l 谿に遊ぶ 2009年08月
我が愛妻、Para-Miyuki 843を持ち、溪に立つ。 溪魚の鼓動が妻の手から伝わり、水面が割れる。
<
スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
晩夏・・・東北
2009-08-31 20:50
シーズンも残すところ一ヵ月となりました。
めっきりと涼しくなって、過ごしやすい季節になりましたが、これからは渓魚達も恋の季節が
始まりますので、毛鈎よりも異性を気にするようになります。
秋は渓魚の恋路を邪魔する横恋慕の厳しい釣りです。

初日は、遠野のお客様への納品を兼ねて(計画的ではあるが)周辺の渓を巡りました。


NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)

入渓一番で可愛いサイズのヤマメが掛ります。
お父さんを呼んできなさい!っと、リリースすると、その上のポイントから、9寸のお父さんが・・・

P8270007.jpg

秋色に染まった魚体が綺麗です。

イワナの支流では先行者がおりましたので、未踏の区間しか空いていません。
ここでは、時間が読めませんので、10メートルの遡行で1匹だけで終了♪笑!

P8270013.jpg

イブに選んだ渓は渇水で魚っ気無しでしたので、通い慣れた「イワナが沸く・・・」渓で遊びました。
2年前の洪水で大打撃を受けましたが、大分、魚が戻ってきたようで、50メートルでツ抜けました。




2日目は一気に北上してヤマメの渓で遊ぶ予定でしたが、目覚めると雨降り・・・
ウダウダとしながら、雨が小降りになったのを見計らって出撃!・・・お昼になっちゃいました。

P8280019.jpg

P8280022.jpg

濁りが入り、増水気味でしたが、何とか8寸ヤマメが遊んでくれました。

その後、秋田へと向かう途中にロッドを出しながら、徐々に移動しまして・・・
八幡平では国家権力にカツアゲされつつ、温泉で気持ちを切り替えて、紫亭へ・・・
あぁ・・・9センエン!




_3002222.jpg
NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)

紫亭でご主人女将さん&姫&小姫とのひと時を過ごして、一夜明けて、到着したshojiさんの声で
目が覚めました。

秋の乾いた空気の中、3人で渓を歩きます。
夜半に降った雨のため、増水気味でしたが、引き際の活性のよいタイミングに・・・

P8290028.jpg

入渓直後から好反応が続きまして、幅広のヤマメがロッドを曲げてくれました。

P8290038.jpg

P8290040.jpg

P8290039.jpg

夜の田沢湖畔の紫亭は、絶好の星観ポイントでもあります。
このところ、夜間の空に恵まれなかったので、庭先で撮ってみました。

夏の大三角形
DSC_1190-k.jpg

中央右にデネブ、右下がベガ、左下にアルタイルの2等辺三角形がわかりますか?

田沢湖とアンドロメダ銀河(写真左上)
DSC_1192-k.jpg

NIKON D50改 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)
iso800 f2.8 30sec×1枚をダーク減算処理




最終日はシミツの渓に向かいます。
期間限定、前人未到のネイティブイワナの渓ですが・・・

気温低下でイワナのスイッチが落ちてしまったようです。orz

DSC_3064.jpg
NIKON D80 AF-S DX Zoom Nikkor ED 12-24mm f4G (IF)

それでも、林道のない、森の中を縫うように流れる未開発の渓は見事です。

DSC_3058.jpg
NIKON D80 AF-S DX Zoom Nikkor ED 12-24mm f4G (IF)

苔むした倒木、倒木で出来た自然の堰・・・
植林された杉の間を割って出るように、ブナの巨木がそびえ立ちます。

DSC_3062.jpg
NIKON D80 AF-S DX Zoom Nikkor ED 12-24mm f4G (IF)

小さいながらも、この渓で生まれ育った、生粋のネイティブイワナにも会えまして、渓を上がります。

最後は、昨日の渓で締めくくります。

DSC_3076.jpg
NIKON D80 AF-S DX Zoom Nikkor ED 12-24mm f4G (IF)

すっかり水量が落ち着きましたが、入った区間は高巻き、ヘツリ・・・
およそ、私のお好みではありませんが、渓相と渓魚の美しさに負けてしまいました。

DSC_3072.jpg
NIKON D80 AF-S DX Zoom Nikkor ED 12-24mm f4G (IF)

P8300050.jpg

秋色に染まったヤマメも美しいですが、この渓の、透き通るような白いヤマメも綺麗です。
秋田美人は色白小町なようです。

楽しい4日間はあっという間に過ぎてしまいました。
秋田の渓は残り3週間になります。
もう一度行けるかどうか・・・

紫亭の皆さま、今回もお世話になりました♪

スポンサーサイト
別窓 | FLY | コメント:16 | トラックバック:0 | top↑
Import wood vol'3
2009-08-26 13:21
先日入荷したのは、ブラックアッシュバール・・・

アクリルでガチガチに固められておりまして、不安がよぎります。

_3002214.jpg

リールシート材としてはかなり高額な部類ですが、それよりも、材の脆さ、加工性の悪さが光り?ます。苦笑・・・

例えて言えば・・・雷おこし!
入荷したアクリル固めの状態では・・・コロッケ!

とにかく脆いです。

ホールを開けて旋盤のチャックに銜え、芯出しでショックレスハンマーでトントンと軽く叩いただけで・・・

_3002213.jpg

これが高価な訳ですか・・・
2次加工、矯正が難儀なのです。
グリップの成型でも、硬度差が激しいので、凸凹になります。
一応、トライしてみますが、上手く行っても後々割れの恐れがありますので、多分、お蔵入りかも・・涙;;

諭吉さんお一人・・・身投げです!

NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)
別窓 | Import | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
久々に・・・
2009-08-25 22:06
お盆を過ぎて、しばし竿つくりの時間を楽しみまして、乾燥の時間をとりますので(無理やり?)
明日の晩から東北に行ってきます♪

前半は遠野のお客さんにEX Tipをお届けがてら、近辺を巡ります。
後半は紫亭のおやじさんと、初秋の秋田の渓を楽しむ予定です。

星空も秋の気配が・・・

NIKON D50改 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)
iso800 f2.8 90sec×3枚をダーク減算後コンポジット

盛期に比べれば、初秋の渓は厳しさ倍増、あまり、良い釣果には恵まれませんが、婚姻色の入った
魚体は木々の紅葉にも勝るとも劣らない美しさを感じます。

大きさ、数・・・
もう、どうでもよいです。
綺麗な景色と、綺麗な魚体をカメラに収めたいと思います。

久しぶりにデジイチ持って、渓をのんびりと遡りたいと思います。
別窓 | FLY | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
Personal import of building parts
2009-08-19 14:17
PACIFIC BAY titanium nitride snake guides


Miyuki-Rodでは標準仕様として、金具色合わせが黒染めならば、チタニウムカーバイト、ゴールド
ならばチタニウムニトライドのスネークガイドを使います。
シルバーの場合は、チタニウムカーバイトかクロームコートの選択となりますが、単価はクロームコート
に比べると3~4倍になります。

国内で購入する場合、高いショップでは300円を超える単価で販売しておりますが、一番安い宮城
のショップでは3割近く安く買えます。ただし、在庫が常時有るとは限りませんので、今回は、オハイオ
のショップから直に購入することにしました。

送料が30ドル近くかかりますが、合計で100個近く購入するのであれば、国内最安値よりも更に2割
ほど安く購入できます。
ショップがカード決済可能か、paypalでの支払いが可能であれば、簡単に購入できます。

大企業がコストダウンに躍起になっている今、個人だって頑張らなければなりません!^^v

NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)
別窓 | Bamboo Rod | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
Import wood vol'2
2009-08-18 16:49
お次はオーストラリア原産のユーカリ属のYork gumです。
ユーカリ属は600種類ほどありますが、Red mallee・Yellow mallee・Brown mallee・Yellow box等
が良いバール材として知られています。

York gum
_3002202.jpg

_3002202-1.jpg

NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)

York gumの中でも、これは淡いクリーム色が優しい色合いの部分を選びました。
この後、瘤目のハッキリしたエキゾチックなものも取り寄せる予定です。
別窓 | Import | コメント:10 | トラックバック:0 | top↑
夏の夜空
2009-08-17 21:32
ペルセウス流星群の極大後、初めてスッキリと晴れた夜空に、カメラと赤道儀を担いで裏山へ・・・

あわよくば流星もフレーム内に納めたかったけど、唯一確認できたのは、無情にもフレーム外に流れ
た一つだけに終わりました。
それでも、月明かりに邪魔される前のひと時、夏の夜空を楽しんできました。

天頂付近
090816_1.jpg
NIKON D50改 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)
iso800 f2.8 90sec×8枚をダーク減算後コンポジット

秋の気配を感じさせる、カシオペア座やNGC869、アンドロメダ座のミラク、そしてM31アンド
ロメダ大星雲が東の夜空を飾ります

090816_4.jpg
NIKON D50改 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)
iso800 f2.8 180sec×1枚をダーク減算処理後トリミング

夏の天体撮影は、蚊との戦いです。
今回はdeetをスプレーして挑みましたので、まったく大丈夫でしたが、体がdeetと汗で気持ち悪いの
が難点です。
別窓 | Astronomic | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
Import wood vol'1
2009-08-17 14:47
個人輸入の最大の目的は、この、ウォルナットバールを手に入れることでした。
国内のオークションでは出モノがなく、ebayの日本語サイトでは生木の輸入は禁止ということで
前回はキャンセルされてしまいました。

今回は、海外向けの発送が出来る業者を選び、アメリカebayで購入しました。

CLARO WALNUT BURL

NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)

クラロウォルナット:北米西海岸のカリフォルニア北部に限定された地域に分布している希少種です。
           幹に瘤を作ります。

_3002190.jpg

_3002190-1.jpg

NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)

油分を多く含み、旋盤加工中は絶えず煙が発生します。
比較的軟らかいので、刃物による加工性が良くなく、ささくれ立ちます。
徐々にペーパーの粗さを細かくして、最後に磨きをかけると、妖艶な紋様が浮き出てきます。
表面の肌荒れがありますので、このまま塗装には入れません。
樹脂浸透後、目止めを行い、表面を均してからカシュー塗装に入ります。

今日、フィラー用だけ、オーストラリアからの材料が届きました。
ヨークガムです。
グリップ用も調達していますので、揃ったらご紹介します。
別窓 | Import | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑
Hebo会 in 開田高原
2009-08-15 16:29
ゲリラ豪雨&地震でスタートしたお盆休みです。
高速道路の渋滞必至ですので、今回は夜中出発、現地で仮眠いたしました。

3日間のozロッジでのHebo会反省会、スタートです。
今回はM画伯を迎えての楽しい3日間となりました。



初日と3日目は良かったものの、2日目は雨と低温による活性低下もありました。

P8120001.jpg

P8120006.jpg

P8120013.jpg

渓相は抜群で水は清らか、こんな時は・・・釣れません!

P8130018.jpg





お盆の期間中はペルセウス流星群の時期でもあります。
何度か流れましたが、僅かにフレームを外してしまいまして、今回は捉えることはできませんでした。

白鳥座と天の川
_3002155.jpg

月が雲の隠れると、昴が雲間から・・・
_3002161.jpg
NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)




P8130016.jpg


夏の開田高原ではすでに錆びの入ったタナビラも増え始めます。
高原の季節は、すでに秋の気配が忍び寄ります。

P8140032.jpg

里の渓では、まだまだ夏の魚体を見せてくれました。

P8140027.jpg

最終日、皆は高原のキャンプ釣行に出発していきました。
残った私とterryさんで下界の里を釣り歩き、私はまたもや蜂の一刺しに・・・
オレンジ色のシャツを着ていたからでしょうか、纏わりつく蜂を振り払った瞬間・・・怒られました!笑!

P8140023.jpg

イブまで楽しみ、キャンプサイトで宴会が始まっている頃、心配した渋滞もなく、ゆっくりと帰路につきました。




お詫び

星野撮影の時だったと思いますが、暗闇で弄っていたら、それまでの画像が消えてしまいました。
M画伯の作品制作時の様子、集合写真・・・
大変申し訳ありませんでした。
翌朝のツーショットのみ、無事に残っておりました。
別窓 | FLY | コメント:22 | トラックバック:0 | top↑
Precious wood
2009-08-10 00:31
蒸し暑く、夕方には俄雨の毎日です。
とてもとても、昼間の仕事はエアコン無しでは出来ません。
バンブーロッドの制作で一番の力仕事は、私の場合、実は、スクレーピングです。
人それぞれでしょうが、私の場合はスクレーパーというカンナは使いません。
粗めのペーパーで均すのですが、これが結構疲れます。
フレーミングした竹の表面はエナメル質部分は炭化しており、ペーパーの目詰まりを起こしますので、
一本毎に掃除機で清掃します。
火入れ後のため、竹の繊維自体も硬化してますから、すんなりと削れてくれません。
表面が飴色になるように均一に均して、この後、仕上げ削りに入ります。

_3002023.jpg

スクレーピングほどではありませんが、グリップやフィラーの磨きも曲者です。
硬く硬化したカシューは、磨くと風合いが増してガラスの様な光沢を放ちます。
そのためには、微細なコンパウンドで手早く磨き、すぐに、乾布で光沢を出すことが必要です。
一組のグリップとフィラーを磨くのだけでも、手首と指の関節が悲鳴を上げます。

amboyna burl


上は、Miyuki-Rodの定番、カリンバールです。
バラ科の花梨ではなく、紫檀や、黒檀と同じマメ科の大木の花櫚のことです。
赤や茶褐色、橙色、紅白、その部位や環境によって、色々な表情を見せてくれます。

Snakewood
_3002029.jpg

ARCTURUSに使用しているスネークウッドですが、ワシントン条約の希少品種に指定されており、な
かなか良いものが無い中、個人輸入で良いものが手に入りました。
生木は禁制品であり、スネークウッドはその中でも極めつけだと思いますが、パラフィンで覆われた
加工品として輸入できたと思っています。

bird's-eye maple
_3002032.jpg

Miyuki-Rodには珍しく、明るい色の素材です。
友人のロッドに使います。
バール材と違って軽く、塗装を施すと、光の屈折によって3D画像のような変化を見せてくれます。

arc
_3002040.jpg

おまけの、アークです!笑!
やはり、白黒のシンプルな色より、トライのような色合いが好きなのは、ウッドもワンコも一緒のようです。

餅は餅屋ということで、現在、海外のウッドショップからebayを使っての個人輸入を目論んでます。
海外通販を謳っている所ならば、禁制品などの扱いも慣れているでしょうから・・・

ウォルナットバール・ブラックアッシュバール・ヨークガムバールetc・・・
無事、手配出来たら、順次紹介いたします。

NIKON D300 Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/50 ZF
別窓 | Bamboo Rod | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
Again
2009-08-06 21:41
今日のH5は水少なっ!

前回同様、最初に28cmが来てから後は7寸止まり・・・



暑い!
国道の温度計は29℃ですが、風も無く、湿度が高いので全身汗疹が・・・

P8060006.jpg

やはり夏のH5は渋いです。
湯沢地区の渓は超渇水です。

P8060015.jpg

ツ抜けには届かずでしたが、感覚的には釣れない!って感じるのは何ででしょう!^^;
別窓 | FLY | コメント:21 | トラックバック:0 | top↑
雨の週末
2009-08-02 19:30
雨で釣りが出来ないなんて、ここ最近は記憶にありませんでした。
東北釣行でも増水こそあれ、釣りが出来たので、これもまた貴重な体験になりました。

西の師匠ご夫妻と待ち合わせたインター付近の渓相・・・orz


この渓で遊び、次の日は大好きな天空の渓で釣りをする予定でしたが、前日にOZさんから連絡があ
り、急きょ、木曾開田高原でリッチに過ごす計画に変更したのですが、初日も予定変更になりました。

岐阜の河川はどこも大増水、峠を越えて木曾に入ると、何とか釣りができそうです。
峠を越える手前の岐阜側の渓でもちょっとだけ振りましたら・・・

P8010004.jpg

このサイズが最大で、あとは木っ端の連発と、暴力的な流れに遡行を断念・・・、僅か15分の遡行で
終わりました。

さて、木曾側は増水しているものの、まだまだマシな状況です。
出だしでタナビラが、その後はヤマト系のイワナが連発、30分ほどで雷が鳴り出すまで祭り開催で
ありました。

P8010010.jpg

P8010011.jpg

その後、車の中で雨が小降りになるのを待ちながらお昼寝zzz・・・
2時間ほど快眠させていただき、雨の合間に10分、祭り再開でしたが、今度は本格的に降り始め、
止みそうもないので、撤収になりました。

P8010006.jpg

正味1時間の釣りでしたが、12匹の釣果に、ほぼ満足できまして、OZロッジに向かいます。
西の師匠は岐阜高山の観光のみで、実釣ナシ!
結局、2日間、ロッドを出さずに終わってしまいました。

P8020022.jpg

今回は少人数で、しかも、みな高齢者・・・私が最年少ってのも珍しい・・・!笑!
そんなわけで、寝るのも早い♪
夜8時には消灯になりました。^^

P8020023.jpg

夜半から断続的に強く降る雨音で何度か目を覚まし、11時間の爆睡の後も、外は雨・・・
まったりとログの中で時間が過ぎて行きます。
高速道路の渋滞が始まる前に自宅へ帰りつきました。

木曾を出てから自宅まで、雨、雨、雨・・・
この梅雨はいつ明けるんでしょうか。
真夏の渇水の前に、禁漁が来てしまいそうなエルニーニョな日本の夏です!
別窓 | FLY | コメント:34 | トラックバック:0 | top↑
| 谿に遊ぶ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。