l 谿に遊ぶ macro
我が愛妻、Para-Miyuki 843を持ち、溪に立つ。 溪魚の鼓動が妻の手から伝わり、水面が割れる。
<
スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
macro
2005-12-06 14:08
TOKINA AF ATX100 macro 100mm/F2.8



1:3トレード2人目、マクロレンズです。
因みに3人目は200mm/f3.5ですので、後ほど紹介いたします。

今まではフレクトゴンでの接写でカバーしていましたが、純粋のマクロレンズは初めてです。
使用頻度は多くないと思いますが、持っていたい一本です。

最短撮影距離は35cmですので、フレクトゴンのようにレンズにくっつくほど近寄らなくても良いのですが、被写体とレンズの間の距離が開きますので、どうしても寄りたくなっちゃいますね。

DSC_3850_s.jpg

でも、このレンズ、インナーフォーカスだし、寄ってフォーカスしても
鏡筒の長さが変わらないので使いやすいです。
他のマクロレンズは、1.5倍くらいニョキニョキしますから(苦笑)
関連記事
別窓 | Photo | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<200mm | 谿に遊ぶ | 紅蓮>>
コメント
100mm
だと、等倍になるからフライの写真を撮るのにいいですね。
おまけに50mmのマクロより、焦点距離も長い。虫の撮影にはもってこい。
となると、マクロ用のリング・フラッシュも欲しい。
2005-12-07 19:28 URL | lefty_haru #78/szLyU[ 内容変更] | top↑

被写界深度
haruさん
やはり、純粋なマクロレンズ!開放接写のピントの山は針の先ほど・・・
FLYを撮るのに三脚使うってのもなぁ・・・(爆
このところの寒さで、虫も飛んでないし!!
2005-12-07 20:45 URL | para-miyuki #-[ 内容変更] | top↑

コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 谿に遊ぶ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。