l 谿に遊ぶ 2008年12月
我が愛妻、Para-Miyuki 843を持ち、溪に立つ。 溪魚の鼓動が妻の手から伝わり、水面が割れる。
<
スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
温かい山
2008-12-31 13:15
昨晩(正確には一昨日の晩)はオフアキシスのテストでいつもの裏山で明け方近くまで粘って
おりました。

この時期にしては暖かいとはいうものの、明け方は氷点下まで下がります。
実際、家に帰ってきた時は周りの車のウィンドウガラスは真白に凍っておりましたし・・・
でも、山の上では気温は9℃・・・
なんと、下界との気温差が10℃もありました。
標高417メートルの大岩山は中腹に大岩毘沙門天があり、晦日には大勢の参拝者が来ます
ので、この日が今年最後になります。
普通、山の上の方が気温が下がるもんですが、ここは、いつも下界よりも気温が高い、温かい
山なんです。

_3001353.jpg
Vixen VC200L nikonD50改 DSIⅡ+PHDguiding
NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED17-55mm f2.8

その上の展望台は眺めもよく、恰好のデートスポットで夜景が綺麗・・・
と、いうことは、街明かりの光害の影響もかなりありますので、天体撮影にはあまり向いえおりま
せん。やはり、光害カットフィルターは必要かも・・・

今回テストしたオフアキシスガイドですが、詳細は前のエントリーで紹介しておりますが、ほぼ
満足なガイドをしてくれました。
ただ、風に弱い大きな鏡筒ですと、ちょっとの風でもエラーが出ます。

露出時間を短くするため、ISO感度を1600にしましたが、ちょっと実用的ではないようで、かなり
ノイジーな粗い画像になってしまいました。実用範囲ではISO800までということのようです。

コーン星雲・・・の、真ん中!笑!
ngc2264stax-1.jpg
ISO800×12min×1・ISO1600×6min×3のダーク減算・コンポジット、photoshopCS2で画像処理

1800mmでは対象のNGC2264を真ん中に導入すると、肝心なコーンの部分まで入りません。orz
明るい短焦点で狙ったほうが良かったですわ。^^;

M101回転花火銀河
m101stax-1.jpg
ISO1600×6min×4枚コンポジット、ダーク減算後photoshopCS2で画像処理

高感度ノイズとピンの甘さでこんなんなっちゃいました・・・涙!
北の銀河を撮るにはちょっと時期が早すぎました。
2~3月頃がよろしいかも・・・

M51子持ち銀河
m51stax-1.jpg
ISO1600×6min×3枚コンポジット、ダーク減算後photoshopCS2で画像処理

こちらも同じく粗い画像ですみません・・!
でも、今回のテストでかなり暗い星もガイド星として使えることが確認できました。
北の銀河周辺では、長焦点の写野にはそれほど明るい星が入ってきませんので、ガイドカメラの
感度が心配でしたが、これでなんとかなりそうです。
今まではQcam4000でミザールをガイド星にしてましたが・・・

_3001359.jpg
NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED17-55mm f2.8

ガイド鏡を使ったガイドシステムではガイド星の導入に時間がかかり、撮影対象を変えることに
躊躇してしまいましたが、ガイド星の導入が楽になることにより、一晩に何度も撮影対象を変える
ことが出来ます。
ガイド鏡方式でも、今回のような高感度カメラをガイドカメラに使えばOKでしょうから、如何にガイド
カメラの感度が重要か再認識いたしました。



今年も一年、お世話になりました

今年も今日が最後の日になりました。
シーズン中はFF仲間と沢山の釣行を楽しむことができ、お世話になりました。
オフシーズンになり、このところ星のエントリーばかりになりましたが、もうすぐ解禁ですので、
着々と準備もしております。
シューズもウェーダーのサブも用意いたしました。
今しばらく星にかまけさせてもらいますが、来年も解禁したら宜しくお願いいたします。


スポンサーサイト
別窓 | Astronomic | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
off-axis guider
2008-12-30 15:33
長焦点のオートガイドで必要なアイテムが届きました。

オフアキシスガイダー、直訳すると”軸外ガイダー”です。
早い話が、鏡筒から入った像の端っこの一部をガイド用として利用するためのパーツです。
同じ鏡筒の星像を使うので、ガイド鏡方式と違い、マウントの撓みや剛性によるねじれ等の
影響がありません。
ただし、いつも都合よくガイド星があるとは限らないのがネックですが・・・^^

Celestron Radial Guider


このパーツも海外サイトでは90ドルほどで販売されていいますが、輸出規制品なのか、日本の
代理店経由でしかだめなのか、販売してくれませんでしたので、仕方なくちょっと割高ですが、
国内で手配しました。
それでも、他の専門店オリジナル品よりも割安です。

このメーカーの反射鏡用で作られたものですので、そのままでは私の鏡筒には取り付けられま
せん。

鏡筒側が2”×P1、カメラ側がM42×P0.75ですので、鏡筒側にBORG”7502・7901”を、カメラ側
はTリングが直接入りますので、ビクセン鏡筒ならばほとんど利用でき、合焦します。
”7901”の代わりに”7425”を使えば、ビクセンの2”スリーブにそのまま差し込めます。

ガイドカメラは先日入手したMEADE DSIⅡですが、ニコンのカメラならばガイド側の方が3mmほど
光路長が長いので、スリーブから3mm浮かせれば両方が合焦します。
例えば、nikonのフランジバックは46.5mmで、Eosは44mmと、Eosの場合は2.5mm短いので、そのまま
の状態でガイド星はほぼピントが来ると思います。

Eosよりも更にフランジバックが短い他社のカメラの場合は、BORGの”7423”をTリングとオフアキの間
に入れれば5mm稼げます。
私はオフアキとカメラボディーの干渉を避けるため、"7423"を入れましたので、8mmほどガイドカメラは
浮かせて合焦させてます。

さて、オフアキでのテストを兼ねて、昨晩は夜更かししてしまいました。
結果は良好、風さえなければ安定したガイドをしてくれますし、ガイド星の導入も6等星くらいまで
ならば十分ガイド星として使えそうですので、よほど過疎地帯でなければ、ガイド星探しに困る
ことは少ないでしょう。
また、ガイド側が独立していて、止めネジを緩めると約1/3ほど回転しますし、調整ネジでプリズム
も上下しますので、ガイド星を導入する範囲も広がります。←これは便利です♪


_3001362.jpg
別窓 | Import | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
Personal import
2008-12-28 13:44
円がだいぶ高くなっておりますので、このところ、海外サイトでの買い物が増えております。
機械物や精密機器は保障や修理の問題が残りますが、それでも、国内で買うよりも相当安価に
購入できるのは魅力です。

長焦点の鏡筒を手に入れましたが、ガイド鏡を使ったガイドでは限界があります。
重量面でも現在の赤道儀では荷が重すぎますので、主鏡をそのまま利用できる、オフアキシス
方式を模索しております。

その場合、現在ガイドカメラとして使っているウェブカメラでは感度が低すぎて、ガイド星の導入
はほぼ不可能になり、より高感度のカメラの必要性が出てきました。
しかし、ペルチェ素子を使った冷却CCDカメラは数十万円もしますし、そうでないものでも、桁が
違ってしまいます。
今回、海外サイトより購入したCCDカメラも、国内では十万円近くで販売されてますが、あちら
では三万円以下・・・
国際送料を含めても、かなり安く購入できますし、オークションならば更に安く落札できる可能
性があります。

で、今回は、定価よりも80ドルほど安く落札できましたので、送料を含めても、円高の影響も
あり、国内で買うよりも1/4の負担で済みました。
後は、壊れてくれないことを祈るばかりです。

MEADE DEEP SPACE SKY IMAGER II
PC280008-1.jpg

感度の面ではモノクロタイプのProが良かったんですが、ガイド用で使うので、まぁ、いいかと・・・

早速、PCに接続してドライバインストールを済ませ、認識させて完了♪
このカメラを使えるフリーソフトは、現在、純正のものかPHDGuidingがあるだけですので、PHD
Guidingでテストしてみますと・・・???
露光時間を変えても画像の切り替わりが7~8秒かかりますが・・・何故?
このような状況をサイトで検索しましたが、中々的を得たものがありません。

試しに、サブの901Xにもインストールして繋いでみると、こちらはOKです。
これで、最悪使えないということはなくなり、一安心です。
が、天体用に使うIBMにはシリアル端子がありますので、コントローラーとの接続がUSB変換せ
ずに使用できるので、出来ればIBMで使いたい・・・。

901XとIBMの違いは何か・・・
思い当たるのはUSBが1.1と2.0の違いで、転送速度の違いが40倍もありますので、それしかあ
りません!(喜!
早速、家電量販店でUSB2.0カードを買ってきて繋いだら、見事、安定して動作いたしました!\(^o^)/
そうそう、付属のケーブルはあまりにも短いので、3mのケーブルも同時購入、ポイント使って二千
円ほどの出費で済みました。

今のパソコンを使っている方は大丈夫でしょうが、中古のノートPCを天体用に使っている方で、USB
が1.1の場合は同じようなトラブルに遭うと思いますので、ご注意ください。

さて、次はオフアキシスの構成部品が届くのを待って、テストに入りたいと思います。
上手くいけば、長焦点の長時間露光も可能かもしれません。
赤道儀の精度も関係してきますが・・・

この他にも色々と海外からの購入品が続々到着します。
ほとんどは本業関係のものですので、到着したらまたご紹介しますネ!^^v
別窓 | Import | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
言い訳も思いつかない
2008-12-23 19:43
今日は国民の祝日ですが、もちろん、会社はやってます。
でも、何故か休みです・・・!^^;

いつも、5時半に目を覚まし、この時期は、アークの散歩を終える頃に陽が昇ります。

今日も、目覚ましが鳴る前に目を覚ましましたが、昨日とはうって変わり寒い朝ですので、目覚まし
時計が鳴るまでもうひと寝入りとなりました。

で、次に目を覚ました時・・・なぜか明るい・・・

4時間半も寝過ごすって・・・アンビリバボ~!
しっかり、目覚まし入れ忘れてました・・・!

フォトショでお遊び♪アルタニクはこんなに明るくありませんし・・
batou-3.jpg

仕方ないので、普通に電話して、有給入れてもらいました。

この場合、どんな言い訳があるだろうか、色々考えましたが、出勤時間を2時間も過ぎていることは
致命傷です!^^:

あぁ、有給休暇1日だけ残しておいて良かったぁ!^^v

無駄に休むのももったいないので、スタッドレスに履き替えて、アークをお風呂に入れました。
仕事よりも重労働でしたわ!笑!
別窓 | ダイアリー | コメント:14 | トラックバック:0 | top↑
星野
2008-12-21 20:54
今日は冬至・・・

らしからぬ、暖かい陽気です。

キリッとした冬の空気の方が澄んでいていいんですがね~!


NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF) 10sec iso800 f2.8

懲りずにバイザックを持ち出して、このところすっかり手馴れたガイド星の導入で1時間ほどでセッティ
ング完了♪

さぁ、スタート♪

ってところで、ガイドエラー?
先ほどまで無かった雲が・・・・orz

しばらく待ちましたが、どんどんと押し寄せる雲に撤収決定・・
で、半分ほど片付け終わったところで、雲が・・・・無い!ガックシ・・

私にしては珍しく、再度セッティング。
で、取れた画像が↓・・・このあと、またまた雲が・・・今度こそ撤収~!^^;

M33.jpg
Nikon D50改 vixen VC200L Qcam 4000 PHD Guiding

焦点距離1800mmで撮ったM33さんかく座の銀河ですが、真ん中辺のみでフレームアウト&露出
不足ですわ・・・泣!

露出10分、ちゃんとガイドできるには、今のシステムではちょっと無理・・・
かといって、赤道儀までグレードアップ出来る資金力はありませんので、小さくシステム変更を模索中
です。カハハ!




明けて土曜日は出来上がったロッドの納品にアカサカヘ。

_3001347.jpg

そこへ、J先生とcaroさん現る!
最近、よく会うかも・・・!^^

オーナー氏とJ先生&caroさんと、アカサカのラウンジで暗くなるまで談笑しました。




その夜、今度は昨夜とは別の、いつもの山の上へ・・・

街の光害でだいぶかぶってしまいました・・・

081221_1-1.jpg
Nikon D50改 Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/50 ZF Qcam 4000 PHD Guiding

081221_2-1.jpg
Nikon D50改 Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/50 ZF Qcam 4000 PHD Guiding

batou-1.jpg
Nikon D50改 vixenED81s Qcam 4000 PHD Guiding

それぞれ多段階露出画像をダーク減算後コンポジット。photoshop CS2で画像処理

この時期、オリオンはまだ低い位置にありますので、街明かりの影響をモロに受けます。
光害の少ない満天の星空で撮りたいですわ。^^
別窓 | Astronomic | コメント:16 | トラックバック:0 | top↑
meteor showerⅡ 何しに行ったの?
2008-12-12 23:43
満月の月見と一緒に流星も楽しむ・・・

世の中そんなに甘くない・・・!
天頂に輝く満月の光量は思った以上に強く、調度、ふたご座付近にあるため、マイナス等級
のバーストでも結構厳しそうでした。
とりあえず、新しい鏡筒のファインダー合わせをして、月でも撮ってファーストライトにしようと
思い、組み上げると・・・一面に雲が・・・あ~らら・・・



見た目ほど重くはないけど、それでもウェイトを目一杯端に寄せてもバランスがとれません。
前後のバランスもとれないので、重量オーバーと相まって、赤道儀に負担がかかりそうで
す。
バランスさえ取れれば、多少の重量オーバーは大丈夫なので、ちょっと対策を考えます。

はじめての反射系の鏡筒ですが、なるほど、外気に馴染むまでは陽炎のように像が揺れ
ます。
華奢なアリ型レールのため、鏡筒自体も微振動してます。
本番を迎える前から、先行きの玉砕が目に見えてしまいました!笑!
別窓 | Astronomic | コメント:20 | トラックバック:0 | top↑
meteor shower
2008-12-12 00:14
今年もふたご座流星の季節がやってきました。
が・・・
今年の極大である今日明日は丁度ふたご座からオリオンにかけて満月が煌々と照りつける
最悪のタイミングになります。
それでもマイナス等級の火球が流れれば、もちろん肉眼で確認できますし、流星の数では、
例年、期待を裏切らないので、今年は月見と一緒に楽しんでみては如何でしょうか?

↓は3年前に撮影したふたご座流星です。



その後も何度か流星の撮影をしましたが、このときの火球が撮影できたものとしては、一番明るい
ものとなりました。
肉眼では、最大マイナス6等級(金星が-4.4等級)の大火球を見たことがありますが、やはり、撮影
での成功率はギャンブルです。

明日の晩は赤道儀で追尾しながら長めの露出で撮りたいのですが、月の明かりでかぶりますので
真白けな夜空になりそう・・・!^^;

この撮影場所は南に市街を見下ろしてますので、光害が酷いですが、南に開けておりますので、
普段は見られない星も見ることができます。
全天空中、シリウスに次いで2番目に明るい星ですが、北半球ではあまりに高度が低いので、
普段はあまり目にすることがない、カノープスです。

DSC_3566_20051130.jpg

光の屈折により、普通ならば赤く見えるカノープスでしたが、この日は空気が澄み渡っており、結構
明るく映っております。

都会でも高層ビルの高い場所ならば、真南のやや東側、オリオンの小三ツ星が示す方向、地平線
の際に光るこの星を見ることができるでしょう。
別窓 | Astronomic | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
ひとこと
2008-12-09 23:28
ソニーが16000人・・・

かの会社は、これで5万人の顧客を失ったと同じ。
まぁ、切られた会社の商品は買わないだろうからね。本人も家族も・・・

大手企業が続々と・・・自ら顧客を失っているようです。

私もそんな会社の商品は買いたくないですね。
人に物を売る商売なのに、人に優しくない会社は無機質的な冷たさを感じます。

エコだ環境だと唱ってはいても、企業イメージアップだけが目的だったのが露呈してますよ。
人に優しくない企業は、自然にも優しくないでしょうからね。

人を大切に扱ってこそ、エコロジーとか環境保全とかを唱える資格があるんじゃないでしょうか。




と、ブログでこんなことを書くのはポリシーに反しましたが、ちょっと、最近、1部(の)上場企業
の上から目線に嫌な思いをしておりますので、反抗してみました。笑!

ささやかな抵抗も、100人に1人行えば、国が動きますからね。

ってなわけで、ブログ上で個人の批判や政治話はしないことを常としてきましたが、腹にすえか
ねたら・・・

偶にチクっと刺しますよ!^^
別窓 | Talking to oneself | トラックバック:0 | top↑
心の洗濯
2008-12-08 21:01
今年も前日光の古民家で、囲炉裏を囲んでのんびりと週末を迎えることができました。

初日は、久しぶりにレイクウッドリゾートで2時間ほどロッドを振り、これまた久しぶりに脂鰭の
魚の顔を拝めました。



ドライでは太刀打ちできませんので、初っ端から沈めさせてもらいます!^^;
バックにバーベキュー小屋がありますので、バシバシ当たり(笑)折れたフックでしばらくスッポ抜け
連発なんて場面も・・・モッタイナイ!

みなさん、コンスタントに釣れてます。

_3001210-1.jpg

_3001211-1.jpg

お天気もまずまずですが、この冬一番の冷え込みらしく、季節はいつのまにか冬突入です。

そして、ちょっと泉質の○▼□△~な、お風呂に入り、古民家へ♪
囲炉裏を囲み、宴の始まり~!!

_3001236-1.jpg

外は満天の星でしたが、月の明かりと近くの外灯の明かりで、写真撮影には無理がありますので、
望遠鏡でお月さんを観たり、流星が流れる星野を眺めたり・・・

_3001229-1.jpg
NIKON D300 Vixen ED81s 625mm×2(1250mm) 1/4sec

冷え込みは激しかったものの、何枚の毛布を掛けたお陰で、温かく熟睡できました。
翌朝の温度はマイナス3℃まで下がり、一面の霜と氷の世界が待ってました。

_3001253-1.jpg

山肌に日差しが差し込む頃、古民家を後にします。
そして、大芦川の流れに魚の影を探します。

_3001291-1.jpg

カメラを片手に、流れの中に目を凝らせば、明らかに尺を超える大物混じりに、沢山のヤマメの姿が
確認できました。

_3001288-1.jpg

地元にいながら、この川の上流の古峯ヶ原にある古峯神社には一度だけ、それも、主社まで行ったこ
とがなかったのですが、今回は奥にある庭園に初めて入ってみました。

_3001310-1.jpg

杉の大木に囲まれた日本庭園を巡り、茶屋でおしるこをすすり、久々にのんびりとした散策を味わい
ました。

_3001324-1.jpg

今年もあと3週間で終わりです。
何とか怪我もなく、病気もせずに一年を過ごせました。
来年もそうであるよう、せめて、もうすこし軽くなるように努力いたしますね!笑!

NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)
別窓 | FLY | コメント:22 | トラックバック:0 | top↑
| 谿に遊ぶ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。