l 谿に遊ぶ 2008年08月
我が愛妻、Para-Miyuki 843を持ち、溪に立つ。 溪魚の鼓動が妻の手から伝わり、水面が割れる。
<
スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
Irregular weather
2008-08-31 11:45
季節が一ヶ月ほどずれています。
このところの全国的な雨でどこの川も増水・・・

そんな中では比較的雨量の少ない会津へ、shikada御夫妻がキャンプ釣行に行くということで
御一緒することになりました。

しかし、天気予報を見ると、日曜日に晴れの予報だったのが、一転、雨に変わってます。
雨量も多そうで、急遽、越後に行き先を変更しました。

朝、shikdaさんより、東京は大雨で出発が遅れるとの連絡が入り、こちらもゆっくり出かけます。
まずは、アークの散歩からスタートです。

渡良瀬川はグランド冠水まであと1メートルほどに迫ってます。

s-_DSC2463.jpg

そんな中でもアークは水の中へ・・・
激流の中、100メートルほど一気に流されたこともありましたが、雷は怖くても、水はOKみたいです。

s-_DSC2466.jpg

遊んでいる時のアークの顔はこんな顔♪
表情豊かです。^^

s-_DSC2483.jpg




さて、家を8時前に出発して現地へ到着したのは10時前、川を見て唖然とします。

s-_DSC2521.jpg

雨に影響されない下流も、これでは放水するでしょうから・・・こんな状態です・・

s-_DSC2519.jpg

すぐさまsihikadaさんに連絡を入れると、まだ高速道路には入っていないということで、中止となりました。
結局、shikada夫妻は可能性の残っている会津へ、本来の予定通り向かうことになりました。
私のほうは、越後から会津へは向かえませんので、最上流部の藪沢でかろうじてロッドを振ることが
出来ました。
水量が多く、小沢なのに遡行がきついです。
流れにポイントが無いので、堰堤で粘り、2匹のイワナが釣れてくれました。

もう一本の沢も増水しており、流れの中にポイントが殆ど無い状況です。
少しでも緩い流れがあれば、そこがポイントになりますが、まさか、水深10cmにも満たない流れ
にこんなのが居るとは思いませんでした。

s-P8300002.jpg

この渓のイワナ達はそのほとんどがエラ蓋の奇形があります。
それでも幅広で、黄金色に輝く完璧な魚体・・・よくぞ尺まで育ってくれました。

s-P8300008.jpg

s-P8300010.jpg

結局、雨には降られませんでしたが、増水で遡行も楽ではないので、この渓だけで時間をつぶして
しまいましが、もともと魚影の薄い渓ですので、ポイントが絞られたことでコンスタントに釣れました。

s-P8300013.jpg

お泊りの予定でしたが、早い帰宅になりました。
天気予報は良い方向に変わっているようです。
外は久々のお天道様が顔を出し、蒸し暑い一日になっています。

会津の渓はどうでしょうか・・・
イワナがダメでもヤマメがある、ヤマメがダメならイワナがある。そんな懐の深い谿ですので・・
今頃、shikada夫妻とkomさんがパラダイスを満喫しているかもしれません。^^v
スポンサーサイト
別窓 | FLY | コメント:26 | トラックバック:0 | top↑
反省したの?
2008-08-27 23:52
初日は静かに始まりました。

3日間の始まりは渇水からスタートです。
アークと釣り上がりましたが、小さなイワナが相手をしてくれただけ・・・
やはり、夕まづめ時、5時を知らせるチャイムが鳴らないと、この渓の魚はスイッチが入らないらしい。

イブニングポイント近くでOZさんと待ち合わせ、いつもの区間を釣り上がります。
daikyuさんは、トンネルの向こう側の渓に寄ってくるらしい。

s-P8220004.jpg

アークは車でお留守番。
すっかり遊んでぐっすり眠ってます。

イブニングポイントに到達する前に、最初のポイントでライズを捕ります。
フライサイズで#18にすると、面白いようにタナビラやイワナが躍り出ます。

s-P8220006.jpg

本命のイブポイントに間に合いませんので、ライズを尻目に素通りします。
で、本命で数匹のイワナを釣ったところでタイムアウト・・・
なんとも贅沢な釣りをさせてくれる渓です。^^

渓を上がると、既にdaikyuさんが待っておりました。
どうやら、ヤマトらしいヤマトに出会えたようです。

今回もお世話になるOZさんロッジで、初日は3人で静かな夜を迎えました。

いつもならば途中で坐像菩薩のように昇天されるdaikyuさんは、珍しく夜なべ巻き巻きです!笑!

s-_DSC2392.jpg

カルロスさんの歌声を聴きながら、夜は更けていきます。

s-_DSC2393.jpg

アークの寝場所は玄関ポーチ・・・

靴が少なくて広々・・・なのは、今晩だけ!^^
s-_DSC2396.jpg

そして、何と、私が一番先に昇天してしまいました・・・!
その後、怪メールが飛んだとか・・・!爆!

不思議と、静かな夜でした。かの、爆音がしないのです!^^;

で、一夜が明けると・・・・




ドンッ!

s-_DSC2405.jpg

こんな光景は初めてです♪

sDSC2409.jpg


生憎の雨模様で、釣果のほうは良くありませんでしたが、夜は18人+1匹の食いしん坊が大量の
お肉と甘~いスイーツ、生ビールで、大反省会の始まりです♪?

s-_DSC2437.jpg

丁度、上方の師匠が半世紀のお誕生日ということで、粋な形のケーキでお祝いです。

cake.jpg

そして、私にも嬉しい贈り物が・・・

s-_DSC2443.jpg

プレゼントをしてくれた御本人は、やはり、いつものように、昇天したあとも皆さんの笑いをとっていました。笑!




最終日、はやり雨が降り続いております。
でも、西の空が幾分明るくなったような・・・

カラ~ン♪

s-_DSC2453.jpg

天気も回復し、増水の渓から逃げて、皆同じ地区へ・・・苦笑!

なので、頭撥ね、ケツ掻き続出でした。

s-P8240254.jpg

同行していたkitaさんとはここでお別れです。
メンバーの内の半数以上が同じ渓に逃げてきていました!^^

s-_DSC2459.jpg

そして最後はいつもの渓で締めくくります。
上中下流に別れ、イブポイントへ向かいます。
増水の影響か、ライズも少なかったものの、数尾のイワナとタナビラと戯れました。

s-P8240010.jpg

こんな反省会ならば、何回でも反省します。
反省の反省もいたしましょう♪
反省の元となるネタに困りますが、はい、また近々、反省いたしましょう♪笑!

s-P8240016.jpg
別窓 | FLY | コメント:14 | トラックバック:0 | top↑
Various situations of arc in kaida
2008-08-25 20:58
第○回、木曽開田高原大反省会♪

集まりに集まったは総勢18名!と、1匹!!
生憎のお天気で釣りの方はそこそこでしたが、アフターフィッシングの楽しさは格別です。
参加者の殆どがブログ開設者!というか、ブログやHPを通じて親しくなり、一緒に釣行に
行ったり、反省会を開いたり、今では添い寝をするまでになりました♪(嘘爆!

そんな中に、今回もアークが飛び入り参加いたしました。
目的は・・・肉・肉・肉・・・遊び!

FF犬として合格レベルになりましたが、入渓、脱渓が楽なところでしか遊べないのは、飼い主と
一緒です。
なので、そうそう簡単には釣れてくれませんでした・・・

ですので、今回はアークの画像で誤魔化します♪笑!

s-_DSC2385.jpg

s-_DSC2378.jpg

s-_DSC2379.jpg

初日はdaikyuさんとozさんと3人でozロッジにお泊りです。

s-_DSC2401.jpg

2日目は続々とメンバーが到着し、ロッジは大盛況♪
アークも活性最高潮でした。

s-_DSC2421.jpg

s-_DSC2428.jpg

満腹♪
s-_DSC2413.jpg

2日目は一日雨・・・
最終日は午後から晴れ間も現れました。
s-_DSC2446.jpg

御満悦♪
s-_DSC2449.jpg

s-_DSC2450.jpg

今回の釣果はイブニングがメインでしたのでお魚の画像が少なかったです。
でも、ツ抜けの参加者で大変楽しゅうございました!・・・と、アークも仰っておりました!笑!


別窓 | アーク | コメント:35 | トラックバック:1 | top↑
spares
2008-08-15 17:18
何事も予備を用意していなくては不安になってしまう・・・
ウェーダーは今2本だが、ピークは4本でした。
ベストは予備とは言いにくいが、チェストバックを入れれば5着。
ロッドはいつも2~3本は持って行きます。(岩手では2本で失敗したけど・・・!笑!)

今の自宅のPC環境はデスクトップはすでに化石化しているAMDの300MHZなので、ここ数年は
メインには使っていません。
サブに買ったIBMノートがメインになっており、そのまたサブにもIBMノートを用意していましたが、元のノートの液晶画面が点いたり点かなくなったり・・・多分、インバーターの寿命かも・・・、で、サブのサブが今のメインマシンになりまして、サブが無くなりました!笑!

今回は気軽にどこでも持ち歩けるように(寝床とか、トイレとかの範疇ですが・・!爆!)これを選びました。

EeePC901
s-_DSC2367.jpg

かなりちっこいですが、中身は本格派です。
バッテリーの駆動時間が8時間強とのこと。

s-_DSC2376.jpg

この手のPCが5万円台で買えてしまう・・・すごい時代になりましたね。
別窓 | ダイアリー | コメント:20 | トラックバック:0 | top↑
アークとリベンジ
2008-08-12 22:47
お盆休み最終の週末が休日出勤になったため、今日は代休ということで、一日早いお盆休みの
スタートです。
明日が迎え盆ですので、釣行は再来週の木曽まで一休みです。

いつもよりもゆっくり起きて、アークの散歩をして、自宅でのんびり五輪を見ておりましたら・・・

某FFマンより宮崎ヤマメの写メが来ました。
そして、更に某FFマンからも会津の尺ヤマメの写メが・・・

その2時間後には越後の谿に立っておりました♪笑!

アークも・・・!爆!

s-_DSC2341.jpg

一昨日の後半の区間をアークと一緒に叩きあがります。
私がロッドを振ると、アークは一定の距離をおいて、後ろで待機しております。
なかなか判ってらっしゃる♪FF犬合格です!^^

丁寧にポイントをつついていくと、出ました出ました♪
尺には及ばないものの、丸々と太った泣き尺イワナです。
s-_DSC2292.jpg

アークはあまりイワナには興味がない様子・・・
足元でイワナが暴れても、知らん顔です。
s-_DSC2303.jpg

その後も9寸を筆頭に、終わってみればツ抜け達成です。
この谿のコンディションはまったくワカリマセン・・・!

s-_DSC2313.jpg

s-_DSC2318.jpg

さて、今日の本題は一昨日バラした、あのイワナです。
プライムタイムまではまだ時間がありますので、しばしアークと散策します。

s-_DSC2345.jpg

一昨日よりも幾分水温が高いようですので、イワナの活性が高かったのは、そのためでしょうか・・・
アークも思い存分浸かってます!

s-_DSC2366.jpg

時間になり、アークは車でお昼ねタイムです。
暗くなるまで叩きあがりましたが、何度か大きいイワナがフライを見に来ただけで、結局、7寸イワナ
以外は木っ端ヤマメばかりでした。

最後にあのポイントで締めくくります。
何投目かにフライを消し込みましたが、あの重さはありません。すんなりと寄って来てしまいます。
それでも9寸ですので、あのイワナのパワーを改めて思い出しました。
完全なるリベンジは成りませんでしたが、アークも私も楽しめた一日でした。

s-P8120002.jpg

春の木曽以来、久しぶりにアークも谿で遊びました。
今、アークは爆睡中です!笑!
次の木曽にも連れて行こうか・・・思案中です。

s-_DSC2338.jpg
別窓 | FLY | コメント:14 | トラックバック:0 | top↑
3バラトリオ
2008-08-11 20:46
日曜はkomさん、shojiさんの3人で越後の谿で遊びました。
前日にこの谿で遊んだ釣友の情報では、雪代明け前のような増水で、遡行も困難ということ
でしたが、この谿の天邪鬼なところは、他が渇水でも増水、増水でも渇水ということが多々あ
りまして、この日もそんな状況・・・平水ですがな♪^^v

でも、どちらにしても厳しい釣りになりました。

s-P8100009.jpg

それでも、この谿の透き通った魚体のイワナに会え、3名とも釣果を得ながらすべての区間を
遡行しました。

s-P8100013.jpg

このところの不安定な大気も、この日はなりを潜め、燦々と輝く太陽の下、真っ赤に日焼けしな
がらイワナやヤマメと戯れました。

s-P8100014.jpg

↑の場面はsyojiさんが大物をバラした直後の画面です。向こうの枝葉の下でヒットしたイワナ
は首振り数発でミノーのフックから逃れました。

イブは上流で・・・
komさんは堰堤下でユッタリとフライを咥えた尺上イワナに痛恨のすっぽ抜けを・・・
そして、私も・・・

下流側の、前回大物をバラしたポイントでライズを待ちましたが、一向にライズが始まらず、業
を煮やしてフライを流すこと数度、いい加減撤収しようと思った頃に、ヴァバッ!と、出ました。
フッキング後はその重さに尺上を確信し、ブッシュ下に逃げ込もうとするイワナを数度引き出し
ます。
その魚体は丸々と太った推定35~6cm・・・
暑い一日が報われたと思った瞬間、テンションが消えました。
フックが外れました。身切れのようです。

ラインブレークならば自分のミスですので悔いが残りますが、フックが外れては仕方ありませ
ん。
これも運です・・・が・・・やはり、クヤシィ!!!!

3人が3様にドラマの幕を引いてしまった一日になりました。
3人が尺上を得るのも珍しいですが、バラすのもまた珍しい、一応、ブログネタにはなっただけ
でも面白い一日でした。
別窓 | FLY | コメント:12 | トラックバック:0 | top↑
夏谿
2008-08-04 21:04
一年振りの谿は美しさも薄い魚影も変わってませんでした。^^;
sisyouは3週間前にこの区間をトレースしていますが、その時もあまり芳しくなかった・・・
大雨が降っても急激に増水しないため、上流で放流された魚達も流されず、下流からも差さず・・・
餌師に抜かれてしまえば渓魚の供給は自然任せの中、その自然さえもあてに出来ず、ただただ、
その渓相の美しさだけが癒してくれる、そんな谿です。

s-P8010005.jpg

それでも、偶には義理堅いイワナが出てくれて、心を和ませてくれました。

s-P8010019.jpg

脱渓地点が近くなるにつれて、反応が良くなります。
深い谿ですので、放流箇所は限られており、そんな地点にイワナは動かずに棲家としております。

この日一番の9寸イワナも、そんななかの一匹でしょうか、それでも、白い底石に合せるように、身を
白く化粧した魚体は、すでにこの谿の一員となった証です。

s-P8010024.jpg

この頃にはワタシもsisyouも幾ばくかの贈り物を手にすることが出来ました。

s-_DSC2228.jpg

この先、この谿も全ての釣り人を拒むように、オロロの季節に入ります。
約3週間、谿は静かなときを過ごし、明けるとすぐに短いシーズンの幕を閉じます。

s-P8010026.jpg





お風呂で汗を流した後、sisyouと別れて県境を越えます。
流石の酷暑の夏ですが、明け方は何度となく、寒さで目を覚ましました。

この日はterryさんと待ち合わせ、沢に入りました。

s-P8020038.jpg

開豁な渓でロッドを振っていたワタシは、急な環境の変化に対応できず、ライントラブルを重ねます。
一方、terryさんは順調に釣果を伸ばしております。
ワタシにとっては初めての区間でしたが、やっとイワナが顔を見せてくれました。

s-P8020030.jpg

そして、その借りはイブニングでしっかり回収させていただきました!^^v
現地で合流したshikada御夫妻と、御宿、ロッジOZの御主人(笑)ozさん、terryさんと思い思いの
イブポイントに散らばります。
ワタシはozさんと上流へ・・・

s-P8020061.jpg

ライズの嵐の中、真っ暗になるまで渓魚と戯れるのは、久しくありませんでした。
この渓のポテンシャルを垣間見せていただきました。




この日のメインディッシュは、先々週に遠野で2日連続で食したジンギスカン・・・
遠野食肉センターより取り寄せた2kgのラム上肉です。

s-_DSC2231.jpg

s-_DSC2234.jpg

5人で2kg・・・食べきれませんでした!笑!
1kgは冷凍して、再来週の反省会の食材にさせていただきます。

食後は明日の為の楽しい団欒のひと時です。

s-_DSC2251.jpg

明日の行き先は・・・
地図で確認しながら、心は既に渓に降り立っていることでしょう♪

s-_DSC2249.jpg

s-_DSC2246.jpg

が・・・・・
ここに思わぬ大敵が!
そう、思い切り、寝坊です!!
いつもは5時半には目覚めるのですが、何と、8時過ぎまで高鼾でした。^^;

でも、朝のこんなひと時が堪らなく好きです。
何もかもが彩りを増し、人も風景も新鮮な表情を見せてくれます。

s-DSC_2269.jpg

この日、真夏の陽射しに日中は玉砕となりました。
ロッジOZで暫しお昼寝です。
真夏の下界では考えられない、日差しを浴びて、ウッドのロングチェアーで再度高鼾♪

s-DSC_2272.jpg

もちろん、イブは絶好釣でした。
大きいタナビラには石化けされ、7寸イワナに合わた瞬間にロッドが折れるまでは・・・!
別窓 | FLY | コメント:30 | トラックバック:1 | top↑
| 谿に遊ぶ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。