l 谿に遊ぶ 2008年12月30日
FC2ブログ
我が愛妻、Para-Miyuki 843を持ち、溪に立つ。 溪魚の鼓動が妻の手から伝わり、水面が割れる。
<
off-axis guider
2008-12-30 15:33
長焦点のオートガイドで必要なアイテムが届きました。

オフアキシスガイダー、直訳すると”軸外ガイダー”です。
早い話が、鏡筒から入った像の端っこの一部をガイド用として利用するためのパーツです。
同じ鏡筒の星像を使うので、ガイド鏡方式と違い、マウントの撓みや剛性によるねじれ等の
影響がありません。
ただし、いつも都合よくガイド星があるとは限らないのがネックですが・・・^^

Celestron Radial Guider


このパーツも海外サイトでは90ドルほどで販売されていいますが、輸出規制品なのか、日本の
代理店経由でしかだめなのか、販売してくれませんでしたので、仕方なくちょっと割高ですが、
国内で手配しました。
それでも、他の専門店オリジナル品よりも割安です。

このメーカーの反射鏡用で作られたものですので、そのままでは私の鏡筒には取り付けられま
せん。

鏡筒側が2”×P1、カメラ側がM42×P0.75ですので、鏡筒側にBORG”7502・7901”を、カメラ側
はTリングが直接入りますので、ビクセン鏡筒ならばほとんど利用でき、合焦します。
”7901”の代わりに”7425”を使えば、ビクセンの2”スリーブにそのまま差し込めます。

ガイドカメラは先日入手したMEADE DSIⅡですが、ニコンのカメラならばガイド側の方が3mmほど
光路長が長いので、スリーブから3mm浮かせれば両方が合焦します。
例えば、nikonのフランジバックは46.5mmで、Eosは44mmと、Eosの場合は2.5mm短いので、そのまま
の状態でガイド星はほぼピントが来ると思います。

Eosよりも更にフランジバックが短い他社のカメラの場合は、BORGの”7423”をTリングとオフアキの間
に入れれば5mm稼げます。
私はオフアキとカメラボディーの干渉を避けるため、"7423"を入れましたので、8mmほどガイドカメラは
浮かせて合焦させてます。

さて、オフアキでのテストを兼ねて、昨晩は夜更かししてしまいました。
結果は良好、風さえなければ安定したガイドをしてくれますし、ガイド星の導入も6等星くらいまで
ならば十分ガイド星として使えそうですので、よほど過疎地帯でなければ、ガイド星探しに困る
ことは少ないでしょう。
また、ガイド側が独立していて、止めネジを緩めると約1/3ほど回転しますし、調整ネジでプリズム
も上下しますので、ガイド星を導入する範囲も広がります。←これは便利です♪


_3001362.jpg
スポンサーサイト



別窓 | Import | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
| 谿に遊ぶ |