l 谿に遊ぶ Hollow
我が愛妻、Para-Miyuki 843を持ち、溪に立つ。 溪魚の鼓動が妻の手から伝わり、水面が割れる。
<
スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
Hollow
2011-12-21 01:37
現在制作中のロッドは久しぶりの中番手です。
今回は虎斑竹で8'6"の5/6番の3ピース2ティップにしました。
オーダー品ではないので自由に作ってます。

今度はエクステンションバットを付けてみます。


虎斑竹がトンキンよりも軽いとはいっても、このレングスになればやはり重くなります。
現在の多くの中番手ロッドは中空構造になっているものが多いですが、やはり、今回は中空で若干の軽量化
を計っています。
私的な考えですが、壁面の薄い中空構造の場合は接着面積が小さくなりますのでロッドの反発力は上がっても
トルクが減ってしまうのでは?と思っています。
私が低番手で中空を採用していないのは、パワーファイバーの内側の繊維も重要なファクターだと考えている
からです。
トンキンよりも軽い虎斑竹ですので、軽量化よりもトルクを犠牲にしないように、対面幅でバット側では2/3、
ミドルで1/2、ティップは1/3の肉抜きにしました。

PC200002.jpg

十分な接着面積がありますので、補強という意味でも段巻きは必要ないと考え、通常のラッピングにします。
Mortisedグリップはいつもの径よりも2ミリほど太くしました。

PC200001.jpg

前出のエクステンションバットを装着すると、かなりスマートな外観になると期待しています。
関連記事
別窓 | Bamboo Rod | コメント:0 | top↑
<<Uplock screw | 谿に遊ぶ | 師走>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| 谿に遊ぶ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。