかの実績ポイントでは不発に終わり、写真に撮れないサイズのイワナやヤマメが遊んでくれ
ます。
やっとの7寸サイズにデジイチを取り出そうとしていれば、その隙に脱走・・・
ミヤマオダマキが咲く、このポイントで、やっと画像に残すことが出来ました。

s-_DSC1969.jpg


s-_DSC1974.jpg


その後も適度に釣れ続けてくれまして、釣りとしては上位にランクされていいはずなんですが、そ
もそも、今回は欲丸出しの(笑)尺上狙いですので消化不良気味です。←ゼイタクナ!

s-_DSC1978.jpg


一応、放流はされてはおりますが、ダムからの遡上してくるイワナは格別の美しさがあります。
白い底石に育まれた白い魚体にペンキを塗した様な橙の班、色白ヤマトのような、この渓独特の
イワナは初回に脱走されたイワナだけでしたが、それでも十分に綺麗な姿態を見せてくれました。

s-_DSC2000.jpg


今回お付き合い頂いた釣友のkitaさんも、順調に釣果を伸ばしており、2人とも2桁は釣ったでしょう
か、あとはサイズだけ・・・!笑!

s-_DSC1997.jpg


中間地点で、上流部を釣ったkenさんとバッタリお会いしましたが、上流部はあまり良くなかった様子
でした。
途中まで釣り上がりましたが、反応悪く、ここで一旦渓を上がります。
虫の少ないこの谿でも、かなりの数のカゲロウが乱舞しておりますので、イブニングに期待して移動
をかけました。

イブの渓では日が高いうちから相当数のカゲロウが飛翔しています。
ヒメヒラタ、エルモン、更にはアカマダラにモンカゲまで・・・

2人の先行者がいましたが、丁度降りてきたところなので、入れ替わりに入らせていただくと、丁度
ライズがありまして、1投で出てくれました。
期待の尺ではありませんが、前回玉砕してますので嬉しい1尾です。

s-P6010008-1.jpg


更にすぐ上のポイントでもライズ発見!
これも1投で出ました。
またまた尺には届きませんでしたが、今期初?・・・?フレームオーバーの9寸サイズは・・!嬉♪

s-P6010011.jpg


そのすぐ上のポイントではkitaさんも9寸イワナをヒットさせます。
カゲロウもイワナも釣り人もクレージーなひと時でした。

上流に餌師、下流には2名のFF氏がいますので、広範囲を探るわけにはいきませんでしたが、7寸
イワナを2匹追加したところで、ブラックアウトの時間になりました。

梅雨に入り、温かい雨で増水すれば大きいイワナも差すようになるでしょう。
梅雨の合間の晴天こそ、絶好のチャンスになります。
藤の花が咲き、紫陽花の花色が赤紫に変わる頃、この谿も盛期のピークを迎えます。

別窓 | FLY | コメント:24 | トラックバック:0 | top↑
| 谿に遊ぶ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。