l 谿に遊ぶ 禁断の木の実(M42)
我が愛妻、Para-Miyuki 843を持ち、溪に立つ。 溪魚の鼓動が妻の手から伝わり、水面が割れる。
<
スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
禁断の木の実(M42)
2005-10-26 19:02
CARL ZEISS MC FLEKTOGON 2.4/35 M42


明るい単焦点レンズが欲しくて、nikonの35mm f2dをと思ってたら、とあるblogにアップしてあった画像が目に留まった。
テーブルの上の単品料理であったが、接写して撮った画像の被写界深度の浅さに驚き、ピントが合っている一部分のシャープさに2度ビックリ!!


DSC_1245_s.jpg

レンズ先端より6cm
愛称は怪獣?
レンズの名前は、旧東独CARL ZEISSのjena MC FLEKTOGONという、35mmの
広角レンズでした。明るさはf2.4とf2d程ではないが、最短撮影距離は19cmと6cm短かく、マクロレンズと同等かそれ以上です。
nikon純正のレンズの中では、超広角レンズで14cmというのが有りますが、それに次ぐ接写性能と画像のシャープさに、道を外してしまいました。(笑)


当然、マニュアル
DSC_1220_s.jpg

何分、古いレンズですし、nikonにM42マウントレンズを装着するには、補正レンズ付きのアダプターを介さなければなりません。
M42マウントのカメラのフランジバックは45.5mm、nikonは46.5mmと1mm、nikonが長いので補正レンズ無しだと、無限遠でのピントが合いません。
余計に一枚レンズが入るので、まったくの生ではありませんが・・・
このアダプターがあることで、殆どのM42マウントのレンズが使用できるようになりました。
現在、M42マウントのレンズは、程度にもよりますが、安い物では2-3千円から手に入ります。

M42沼は結構深い、奈落の底かも・・・
関連記事
別窓 | Photo | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑
<<便利ツール | 谿に遊ぶ | 瞳の向こうの風景>>
コメント
あっちゃ~
完全に底なし沼にハマりましたネ(笑)
オソロシヤ~(>o<)
2005-10-26 23:04 URL | terry #-[ 内容変更] | top↑

FFよりは
terryさん、ども~!
まぁ、考えてみると、FFが一番深い沼だったりして(爆)
2005-10-26 23:43 URL | para-miyuki #-[ 内容変更] | top↑

う~ん
それは言えてるかも。
何年経っても飽きませんからね。
こんな趣味はそうそうありません。
フライフィッシングを楽しんでる方は
みんなそうでしょうネ。
2005-10-27 00:06 URL | terry #-[ 内容変更] | top↑

そう考えると
一回ショップに行って買い物すると、M42レンズなんて一個分すぐ買えちゃう金額行っちゃうもんね。オソロシヤ~!
2005-10-27 01:04 URL | para-miyuki #-[ 内容変更] | top↑

いきなり
そっちへいきましたか。
ツァイスが2つ(東と西)あった頃のレンズは、東(ただし、初期の頃のみ、後半ロシアの介入が大きくなると粗悪品が出回りました)のほうが圧倒的に優れてました。
ただ、昔のレンズはコーティング技術が今ほどではないので、逆光撮影など、光量が多い時はフレアーが入ることがありますから、レンズフードを付けたほうがいいですよ。ちなみに、接写だけでなく、風景やポートレートも撮ってみてください。よくシャープな写りと言われてますが、それとは違う先鋭な写りというものが判ると思います。

M42マウントが使えるとなると、これはもう・・・。なんせ、いいレンズがゴロゴロしてますから。でも、気をつけてください、中には沢山のジャンクを寄せ集めて作られた、まがい物も多いです。
日本のメーカーと違う発色とコントラストの表現の違い。独逸物の写りを知ったら・・・。
2005-10-27 01:17 URL | lefty_haru #78/szLyU[ 内容変更] | top↑

間違えたぁ
haruさん、どんも~!
シャープさではF2Dも優れてますよね。そうそう、私が驚いたシャープなレンズはアポランター135mmでした。森の写真をフルスケで見たら、細部の葉の一枚一枚がクッキリだったのに驚きました。
私の場合は素人ですし、それ以前に手ブレ、ブレブレなのをどうにかしないと・・・(汗)
2005-10-27 01:41 URL | para-miyuki #-[ 内容変更] | top↑

PS、
怪獣の名前じゃなくて、フレクトとゴン(GONZO=大きな角度と言う意味)の2つの言葉を組み合わせて作られた造語です。フレクトの意味はちと判りません。
ツァイスには他に、一眼レフ用のディスタゴン(ディスタンスとゴンをくっつけた意味)・レンジファインダー用のビオゴン、ホロゴン(ビオ/ホロ=共に意味はわかりましぇんとゴン)などがありますよ。どれも広角レンズの名称です。
ツァイス以外でも独逸のメーカーにはゴンを使ったレンズ名が結構あるので、むこうではポピュラーな名前の使い方なんでしょうね。

ただし、ライカ系のレンズには手を出さないほうがいいでっせ。なんせぶっそうな値段ですから。
2005-10-27 08:23 URL | lefty_haru #78/szLyU[ 内容変更] | top↑

ライカは無理
haruさん、おっはよ~!
さすがにそれは判りますよぉ(笑)みなさん、怪獣とかゴンちゃんとか呼んでますね。
それにしても、haruさん、詳しいですね。M42レンズを使えるようになったはいいけど、実は、欲しかったのはこのレンズだけだったんです。
アポランターは確かに描写に魅力はあるけど、3脚使わないんだったら、VRでブレ補正したほうが確実ですもん。
2005-10-27 10:07 URL | para-miyuki #-[ 内容変更] | top↑

コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 谿に遊ぶ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。