l 谿に遊ぶ 2009年09月
我が愛妻、Para-Miyuki 843を持ち、溪に立つ。 溪魚の鼓動が妻の手から伝わり、水面が割れる。
<
スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
〆!
2009-09-30 20:03
ホントの最終日になりました。
今年お世話になったH5で〆ました。

結局、今年の尺上はここだけ・・・

結局は・・・ヘタクソなんよ!
P9300006.jpg

ここのイワナは水温に敏感です。
寒くなった最終日は、数はそこそこ出たものの、このサイズが精一杯でした。
P9300004.jpg

イワナがダメなら、ヤマメちゃん♪

でも、この渓のヤマメは今まで8寸が最大です。

と・・・思ったら・・・

P9300022.jpg

いるんですねぇ~♪

P9300023.jpg

だいぶ錆びが入ってきていますが、精悍な顔つきのオスです。
とにかく、体高がすごくて、手のひらからはみ出します。

〆〆(シメシメ!笑!)
P9300024.jpg

先客だらけと思ったけど、誰もいない渓を独り占め♪
でも、これで満足しちゃったので、行程の1/3で終了しました。

これにて2009年シーズンは終了しました。
明日からは星観モードにビルダーに専念します!
楽しい思い出を与えてくれた方々に感謝いたします♪
オフシーズンも宜しくお願いしますね♬
スポンサーサイト
別窓 | FLY | コメント:20 | トラックバック:0 | top↑
〆?
2009-09-28 19:39
今年の最後の週末は木曾にて終わりにしたいと、OZロッジのご主人にラブレターを送ったら、OKの
返事を貰いまして、早速アークを連れて行ってきました。
今回はozさん、daikyuさん、急きょ参加になりましたkazuさんとの4人と1匹、日曜にshikada夫妻が
合流です。

午前中は木曾川本流で遊びましたが、小さなタナビラとミノーサイズのう~様で終わり、ozロッジで
皆さんと合流、ozさんとdaikyuさんは近所の渓へ・・・
私とアークはお昼寝となりました。

夢心地のその頃、daikyuさんが記録更新のデカヤマトを釣ったようですが、夕刻に入ったいつもの
区間は超渇水でライズはあれども貧果となりました。

DSC_3236.jpg
NIKON D80 AF-S DX Zoom Nikkor ED 12-24mm f4G (IF)

ここ最近、アークと釣り歩くことが続いておりますが、決して釣果は良くないものの、楽しい釣りが出来
ております。
人間ならば簡単に越せるような岩場も、ワンコにとっては難関です。
それでも必死になって追ってくる姿は健気です。

DSC_3239.jpg
NIKON D80 AF-S DX Zoom Nikkor ED 12-24mm f4G (IF)

いつもよりも少人数のozロッジでは、今回はdaikyuさんの記録更新祝賀パーティーとなりました。
少年に還ったように喜ぶ姿は、自分も今シーズン、記録更新しましたので良く分かります。
これがあるから、やめられませんのですわ♪^^

_3002389.jpg
NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)

翌朝、雨音が聞こえる朝になりましたが、kazuさんが一足先に帰る頃にはすっかり雨も上がって、東
の空が明るくなってきました。
やがて、shikada夫妻が到着、今日はロッドの納品を兼ねておりましたので、早速、入魂してもらいま
しょう♪

出かける頃には秋晴れ、今日も暑くなりそうです。
_3002397.jpg
NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)

午前中は里川で時間を潰し、午後から、昨日daikyuさん達が入った区間に挑みます。・・・が・・・
先行者の車がおりました。
仕方なく、上流区間で時間を調整して・・・

P9270002.jpg

期待していたヤマトは出ませんでした。

先行者の足跡がくっきりと残っている後を釣り上がりましたので、流石に反応が悪いです。
入渓してすぐに6寸ほどのイワナが出ましたが、やはりヤマトではありませんでした。
そして、ロッドのオーナーのtabiさんも、無事入魂を果たしました♪

入魂♡
DSC_3256.jpg

やったね♪
DSC_3266.jpg

NIKON D80 AF-S DX Zoom Nikkor ED 12-24mm f4G (IF)

今シーズンもあとは平日3日間を残すのみとなりました。
オーラスの30日の渓は、どこも例年大混雑します。
解禁日と同様、お祭りのようなものです。

さて、どうしたものか・・・

てなわけで、今回が〆だと断言できないのでした♪^^;
別窓 | FLY | コメント:22 | トラックバック:0 | top↑
Finished
2009-09-23 20:03
今日でシルバーウィークも終わりです。
巷では5連休とかでしたが、ぷ~の私には関係ありませんし、釣り人芋洗い状態の谿に行っても
ストレスが増すばかり・・・、大人しく竿つくりに集中しておりました。

今現在も、まだ民族の大移動の真っ最中で、各高速道路は混雑していることでしょう。
そして、シーズンも残すところ一週間となりました。
釣り納めはまだ先ですが、一足先に竿の方が仕上げが終わって完成いたしました。

Para-Miyuki873
_3002347.jpg

定番のカリングリップです。
数字の873は87”(7’3”)の#3という意味です。

花櫚バール無垢グリップ
_3002348.jpg

NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)

アカサカ釣具の展示品が売れるまでは、Miyuki-Rodのサイトで販売します。
展示品が売れてしまったら、アカサカさんに卸します。




Para-Miyuki843
_3002363.jpg
NIKON D300 Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/50 ZF

こちらは嫁ぎ先が決まっているロッドです。
グリップは花櫚バールやスネークウッド以外で初めて他の銘木を使いました。

カリフォルニア クラロ ウォルナットバール
_3002353.jpg
NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)

他の銘木を選択するにあたり、私が一番欲しかった銘木が”カリフォルニア クラロ ウォルナットバール”です。
油脂分を多く含み、暴れのある材質で、塗装も手の掛る世話焼きな銘木ですが、それだけに、最終の磨きを
行った後の輝きは惚れぼれしてしまいます。

Stripper guide with white jade loop 24K gold plated
_3002366.jpg
NIKON D300 Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/50 ZF

そして、これも初物の24金メッキの白玉を使ったストリッピングガイドです。
今までは、金具の色合わせをゴールドにした場合、メノウガイドのオプションにゴールドが無かったた
め、シルバーで我慢していただいておりましたが、石の色が白限定でゴールドが手に入りました。

こちらは早速、この週末にオーナー様の元に嫁いでいきます。
何とか禁漁前に間に合いましたので、シーズン中に入魂して(出来れば尺上で・・・!笑)欲しいと
思います。
別窓 | Bamboo Rod | コメント:12 | トラックバック:0 | top↑
銘木フェチ
2009-09-20 16:32
バンブーロッドでウッドを使用する部分と言えばリールシートの部分になりますが、それは、あまりにも
控え目で目立たない存在です。
今でこそ色々な瘤材を使用したりしてますが、往年の西海岸の名のあるロッドの殆どは、スパニッシ
ュシダーやパドックといった比較的地味な、無地な素材が主流となっていました。

ですので、ロッドビルダーはウッドに関しては無関心であったのか、或いは、関心があっても主張する
場が無かったからなのか、ウッドに拘る度合いが低いように思われます。



その点、ネットビルダーはその殆どがウッド、ネットを除けば、ほぼ100%がウッドですので、この世
界では銘木フェチが当たり前。
むしろ、そうでない者の方が少数派では?と思います。

_3002341-2.jpg

Miyuki-Rodの場合は、オーダーの9割以上がウッドグリップをご指定いただいておりますが、当初は
フライロッドにウッドグリップの組み合わせは例がなく、少し経ってからロンクーシーがウォルナットを
使ったグリップを出しました。(多分、ウォルナットだと思いますが・・・)
そんな私の銘木フェチも、段々と熱を上げてまいりました。
最初はカリンに拘っていたので、カリン以外は興味がわきませんでしたが、いざ、他の銘木に手を出し
た途端に・・・!笑!

ウッドクラフトの世界で、特に銘木に関わっているのが、ビリヤードのキューや、ギター・ウクレレ等の
弦楽器、ウッドジュエリー・・・etc
彼らの拘りぶりには、相当驚かされますし、技巧のすばらしさも目を見張るものがあります。

世の中の銘木フェチの、何と多いことか・・・!
お陰様で、競争が激しくて、なかなか入手できません。

ネットクラフトやウクレレの素材で有名なハワイアンコア・・・
銘木フェチの中でも、虎目フェチとか、縮杢フェチとか言われるようですが、彼らに絶大な人気を誇る
この材料、今、狙っております。
別窓 | Bamboo Rod | コメント:10 | トラックバック:0 | top↑
Precious wood "York gum #3"
2009-09-17 23:35
このYork gumは、瘤目の詰まったエキゾチックな紋様が特徴です。
同じユーカリ属のYellow malleeのような感じです。
Yellow malleeもなかなか出物がなく、人気がありますので、入手出来ずにいます。
York gumも人気がありますが、Yellow malleeよりは出品が多いので、なんとか入手できました。

York gum #3
_3002343.jpg
NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)

_3002346.jpg
NIKON D300 Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/50 ZF

ユーカリ属の他の材料では、Yellow malleeの他、Red mallee、Brown malleeなど、まだまだ欲しい
銘木が沢山あります。

が・・・、銘木貧乏になりそう・・・!汗;;
別窓 | Bamboo Rod | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
またアークと・・・
2009-09-16 23:17
禁漁が近付いてきました。
今度の週末はシルバーウィークですので、民族大移動、各河川は釣り人襲来、魚より釣り人の方が
多いかもしれません。
塗装の乾燥中ということで、週末に突入する前にまたまたアークと行ってきました。

秋の気配が・・・


現地に到着すると、見覚えのある車が停まってました。kitaさんの車です。
が・・・、携帯を置いてきてしまいましたので、連絡が取れません。
いつもの入渓点に向かいますが、姿が見えません。
どうやら、車を停めた辺りから入ったようです。

入渓直後から反応がありますが、どれもチルドレンばかり。
先日の尺ポイントは留守のようでした。
しばらくは、小イワナ、小ヤマメばかりでしたが、やっと8寸イワナが出てくれました。

どんなもんだい!
DSC_3198.jpg

陽射しがあれば暖かなんですが、日が陰ると秋風が冷たいです。

オイラは快適だぜい!
DSC_3207.jpg

午後には風が強まり、気温が下がってきましたが、アークは寒くないのでしょうか・・・
感心なことに、ロングキャストするときは距離を置いて後方で待機しております。

早く釣れよ!
DSC_3215.jpg

その後も7寸止まりでしたが反応は良く、kitaさんが入ったと思われるところから脱渓しました。

車に戻ると、kitaさんの車がありません。
時間的に途中で脱渓したと思われますので、そこら辺から再入渓しました。

イワナは7寸クラスがそこそこ出てくれますが、大きいのが出ませんし、今回は姿を見せません。
いつも脱渓するポイントを通過して、更に上流の大場所で最後に良いのが出てくれました。
幅広のグッドコンディションでしたので、引き味よろしく尺上と思いましたが、とどきませんでした。

28cm^^v
DSC_3219.jpg

一旦上がって、上流に移動しましたが撃沈です。
合流したkitaさんは隣の渓に行っていたようで、ちょっとご一緒した後、イブに行かれるとのことで
お別れしました。

陽も傾き、午前中にkitaさんが入った区間に行ってみましたが、やはりまだまだイワナ達は隠れてい
るようで、反応ありません。
そろそろアークもお腹がすいてきたでしょうから、これにて終了♪

腹減ったなぁ・・・
DSC_3227.jpg

シルバーウィークはなるべく避けて、お仕事に集中します。
近場でお茶を濁して、最後は木曾でフィナーレとなりそうです。

NIKON D80 AF-S DX Zoom Nikkor ED 12-24mm f4G (IF)
別窓 | FLY | コメント:12 | トラックバック:0 | top↑
乾燥中
2009-09-15 13:28
ロッドもグリップ塗装も乾燥中でございます。
特にカシューは肉厚になると乾燥に時間がかかります。


ので・・・ムフフ♪


NIKON D80 Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/50 ZF
別窓 | FLY | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
アークと・・・
2009-09-11 21:50
このところアークとの釣行が続いておりますが、今日もアークを連れて行ってきました。

DSC_3146.jpg

まとまった雨が降っていないので、渓は渇水状況です。
でも、昨日の低温から、一気に秋晴れとなり、気温も水温も昨日よりは上がっているはず・・・
イワナのスイッチが入ったようです。

7月末の釣行時に釣った同じポイントで同じイワナが釣れました。
一ヶ月半で5mmほど成長したかも・・・。^^

28cm+α・・・--#
DSC_3143.jpg

その後も反応は良いのですが、大場所のイワナは警戒心が強く、バラしやUターンが多かったです。

DSC_3151.jpg

アークは特にコマンドを言わなくても、ロッドを振れば後方で待機しています。
ちょっとした流れで尺上イワナが反応しましたが、寸止めでUターン・・・
30分ほどフライを換えて粘りましたが、とうとう獲れませんでした。
その間、アークは秋の陽射しがよほど気持ち良かったのか、水に浸かりながら居眠りzzz!笑!

DSC_3155.jpg

そんな感じで6時間を一緒に遡行しました。
イワナも程良い調子で出てくれますので、距離はそれほど歩いていませんが、デジイチ抱えての遡行
は腰に来ます。

大場所でちょいと休憩しまして、暫し、アークのお相手をいたします。

DSC_3169.jpg

DSC_3160.jpg

休憩後、その上のポイントで、またまた尺クラスが寸止めUターン・・・
一度は咥えたものの、一瞬で吐き出したり、カディスはまったく無視したり、今度もダメかと思いました
が、最後に#18のユスリカアダルトで咥えてくれました。

31cm♪^^v
DSC_3181.jpg

チェッ、釣れちまったぜ!
DSC_3186.jpg

撮影をしていると、上流からテンカラ師が釣り下ってきましたので、このポイントが最後となりました。
上流の区間を釣り上がるには、腰が痛くて無理そうですので、これにて終了といたしました。

DSC_3163.jpg

週末は気温が低下して、雨も降るようです。
この週末はロッドの制作に充てる予定でしたので、丁度、タイミングの良い日になったようです。
まったく、この渓のイワナは判りません。

NIKON D80 Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/50 ZF
別窓 | FLY | コメント:18 | トラックバック:0 | top↑
Precious wood "Grip & Filler"
2009-09-10 21:55
Miyuki-Rodでは、制作当初から、フライロッドのグリップにウッドを使用しておりました。
今では、注文の9割以上がウッドグリップ指定です。
単価的にはファイフAのコルクが一番高価ですが、塗装にかかる手間を考えた場合、ウッドはコルク
以上の価値があると思っております。
塗装だけで、最短2週間かかりますから・・・

当時は、どのメーカーもコルクを使うのが当たり前のようで、どこを探してもウッドグリップはありません
でした。
その後、ロンクーシーや最近では国内の一部のビルダーさんのロッドでウッドグリップを見かけるよう
になりましたが、まだまだコルクが主導のようです。

一部、塗装中でお見せできませんが、現在塗装済みのものをご紹介いたします。

Miyuki-Rodの定番、カリン(花櫚)バール
_3002339.jpg
NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)

今までは、この花櫚だけがウッドグリップの素材でした。
独特な瘤の紋様と色合いが好きで、Miyuki-Rodはこの花櫚バールの最高級のものを使用しています。バラ科の花梨とは別物の、黒檀、紫檀と同じマメ科の大木に、細菌によって出来る瘤です。
しかし、昨今、瘤目の詰まった入り皮の少ない材が希少になっており、入手も難しくなってきました。
海外での人気も強く、高値で取引されております。

スネークウッド
_3002337.jpg
NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)

南米ギアナ産の別名レターウッドと呼ばれる、桑科の銘木です。
最高級のステッキや、ビリヤードのキュー、万年筆などに使われる、香木類を除けば、世界で一番高
価な木材です。
比重では2番目に重いので、水に沈みます。
樹齢100年以上かかった25cmほどの芯の部分10~15cmのみに紋様が出ます。
限定制作品"ARCTURUS"だけに使用します。

オーストラリアのユーカリ属"ヨークガム"
_3002335.jpg

_3002336.jpg

NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)

カリンや、その他のバール材のほとんどがそうですが、このヨークガムも部位や個性で色々な紋様
が出ます。
ユーカリ属は600種類以上あり、ヨークガムもその一種です。
比重が重く、やはり、水に沈みます。

バーズアイメイプル
_3002338.jpg
NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)

フィラー材としてはポピュラーな素材です。
塗装を施すと木目に浸透した塗料が光を屈折して、3次元画像のような立体感が出ます。
瘤好きの私には珍しい素材ですが、シンプルで大人しい色合いが好みの方向けです。

ウォルナット & ブラックアッシュ
_3002341.jpg
NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)

グリップが未完成ですので、フィラーだけの画像です。

カリフォルニアクラロウォルナットは、カリフォルニア州の一部だけが原産の希少種です。
この銘木が欲しかったんですが、個人輸入がキャンセルされて出来ませんでした。
最近、ウッド専門のショップより、やっと取り寄せられました。餅は餅屋です。
油分を多く含み、加工も目止めが必要です。
それでも、渋いマーブル紋様は、高級外車のダッシュボードや、高級家具などに使われて有名です。

ブラックアッシュは野球のバットに使われるホワイトアッシュとは全く別物の樹種です。
独特の紋様ですが、素材自体が脆く、加工性は極めて悪い素材です。
それだけに手間がかかり、出来上がった製品は価値が高く、作り手泣かせの素材です。

まだまだ、色んな銘木がありますが、すべて試すとなると制約やリスクを伴いますので、いい加減
にしないといけません。
でも、楽しみでもありますので、その都度ご紹介させていただきますね。^^v
別窓 | Bamboo Rod | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
アークです♪
2009-09-08 21:27
お見合い写真を作ってみました。^^

自己紹介♪

なまえ:アーク 本名:アークトゥルス(血統書の名前は別ですが・・)
犬種:ボーダーコリー
性別:一応ついてます
生年月日:2004年3月18日 5歳と半年・・・人間でいうと38歳くらい?
出身地:千葉県
いろ:トライカラー(父=白黒 母=白茶)
体重:28kg(でかいでしょ!)
現在の疾患:無し 健康そのものです
趣味:水泳・散歩・ディスク・レトリーブ・フライフィッシング(のお供)
好きな食べもの:肉・チーズ・ササミジャーキー・魚肉ソーセージ・甘いもの
嫌いな食べ物:野菜・果物
ムッチャ嫌いなもの:雷・花火・鳥除け空砲音
座右の銘:「おもしろきこともなき世をおもしろく」→pakuri from shinsaku takasugi




幼少期の写真♪
arc_6.jpg

arc_1.jpg

arc_3.jpg

アークの希望♪

①可愛い子ちゃん
②近県
③息子or娘2匹の親権!
④出産費用は折半

以上でお願いしますね。

ついでに、飼い主も・・・?笑!

ご希望の方がいらっしゃいましたら、鍵コメでコメントください。
お見合いしましょ♪^^v

トライのロンゲは最近あまりみかけませんね。
アークはかなり大柄ですが、脳みそも大柄みたいで、賢いですよ~!^^
別窓 | アーク | コメント:12 | トラックバック:0 | top↑
フライフィッシャー犬♪ボーダーコリー アーク参上!!
2009-09-07 13:44
9月の木曾の朝は秋の気配を感じる寒さでしたが、陽が高くなると、そこは夏♪
とてもじゃないが、アークを車に留守番させておけません。

毎年、車に幼児を置き去りにしてパチンコする親の事故が報道されてますが、最近も同じことを繰り返
すアホな親がいましたね。

アーク♪ 5歳半♂ 嫁さん募集中❤
_3002307.jpg
NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)

ここ数年、ボーダーコリーの人気が爆発して、あちこちでブリーダーが増えてきました。
反面、ひと頃のハスキーのように、売れ残ったり、飼い主が持て余したボーダーが保健所からレスキ
ューされる事案が増えてきたようです。
知能指数が高いボーダーは、運動量もさることながら、飼い犬としては難しい面があります。
地位の上下の区別がはっきりしており、たとえ飼い主であっても、下と見るや、噛まれる事故もある
ようで、我が家のアークも18歳の姪っ子に対しては例外ではありません。

でも、目上と認識した人間に対しては従順であり、年上の犬に対して刃向かうことはしません。
コマンドの認識は早く、FF犬初日の時で既に先行はしていけないとすぐに覚えました。

_3002303.jpg
NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)

この日は朝方は霧が発生しておりましたが、霧が晴れると、一気に気温が上昇しました。
前日に相当量の雨が降ったはずでしたが、渓は渇水状況です。
釣友と合流後、ボ逃れの為に寄り道した渓で、アークを留守番させて10分ほどロッドを振り、2匹の
イワナを得ましたが、車内温度が上がるのが心配でしたので、釣りを切り上げて車に戻りました。

_3002315.jpg
NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)

その後、開田高原を流れる渓の上流域に向かいましたが、どこも人だらけ、アークは刈りいれた稲の
鳥除けのために鳴る空砲音にビビってしまい、震えてどうにもなりませんので退散となりました。

昼に仲間と待ち合わせの場所近くでちょっとだけロッドを振り、放流イワナが釣れたところで、脱渓、
待ち合わせ場所に向かいます。

DSC_3083.jpg
NIKON D80 AF-S DX Zoom Nikkor ED 12-24mm f4G (IF)

芝生の木陰で仲間を待ちますが、一向に来ません・・・
まぁ、釣りよりは休憩のほうが気持ち良かったので、ちょっとまどろみましたけど・・・!^^

_3002322.jpg
NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)

それにしても・・・来ないなぁ・・・!
_3002329.jpg
NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)

一方、仲間たちご一行様は、退渓点の遠い渓で焦りながら?たっぷりと釣りを楽しんで?2時間遅れ
で脱渓したようで、その後、やっと合流して開豁な渓へと向かいました。

komさん、すぐにヒット♪
DSC_3087.jpg
NIKON D80 AF-S DX Zoom Nikkor ED 12-24mm f4G (IF)

各自がイワナを釣り上げますが、アマゴの方はシビアなようで、なかなかアマゴが出ません。
前回は良い型のアマゴが出てくれたポイントは、流れが緩くなり、ただの浅瀬になっていました。

エヘッ♪
DSC_3095.jpg
NIKON D80 AF-S DX Zoom Nikkor ED 12-24mm f4G (IF)

イブニングまでみっちり楽しんだ後、OZさんロッジに帰ります。
今回はオーナーのOZさん、けいちゃん、関東からは私とアーク、komさん、くろやんが、中部からterry
さん、関西からは西洋毛鉤ご夫妻が参加で、またまた楽しい宴会の夜が更けて行きました。




明くる日もみっちり釣ります♪

この日は昨日以上に暑くなりました。
もちろん、アークは留守番させられません。
今日もFF犬です♪^^v

terryさん、釣っとるでぇ~♪
DSC_3104.jpg
NIKON D80 AF-S DX Zoom Nikkor ED 12-24mm f4G (IF)

おっと、また釣たぁ~!爆!
DSC_3113.jpg
NIKON D80 AF-S DX Zoom Nikkor ED 12-24mm f4G (IF)

エッヘン!ご主人さまも・・・へ?これだけ?^^;
DSC_3111.jpg
NIKON D80 AF-S DX Zoom Nikkor ED 12-24mm f4G (IF)

イブ前はちょっとアークには遡行がキツい渓でしたので、陽も傾いた木陰で留守番してもらいましたが
、流石に疲れたのか、素直に爆睡しておりました。

くろやん♪
DSC_3126.jpg
NIKON D80 AF-S DX Zoom Nikkor ED 12-24mm f4G (IF)

イブはいつもの区間でしたが、ライズボコボコ♪
同じポイントの上下を行ったり来たり、暗くなるまでイワナと戯れさせていただきました。

今回が今年最後の木曾になるか、もう一度訪れることができるのか、いずれにせよ、残すは3週間・・
また、アークを連れて渓を歩きたいです。
FF犬としてのアークの資質も、免許皆伝!
今回はリードを忘れるというヘマをやらかしましたが、まったく心配ご無用なFF犬ぶりでした。

マジ、超眠いぜよ!
_3002331.jpg
NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)

集合写真~♪(容量メチャ大きいです)・・・期間限定にてリンク外します。
別窓 | FLY | コメント:26 | トラックバック:0 | top↑
Import wood vol'4
2009-09-01 20:55
東北から帰着したら、注文していた材料がオーストラリアから届いておりました。
先日紹介しました"York gum"と同じですが、部位によって紋様は千差万別です。
今回は2態、同じ"York gum"でも、ここまで違います。
早速、本日加工してみました。

York gum #1
_3002267.jpg
NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)

淡い色合いですが、小さな瘤が密に詰まっています。
ユーカリ属のこの銘木は比重が重く、カリンはウレタンドブ浸け時に浮いてしまいますので押さえが
必要ですが、スネークウッドと同じく、沈みます。

York gum #2
_3002271.jpg
NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)

こちらは瘤は疎らですが、鮮やかな紅を含んだマーブルが綺麗です。
カリンのような紋様もあり、なかなかエキゾチックです。

同じ樹種でも三者三様の趣があり、嵌ると怖い世界です。




今日は、白ヒスイのストリッピングガイドが届きました。
色合わせがゴールドの場合、今まではシルバーのメノウガイドのみでしたので困ってましたが、この
ガイドは24kメッキが施されておりまして、待ち望んでいたものでした。

現在、私の手元にあるメノウ、ジェードガイドはいずれもインポート品です。
国内で調達する縞模様のないメノウガイドはとても高価になっておりますが、海外調達ならば驚くほど
の価格で入手できます。

White jade core guides 24k gold p
_3002278.jpg
NIKON D300 Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/50 ZF

Stock that is now
_3002282.jpg
NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)

その後、追加で複数注文しましたので、後々の支払いが恐怖です!^^;
別窓 | Import | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑
| 谿に遊ぶ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。