l 谿に遊ぶ 久々のソロ
我が愛妻、Para-Miyuki 843を持ち、溪に立つ。 溪魚の鼓動が妻の手から伝わり、水面が割れる。
<
スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
久々のソロ
2012-07-04 19:44
約一ヶ月振りでのソロ釣行です。

現着すると先客さん。。
あら、Miyuki-RodオーナーのTさんでした。
下流区間に入っていただき、私は上流区間へ・・・
最初のポイントではまったく相手にされず、プライムタイムにリベンジしたる!と、叩きあがります。
チラホラ反応もあり、次の大場所手前で8寸イワナを釣った後・・・

P7030004.jpg

上流でカッパキが始まっちゃったようで、即撤収~!

隣の渓に行くにはまだ早いので、ここ数年入っていない区間へ・・・
藪藪の藪区間なのですが、昨年の大水で幾分振り易くなったみたい!

すると・・・

P7030012.jpg

流芯ではヤマメ、左右の緩流帯ではイワナが飛び出します。
ほとんど人が入っていないようで、何の疑いもなくフライを咥えます。

P7030025.jpg

脱渓したのはお昼を過ぎたころ、すでに30以上は釣ったでしょう。
でも、サイズは8寸とまり・・・
次はサイズ狙いで隣の渓に移動します。

P7030020.jpg

ここではやっと9寸が出てくれまして、さて、時間は4時半・・・
そろそろお腹が空いてきた頃でしょう。

一番大きなイワナは際奥の枝の被った対岸側におりました。
フライボックスを流失してしまいましたので、限られた種類のフライをとっかえひっかえしますが中々反応して
くれません。
30分ほど粘ったでしょうか・・・最後はアントで咥えてくれました。

P7030030.jpg

このイワナ、過去2週間の間に2名の釣友に釣りあげられておりました。
さて、次は誰のフライを咥えるか・・・
流石にこの子も相当なトラウマを抱えているでしょうから尚更難しいでしょう。
関連記事
別窓 | FLY | コメント:0 | top↑
<<Mortised Arcturus 783 6'6" #3 2p/1tip | 谿に遊ぶ | 釣りのほうも>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| 谿に遊ぶ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。