l 谿に遊ぶ 2008年10月
我が愛妻、Para-Miyuki 843を持ち、溪に立つ。 溪魚の鼓動が妻の手から伝わり、水面が割れる。
<
スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
2009ヘボ会フィッシャーマンズカレンダ-^^v
2008-10-29 22:54
ちょっと出遅れましたが・・・

森のフィッシュ魚ッチングの知来 要さんが監修し、仲間達がそれぞれの思い出を込めたフォトを、
FR誌ブログ大賞で銀賞獲得のterry's flyfishing barの御主人、terryさんが編集、デザインを手
掛けた”2009ヘボ会フィッシャーマンズカレンダ-”が完成いたしました。

御希望の方には、1部送料込みで\2,000で配布可能ですので、上記リンクからお申し込み下さい。
もちろん商用目的ではなく、原価+送料ですよ♪^^


今回、私のフォトは12月に掲載されるようです。超嬉!!
私の今回のテーマは・・・渓魚!以外でした♪^^;

いやはや、それなりに大きい魚も釣れたし、ヒレピンだったし、綺麗だったんですが・・・
アングルが当たり前だったりで、心に訴えるものがなかったんですよね。

因みに、惜しくも選外にもれた画像が↓ですが、これまた、私の中では印象に残ったフォトでした。

kitaさんとアークと木曽の渓
s-_DSC2450.jpg

アークのこの姿はこれで2回目ですが、ホント♪水が好きなんですわ!^^

岐阜の高原でのseiyoukebariさん
s-P8010026.jpg

私の西のホームリバー的な渓でした。
デジイチではなく、コンデジ画像でしたが、とても和む雰囲気を持った絵で、心に残っております。

さて、本採用になった絵は、知来さんのエントリーで紹介して頂けると思いますので、そちらのほうで
ご覧下さい。12月ですので、もうちょっと先かな・・・!
その絵もまた、思い出のワンシーンでした。
デジイチにかなり無理して手に入れたツアイスレンズでの一枚です♪^^v
スポンサーサイト
別窓 | FLY | コメント:16 | トラックバック:0 | top↑
愁霧
2008-10-28 20:31
昨晩は夜遅くなってからの雷、雹交じりの大雨と騒がしい夜でした。

一夜明けて、今日、無風の河畔は濃い霧に覆われておりました。

目の前の渡良瀬橋が見えないほどで、視界は50メートルに満たない朝でした。

s-_3000954.jpg

このような朝霧は、遠野の朝霧を思い出します。
道の駅で迎える朝は、いつも朝霧に包まれており、陽が高さを増すと共に嘘のように消えてしまいます。

s-_3000977.jpg

この日も、同じように、家を出る頃には嘘のように霧が晴れておりました。

s-_3000980.jpg

NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)




このところ、昼間は晴れますが、夜になると雲に覆われる秋空・・・
星観もできません。

フライを巻くことも無く、手持ち無沙汰な夜は本業の小技をこなします。

s-_3000986.jpg

これは、両端に花櫚をあしらったコルクグリップの圧着をしているところです。
接着剤が乾いたら、成形をして、花櫚の部分を塗装仕上げを施します。
結構、手間のかかるグリップです。

s-_3000988.jpg

このところ、メノウのストリッピングガイドの要望が増えております。
安価な縞メノウは手に入りやすいのですが、単一色の赤や朱のメノウが、なかなか手に入らなくなっ
てきております。

NIKON D300 Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/50 ZF
別窓 | ダイアリー | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑
metalworking
2008-10-27 22:34
平日ですが、昨日作ったフェルールのオス側の再製作をしました。
気になると待っていられない性格なもんで・・・

そんな短気な性格ですから、”短気は損気”を地で行ってます。
やり直した1本目も気に入らず、2本目でやっと出来ました。

s-_3000936.jpg
NIKON D300 Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/50 ZF

今ではプロビルダーの多くは外製のフェルールを使っているようで、精度、強度共に信頼できる
のは各ビルダー氏のレビューで承知しておりますが、絶対数の少ない現状では、外製にする
メリットよりも、内製のメリットの方が勝っております。

オスフェルールに思わず時間を費やしましたが、そのまま流れで、C&R(キャッチ&リリースでは
ありません!^^)を製作。
今回はリン青銅ですので、磨くと鮮やかな金色に輝きます。
フェルールも同じ素材で色合わせをしておりますが、ここらへんが内製の臨機応変なところです。

s-_3000947.jpg
NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)

更にワインディングチェックも一緒に・・・
一般に販売されている、飾り目的のものではなく、グリップの先端を保護するため、スリーブ状に
しております。

s-_3000951.jpg
NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)

これで金属加工は一段落です。
一昨日接着したブランクは、昨日、バインディングを解き、接着剤を削ぎ落として、一回目の曲が
り直しを行いました。
この後、数度の曲がりなおしを経て、一週間後にフェルールを取り付け、下塗り塗装を施します。
別窓 | Bamboo Rod | コメント:10 | トラックバック:0 | top↑
sharpen
2008-10-23 21:59
ファイナルプレーンを行う前にすること。
カンナの刃を研ぎます。


NIKON D300 Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/50 ZF

4枚の刃で6本のスプリット。
切れ味によって、1枚の刃で1~2本毎に刃を替えます。

刃は、特注の鋼のもので、純正の刃とは切れ味が違います。

s-_3000899.jpg
NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)

あとは、ただ、カンナの往復だけ。
ただただ、丁寧に、片面を削ってはもう一面を交互に・・・
片道0.01mmの永い旅が始まります。

別窓 | Bamboo Rod | コメント:18 | トラックバック:0 | top↑
鈍った
2008-10-22 20:37
昨夜はオリオン座流星群の極大日でした。
極大時間の18時頃には星が流れたのを確認してましたので、これは期待できるかも♪っと、今季
初めて屋台を広げました。

s-_3000903.jpg

晴天の空には満天の星が・・・

見えない?

なんだか春先のベールに包まれたような夜空です。

設営中も注意して観ておりましたが、星は流れておりません・・・外したかも!orz


仕方なく、流星狙いを諦めて、鏡筒を載せてアンドロメダのM31を導入してみますが、これも見え
ません・・・
シーイングが悪いので、露出をかければ写るかも、と、とりあえずガイド星を探して、オートガイド
の準備に入りますが、これが、なかなか導入できない!
アイピースで目視して星を中心に持ってきて、CCDカメラに切り替えますが、映らない・・・(泣!

あれやこれやで2時間経過・・・

明るい星で試すと、CCDのピント位置が今までと違って焦点距離が短くなっていることに気がつき
ました。
ピンの位置が判ったので、やっと導入できたときには、3時間経過・・・


s-_3000922.jpg

何とかガイドは出来るようになりまして、撮影開始です。
8分画像を3枚撮り、月が出てきたところで終了にいたしました。

s-081021_1.jpg
NikonD50改 vixen ED81s 8min×3枚コンポジット

で、これは・・・映ってないですよねぇ・・・なんだろなぁ~!

そう、またまた前回に引き続き、肝心なことを忘れておりました・・・・水平出し・・・!(大汗;;;

中心部分は点像ですが、周辺は流れております。
完全に極軸合せの失敗でした。

しっかし、8分画像×3枚のコンポジットとは思えないほど、寂しい星の数です。--#
別窓 | Astronomic | コメント:12 | トラックバック:0 | top↑
久しぶりの月
2008-10-19 02:07
やっとシーイングの良い空になり、久しぶりに月を撮ってみました。

月齢18.8


今回はD300のライブビューモードで撮影しました。
ライブビュー状態で拡大してピントを合わせることで、かなりシャープな(ピンが合った)画像が得られます。
それでも、追尾をせずに1/20のスローシャッターでは被写体ブレが発生します。
追尾すれば、更に鮮明な画像が得られそうです。

トリミング&シャドー
s-_3000860_1.jpg

トリミング&シャープネス
s-_3000876.jpg

これからの季節、夜更かしが多くなります。

Nikon D300 Vixen ED81s直焦点 625mm(F7.7)×2telecon 1/20sec iso200
別窓 | Astronomic | コメント:18 | トラックバック:0 | top↑
Camp in ARAO
2008-10-14 21:46
今年も恒例になりました、荒雄でのキャンプに行ってまいりました。

今回は欲張りに、星&釣り&アークと遊ぶ♪をテーマに、暗い内に現地に到着するように出発
しました。
荒雄のキャンプ場に着く頃には嵐のような風と、頻繁に流れる雲・・・
一応、鏡筒を出してセッティングしたものの、風に煽られてオートガイドが出来るような状況では
ありません。
鏡筒の使用は諦め、カメラとレンズだけ、赤道儀はオートガイド無しでやることにしました。

が・・・

極軸を合せようにも、北極星が流れる雲のライン上にあって、なかなか姿を現してくれません。
明るい月が山の陰に隠れる3時頃にようやく極軸を合わせてスタート・・・
あら、今度は撮影方向に雲が・・・

結局、3分の露出で数枚撮れたのみで、白々と夜が明けてきてしまいました。

今回は広角での星野の撮影だけに終わりました。

NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)
s-_3000700-2.jpg
ISO1000 露出120秒

これはノーマルのD300で撮ったものです。
若干の熱ノイズが発生しております。

そして・・・

NIKON D50改 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)
s-DSC_0867-1.jpg
ISO1600 露出160秒

こちらは、天体改造したD50で撮ったもので、うっすらと赤いバーナードループやバラ星雲が写って
います。
惜しむらくは、ピントがイマイチ合っていない、風の揺れの影響でブレている・・・何だかなぁ~!




s-DSC_2874.jpg
NIKON D80 AF-S DX Zoom Nikkor ED 12-24mm f4G (IF)

さて、釣りの方はというと・・・
強風と、魚より多いんじゃないかと思うほどの人出で2時間ほどでやめてしまいました。

で、早々にキャンプ場に戻り、アークと遊びました。

s-_3000772.jpg

地獄の無限リトリーブの始まりです!^^;

s-_3000774.jpg

s-_3000818.jpg

NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)
NIKON D300 Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/50 ZF




夜は肉あり、野菜あり、キノコあり、海の幸ありのメタボフードキャンプです。
その様子は皆さんのブログで紹介されていますので、そちらをご覧ください。

恥ずかしながら、かなり早い時間に沈没いたしました・・・!笑!

そして、一気に翌日に・・・!爆!

s-_3000705.jpg

久しぶりの車中泊は腰に来ちゃいました。
ちょっと釣りは出来そうにありませんので、この日は適当に付近を巡って帰ることにしました。

まずはアークを遊ばせて・・・

s-_3000712.jpg

牧歌的な風景を楽しんで・・

s-_3000833.jpg

NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)

最後に下流のポイントに寄ると、丁度、shikdaさんが釣り上がっていくところでしたので、望遠レンズ
で隠し撮り・・

s-_3000848.jpg

う~~ん、なかなか絵になるなぁ!うらやましい!^^

s-_3000850.jpg

NIKON D300 AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8

さて、帰ろうか!アーク!!


とっ、アークを見ると・・・

体中に数十、いや、200個くらいはありそうな・・・ドロボウ草!

参りました~!!
別窓 | FLY | コメント:34 | トラックバック:0 | top↑
セイタカアワダチソウ
2008-10-09 20:10
夏も終わり、秋色がだんだんと深みを帯びてくる、この頃です。
紅葉はまだこれからですが、秋の始まりを告げるのが、土手一面に群生している、この植物です。

セイタカアワダチソウ(背高泡立草)
s-_3000683.jpg

この時期、どこにでも生えている、雑草ですが、もとは観賞用に入ってきた北米産の帰化植物だそうです。
薬効成分を含んでおり、アトピーの救世主と言われて期待されているようです。
根や茎から、他の植物が繁殖できないような抑止成分を出し、群生しているのですが、その成分も
度が過ぎると自らの繁殖力も抑止してしまうのだとか・・・
群生も密度が過多になれば、仲間が敵になるわけですね。

谷山浩子の歌の詩の中にも登場している草ですが、詩の印象とはかけ離れた生命力と狡猾さを
兼ね備えた植物です。

s-_3000679.jpg

冬至の頃には今よりも日の出が30分遅くなります。
その頃になると、暗いうちに来て、帰る頃に陽が昇るようになります。

この3連休は荒雄でメタボフードキャンプに行ってまいります。
禁漁の禁断症状が来る頃ですので、現地は相当混み合うでしょう。
今回は星がメインで遊びたいと思います。^^v

NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)
別窓 | Photo | コメント:14 | トラックバック:0 | top↑
まだ早い
2008-10-05 19:18
久しぶりに休日を家で過ごしてます。
朝ゆっくりと目覚めるのは久しぶりだ。

いよいよ本業に精を出さなければいけない季節になりました。

今日は天気が悪くなるとの予報でしたが、外は薄日が差してますので、ちょいとお散歩に出て
みました。
近所の織姫山です。

『もみじロード』というのがあって、遊歩道脇がすべて紅葉の道があります。
紅葉の季節には一面真っ赤になりますが、今はまだ早いようです。


NIKON D300 Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/50 ZF

それでも、市民の憩いの場らしく、結構な人出があります。
ここに来るには、ちょっと判り辛い道を通らなければいけないので、地元の人しか来ません。
観光で来る方は皆、徒歩で織姫神社の階段を登り、ここにやってきますが・・・

s-_3000631.jpg
NIKON D300 Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/50 ZF

天気が悪いどころか、汗ばむような陽気になりました。
でも、眼下の町並みを見渡すと、視界が少々悪いようです。
湿度の関係でしょうか・・・

s-_3000635.jpg

s-_3000640.jpg
NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)

家に戻り、竹の曲がりなおし作業をしていると、シトシトと・・・
やがて、その音が激しさを増し、地面を叩くような雨脚になりました。

その後のアークの散歩は、しっかりと濡れ鼠になりました。



別窓 | Photo | コメント:14 | トラックバック:0 | top↑
秋晴れ
2008-10-02 20:52
久しく感じなかった、スッキリと晴れ渡った朝。
肌に纏わりつくような湿った空気はもう無く、肌を滑り通り過ぎる感覚が秋を感じます。

芝は夜露に濡れて、アークの軌跡を写し残します。
歩いて、転がって、また歩いて・・・



陽も段々と短くなって、朝、河川敷のグランドに行く度に、迎える陽の角度が低くなっていきます。

冬至の頃は、同じ時刻ではまだ日の出前となります。

痛いほどに突き刺っていた陽射しは、今では優しい温かみを与えてくれます。

s-300_0559.jpg

我が家の放蕩猫は、夏場の殆どの時間を家の外で過ごしています。
一応、名の通った猫種だけど、その容姿とは真逆な性格で、近所ではボス格にまで登りつめて
おります。

s-3001755_0592.jpg

もちろん、そこに至るまでは、前ボスとの間に何かがあったようで、大怪我を負って帰ってきたこ
ともありました。
お医者に行ったら11針も縫う怪我だったということですが、その日以降、前ボスの姿は見ており
ません。

流石にこのところの寒さで、家の中に入りたい様子です。


NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)
別窓 | ダイアリー | コメント:12 | トラックバック:0 | top↑
| 谿に遊ぶ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。