l 谿に遊ぶ 2008年12月12日
FC2ブログ
我が愛妻、Para-Miyuki 843を持ち、溪に立つ。 溪魚の鼓動が妻の手から伝わり、水面が割れる。
<
meteor showerⅡ 何しに行ったの?
2008-12-12 23:43
満月の月見と一緒に流星も楽しむ・・・

世の中そんなに甘くない・・・!
天頂に輝く満月の光量は思った以上に強く、調度、ふたご座付近にあるため、マイナス等級
のバーストでも結構厳しそうでした。
とりあえず、新しい鏡筒のファインダー合わせをして、月でも撮ってファーストライトにしようと
思い、組み上げると・・・一面に雲が・・・あ~らら・・・



見た目ほど重くはないけど、それでもウェイトを目一杯端に寄せてもバランスがとれません。
前後のバランスもとれないので、重量オーバーと相まって、赤道儀に負担がかかりそうで
す。
バランスさえ取れれば、多少の重量オーバーは大丈夫なので、ちょっと対策を考えます。

はじめての反射系の鏡筒ですが、なるほど、外気に馴染むまでは陽炎のように像が揺れ
ます。
華奢なアリ型レールのため、鏡筒自体も微振動してます。
本番を迎える前から、先行きの玉砕が目に見えてしまいました!笑!
スポンサーサイト



別窓 | Astronomic | コメント:20 | トラックバック:0 | top↑
meteor shower
2008-12-12 00:14
今年もふたご座流星の季節がやってきました。
が・・・
今年の極大である今日明日は丁度ふたご座からオリオンにかけて満月が煌々と照りつける
最悪のタイミングになります。
それでもマイナス等級の火球が流れれば、もちろん肉眼で確認できますし、流星の数では、
例年、期待を裏切らないので、今年は月見と一緒に楽しんでみては如何でしょうか?

↓は3年前に撮影したふたご座流星です。



その後も何度か流星の撮影をしましたが、このときの火球が撮影できたものとしては、一番明るい
ものとなりました。
肉眼では、最大マイナス6等級(金星が-4.4等級)の大火球を見たことがありますが、やはり、撮影
での成功率はギャンブルです。

明日の晩は赤道儀で追尾しながら長めの露出で撮りたいのですが、月の明かりでかぶりますので
真白けな夜空になりそう・・・!^^;

この撮影場所は南に市街を見下ろしてますので、光害が酷いですが、南に開けておりますので、
普段は見られない星も見ることができます。
全天空中、シリウスに次いで2番目に明るい星ですが、北半球ではあまりに高度が低いので、
普段はあまり目にすることがない、カノープスです。

DSC_3566_20051130.jpg

光の屈折により、普通ならば赤く見えるカノープスでしたが、この日は空気が澄み渡っており、結構
明るく映っております。

都会でも高層ビルの高い場所ならば、真南のやや東側、オリオンの小三ツ星が示す方向、地平線
の際に光るこの星を見ることができるでしょう。
別窓 | Astronomic | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
| 谿に遊ぶ |