l 谿に遊ぶ 2013年08月
我が愛妻、Para-Miyuki 843を持ち、溪に立つ。 溪魚の鼓動が妻の手から伝わり、水面が割れる。
<
スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
つゆだく
2013-08-06 00:40
8月2日~4日 東北岩手遠征

遅れに遅れた東北の梅雨明け・・・
初日に行く渓の雨量は最適だったのに、2日目3日目は見事にハズレ、3日間とも天気には恵まれたのがせめてもの救いでした。

P8020005-001.jpg

初日の渓は今までで最高の水量、但し、この時期は一面のクモの巣のカーテンに覆われてます。
普段の数倍のライントラブルとフライの喪失・・・
渓魚の反応も期待とは裏腹に厳しいものでした。
それでも同行のBeeさんには良いヤマメと尺上イワナが出てくれました。

本来のこの渓のアベレージサイズでありますが、私にも数尾のヤマメとイワナが遊んでくれました。

P8020024-001.jpg

P8020017-001.jpg


2日目

現地でテン泊して目覚めると、眼下には轟々と流れる小渓?が・・・
急きょ、昨年行った沿岸の単独河川を目指します。
途中に適度な流れの渓を見つけて寄り道、結局はこちらの方が良い思いをいたしました。

P8030044-001.jpg

3日目の渓を目指して南下します。
増水の心配がありましたが、局地的増水かもしれないのでダメ元で向かい、いつもの野営地で夜を越します。
空には満点の星が・・・

P8030045-001_20130806002147250.jpg

さて、最終日

やはり渓は水が引いていませんでした。
最上流でもポイントが絞れないほどでしたので、支流も全滅でしょう、初日の渓に大移動を掛けました。

P8040054-001.jpg

上流部の渓相は御覧の通り、これで反応が良ければ言うこと無しだったんですが・・・

結局、初日のポイントで何とか良型ヤマメに出会うことが出来ました。

P8040052-001.jpg

P8040071-001.jpg

初日に東北地方が梅雨明けしたらしいです。
これから真夏の東北はアブの季節、次回の遠征は禁漁間近の9月まで、暫しのお休みになります。
渇水のH5は塩梅宜しくないようで・・・
さて、竿作りにでも没頭しましょうか!笑!!
スポンサーサイト
別窓 | FLY | コメント:4 | top↑
| 谿に遊ぶ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。