l 谿に遊ぶ 2009年05月
我が愛妻、Para-Miyuki 843を持ち、溪に立つ。 溪魚の鼓動が妻の手から伝わり、水面が割れる。
<
スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
道の奥
2009-05-31 13:58
県南、遠野近郊の谿は渇水でした。



唯一、水量豊かな谿でヤマメやイワナが遊んでくれました。
前回のリベンジ・・・

引っ越したようです・・・^^;

P5280010.jpg

P5280004.jpg

P5280007.jpg

この日、とある堰堤の尺イワナのポイントへ下りる仙道で・・・
ズルリと滑って背中から尻もち?
イブニングでイワナを釣るまで気がつきませんでしたが、ランディングネットが木っ端微塵に・・・orz

渇水の県南を諦めて、一気に北上、未開の地へ向かいます。
夜は高速道路のSAで一夜を明かしました。

20年以上も前の雑誌に載っていた渓です。
ヤマメの良型が出るらしいのですが、上流へ行くとイワナばかり・・・
クマも出そうな雰囲気ですので、下流の人家がある付近へ・・・

P5290017.jpg

こちらはヤマメのテレトリーでした。
釣れるヤマメは7寸以上、8寸がアベレージです。

P5290016.jpg

で、本日最大は、逝ってしまったネットをバックに・・・笑!
P5290021.jpg

28cmの豊満ヤマメが出てくれました。
P5290026.jpg

近くの谿を散策しながらヤマメやイワナと戯れて、3時にはロッドを仕舞って南を目指します。
岩手の南端から北端まで舐め回した2日間でした。

DSC_2970.jpg

秋田の住人の家に棲む妖精♪
DSC_2981.jpg

御宿紫亭に一夜の宿を求めました。
山菜豊富な夕餉に湯に寝場所・・・帰りには手土産まで!
竜宮城の浦島太郎になった気分でした!笑!
本当にお世話になりました。御礼♪

最終日は、亭のご主人と谿を巡ります。
P5300034.jpg

昨日のうちにご主人が治してくれたネットで改めて入魂です♪
P5300031.jpg

2日間、初めての渓ばかりを巡って、新鮮な楽しさを味わえました。
数もサイズも度外視して、こんな釣りの旅も・・・「あると思います!」^^;

P5300036.jpg
スポンサーサイト
別窓 | FLY | コメント:26 | トラックバック:0 | top↑
Nikko Yukawa
2009-05-24 21:17
みゃ~どの国から遥々やってきたterryさんを迎え、湯川でキャンプ釣行となりました。

_3001848.jpg
NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)


初日は汗ばむほどの陽気で、虫っ気ムンムン♪
活性も高くて、爆釣とあいなりました。^^v

P5230001.jpg

久しぶりに会う仲間も、ブログでは馴染みでも、初めてお目にかかる方も、皆、旧知の仲間のように
釣りを楽しみました。

DSC_2958.jpg
NIKON D80 AF-S DX Zoom Nikkor ED 12-24mm f4G (IF)

ライズするブルックに嵌るterryさん
P5230010.jpg

それを見守るヤジ馬たち
P5230012.jpg

P5230004.jpg

しかし、午後3時を超えると、嘘のように活性が悪くなり、スイッチオフ・・・

DSC_2962.jpg

渓魚の気持はわかりません!^^;




_3001872.jpg
NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)


キャンプの夜は満天とまではいかないまでも、夏の天の川が姿を見せてくれました。

天の川を挟んで、こと座のベガ(織女星)と、わし座のアルタイル(牽牛星)
DSC_1161.jpg
NIKON D50改 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)


このベガとアルタイル、そして、はくちょう座のデネブが夏の大三角形を形成します。

こと座とはくちょう座
DSC_1164.jpg




一夜明け、2日目も湯川で過ごします。
この日は湯滝側から、午前中の短い時間でしたが、クレバーになったブルックとのやり取りを
楽しみました。

P5240025.jpg

湯川では倒木が重要なストラクチャーになります。
このブルックも倒木の上流側脇スレスレでライズしておりました。
上流に回り込み、フライをスレスレに流し込むと、たまらずアタックしてきました。
お世辞にも湯川の水は綺麗とは言えませんが・・・

P5240014.jpg

楽しい2日間が終わりました。
待っていたかのように、雨雲が空を覆います。
帰宅後には雷雨となりました。
春の空と夏の空の鬩ぎ合いが始まりました。
季節は初夏へ・・・
谿が潤いを取り戻す、梅雨の季節がそこまで来ています。

_3001852.jpg
NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)


集合写真はギャラリーへどうぞ♪

別窓 | FLY | コメント:34 | トラックバック:0 | top↑
竹割から火入れまで
2009-05-21 21:22
今日も真夏日、暑い一日でした。

竹のフレイーミングは、バーナーの火が揺れないよう、風の無い日を選んで行いますが・・・
ちょっとこれでは暑すぎます!--;;;;

今回は3ピース用の竹を割りました。
今現在、3ピースのバックオーダーは無いんですが、私が使っている3ピースのTIPを再制作する
のに、スプリットがありませんでしたので、それ用です。
また、手持ちの”ARCTURUS”の2ピースのバット側が破損したため、グリップがもったいないので
3ピースに作り替えようと、ミドルセクションを制作してバットとTIPを切り詰めてやろうと思ってます。



割ってからフレーミングを施し、更に4等分した後、ノードプレスを行い、ミリングマシンで荒削り、バイン
ディングしてから火入れを行います。

P5210005.jpg

もっと早くやっておけばハイシーズンに間に合ったかもしれませんが・・・
古いプロトタイプのロッドを予備にしてますが、現在使える気に行ったアクションのロッドは6’6”の3ピ
ース1本のみの状況です。
抱えている注文品の制作の合間を縫って、なんとかしたいと思います。^^v
別窓 | Bamboo Rod | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
柳の下のポニョ
2009-05-19 23:26
今日も平日釣行♪
場所は先週の39cmの渓・・・ドジョウは2匹いるのか?

で、現地に着くと先行者の車が・・・でも、どこかで見たことある車だぞ。

入渓後、39cmポイントを前に準備していると、下流からFFマンが上がってきました。
ニコニコ顔が近付いてきますが・・・あら、F田さん!



F田さんに39ポイントをお譲りしましたが、出ませんねぇ~!
で、タッチ交替してフライを落とすと、フライの近くで波紋が・・・いました♪
ハッキリと確認できませんでしたが、同じイワナか??

その後は出てくるのはお子様サイズばかり。

ポ~ニョポニョポニョ、イワナの子♪爆!

でも、そんな中で、この渓特有のイワナが出ました。

P5190006.jpg

普通のニッコウイワナもいますが、山吹色の斑点のイワナが偶に出てくれます。

イブニングまで頑張りましたが、25cmとまりで終わりました。
特に、午後の活性の悪さは酷いものでした。
好天でまだ若干の雪代が入ったのか、水温も低めででした。
別窓 | FLY | コメント:10 | トラックバック:1 | top↑
Record
2009-05-14 19:33
今日は平日釣行です♪
天気予報では午後から風が強まり、俄雨も・・・と!
我が町では最大瞬間風速20メートルだったそうで、もちろん、もろに北西風を受ける越後は・・・

馬鹿ですねぇ~!笑!

でも、到着した時は青空も見えてたんですよ。
P5140016.jpg

10時に渓に降り立ち、最初のポイントで小さい反応があり、渓魚も遡ってきていると確認出来ました
が、フッキング出来ず・・・尺ポイントでしたが、御留守のようです。

その上の何気ない対岸の巻き返し・・・
お馬鹿な私に女神が微笑んでくれたようです。
P5140015.jpg

ラインを1メートルほど出して、フライをポトリと落としますと・・・
大きな頭がヌワ~っと出ました。
フライを咥えたのを確認して、一呼吸置いて合せました。
GWにバラしたイワナの重量感が蘇ります♪^^

ゆっくりと流れを横切らせて、ランディング!\(^o^)/
40cmに僅かに届かない39cmでした。
P5140014.jpg

大きな頭♪
P5140011.jpg

大きな尾鰭♪
P5140010.jpg

もちろん、この渓での最大記録です。
隣の渓では釣友が46cmというお化けイワナを釣ってますが・・・^^;
 
自己記録を1cm更新しました♪^^
P5140009.jpg

その後、8寸が最大で4匹追加したあたりから、雲行きが怪しくなり、雨、風・・・霰まで!!
気温6℃で10メーター以上の風と雨はさすがに堪えまして撤収となりました。

やっと越後の渓もイワナの季節になりました。
ハイシーズン到来です。
愛車も60000km超えましたが、これからが遠征真っ盛りになりますわ♪^^v
別窓 | FLY | コメント:40 | トラックバック:0 | top↑
Standard
2009-05-11 23:41
今日はアカサカさんへ集金ついでにお買いものです。
このところ、会社は5時定時ピッタンコに退社ですので、家に帰り、夕食後にゆっくり出かけられます。
買ったものはラインとラインクリーナー、リーダーとフックです。

ラインはまだ暫くは今ので頑張ってもらいたいのですが、そろそろ細かなヒビが見られるようになりま
した。
浮力も落ちてきたようで、これまではジェルのフロータントを指で擦り付けていましたが、持続性に難
点がありますし、ペーストタイプのクリーナーは浮力と水切れに不満がありました。
そこで、専用のもので良いものはないかと物色していまして目についたのがコレ。

Revitalizer
_3001844.jpg

触った感じではかなり粘度が高く、多量に付けないように注意が必要のようです。
指先でこねて乾かしてから水を掛けると、かなり撥水性が高く、指を擦ったり、ティッシュで拭いても
撥水してます。
持続性はかなり良いかと感じました。
これで、ヘタレたラインもメンディンぐ性が復活すると思います。
大きさはかゆみ止め軟膏のチューブよりも小さめで、価格は2千円ちょっとと、かなり高価ですが・・・




ラインは定番の3Mの最新版です。
何種類ものラインを試した結果、やはり、これに落ち着いてしまいました。
ULTLA4の後継版になり、名前も一新されました。
色は・・・・アイボリー・・・!モロ、白です!笑!
本当は、今流行りのサメ肌のラインに心が動いたんですが、11000円は・・・ムリです!^^;

3M SUPRA
_3001843.jpg




フックも私の定番の102Yです。
多用するのは#15ですが、今回は#13で、これもまた定番の、このフライを巻くためです。

Partridge caddis
_3001840.jpg

盛期のイワナの、私の定番のオリジナルパターンです。
最近はウィングにはパートリッジを使うことが少なくなりましたが・・・!笑!
ウィングはシリコンコーキングで固めておりますので撥水性抜群です♪^^

さて、3勤4休になりまして、明日はお休みなんですが、明日は竿の日といたします。
でも、週末までは1日くらい平日釣行に行きたいですわ。^^v

NIKON D300 Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/50 ZF
別窓 | FLY | コメント:18 | トラックバック:0 | top↑
GW
2009-05-06 14:51
病み上がりです・・・^^;;
帰宅時38℃あった体温はやっと平熱に下がりましたが、体の節々が痛いです。
最終日は渋滞を避けて会津まで上って?から、最後を締めくくる予定でしたが、峠道のカーブで
運転しながら車酔いしたので、あれれ?と思いながらも、ウェーダーを履くだけで息が上がり、汗びっしょり・・・

再度合流したshojiさんと、shikadaは本流へヤマメ祭り(後?)へ・・・!笑!
私は、試しに小渓でイワナのご機嫌を探ろうとしましたが、こちらのご機嫌が良くないみたい。
釣り場で3時間、帰宅後に14時間、たんまり睡眠をとりましたわ!笑!

前置きが長くなりましたが・・・!笑!

今年のGWは初めて遠征をすることにいたしました。
今まで、雪代が明ける時期としては微妙な東北へは、渋滞と人出も相まって避けておりました。
今年は雪が少なくて、雪代も明けが早いようですが、それでも水量は多めでした。

季節の巡りが早めの遠野周辺ならばなんとか遊べそうですので、今回は遠野を基点として3日間
を巡ることにいたしました。



初日は前入りのshojiさんと、同日入りのkomさんと3人で美渓を攻めます。
水量は若干多めですが、幸先よくkomさんにヤマメがヒットしました。

P5020010.jpg

P5020001.jpg

P5020004.jpg

私にもイワナが来ましたが、いつの間にか前後には沢山の釣り人が押し寄せてきて、反応が無く
なりましたので渓を変えます。

P5020012.jpg

ここは私も初めて入る場所ですが、なかなか大場所揃いの美渓でした。
イワナの数もそこそこいるようでしたが、時期的にまだ早いようで、ライズの一匹だけに終わってしましました。

P5020015.jpg

最後にイブニングを締めくくるのは去年も何度か足を運んだ渓です。
目立ったハッチもなく、ライズの釣りは出来ませんでしたが、最後に泣き尺イワナがお目見えしてくれました。

P5020022.jpg




2日目はshikada夫妻と仙台のI氏が合流し、二手に分かれての釣りです。
shojiさんと、komさんと私は北上、shikada夫妻とI氏は南下しました。
私達が行った渓の核心部はまだ水量が多く、遡行が難儀な状況でしたので、最上流部に行きます
が、皆さん同じ状況で、最上流部に釣り人が集中してしましました。

DSC_2943.jpg

そんな中でも満遍なく釣果を延ばすのはkomさんです。
この日、下流に釣り下がったshojiさんも良い釣果だったようです。

DSC_2942.jpg

やはり、最後のイブニングはいつもの渓で締めくくりました。
サイズこそ大きくはありませんでしたが、日中の不審を挽回してくれるには十分でした・・・!汗;;^^
ここでshojiさんとkomさんがお帰りになりまして、shikada夫妻、I氏とジンギスカンで鋭気を養いました。




3日目・・・
どこに行くか迷いましたが、初日の新規の渓の脱渓点から上流にいたしました。
ここではshikadaオトンが絶好釣♪

P5040027.jpg

P5040030.jpg

私は・・・

やってしまいました。
小さなスポットに投じたフライを咥えた、拳大の頭・・・
落ち着いてゆっくり合わせた瞬間にずっしりと感じた大物の重み、ロッドが大きく曲がり、イワナの
抵抗に両手で矯めていた後、その抵抗が何事もなく軽くなります。

バ、ヴァレた~!!

ああぁ・・・orz

まぁ、大きいのが居たと判ったということで・・・

良い渓を見つけましたよ・・・涙;;;

_3001838.jpg

イブは毎度おなじみの渓で28cmをやっつけましたが、記憶に蘇るあの場面に喜びも半減です。

P5040037.jpg

Uターンラッシュの恐怖から、1日繰り上げて南下して会津で最終日をすることにして、水光園で
汗を流し、善兵衛でとんかつ、さほど渋滞に嵌らずに途中のSAで仮眠をとったあたりから体調が
おかしくなりました。
湯冷めしたのか、体力の消耗か、結構タフな渓を廻った3日間でしたので、さすがに疲れが溜まった
のかもしれません。
オジンには3連チャンまでが限界のようですわ!!^^v
別窓 | FLY | コメント:32 | トラックバック:0 | top↑
para-miyuki873
2009-05-01 14:59
私のテーパーの中で、最も多く制作しており、最も熟成されたテーパー&レングスです。
素直なパラボリックですが、張りがあり、アクションはファストの部類になりますので、手返し
良い釣り方を好む方に向いています。
逆に、ロングレンジではスローなキャストでラインの重みをバットに貯めて、ロッドの反発にまかせる
だけで、素直にラインが伸びていきます。

本日、佐野のアカサカ釣具さんに納品いたします。


NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED17-55mm f2.8

_3001830.jpg
NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED17-55mm f2.8

その足で、北に向かいます。
GW中の遠征はなるべく避けていましたが、今回、初めて禁断の木の実を食べます。
どれだけの混雑になるかは想像がつきませんが、メジャーを避けて、こっそり小河川で遊んでいる
かもしれません。




PS: shojiさん・・・尺上2本獲ったそうです・・・!
別窓 | Bamboo Rod | top↑
| 谿に遊ぶ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。