l 谿に遊ぶ gamata riverⅢ(紅い岩魚)
我が愛妻、Para-Miyuki 843を持ち、溪に立つ。 溪魚の鼓動が妻の手から伝わり、水面が割れる。
<
スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
gamata riverⅢ(紅い岩魚)
2006-04-18 00:20
epilogue

上流へ



疲れているはずなのに、夜中に何度も目が覚める。
屋根を打つ水滴の音で、雨足の強さが再度の眠りを妨げる。
釣友の携帯が6時のアラームを奏でるまで、一瞬に時が飛んだかのようだった。

まだ、雨は降り続いていた。
煙草をくわえながら窓の外を見ると、霞がかった山並みが間近に迫ってくる。
テレビのスイッチを入れると、ローカル局の番組が映っていた。
画面の片隅には各地の天気予報が映っている。
どうやら私の晴れ男が勝ったようだ。

チェックアウトの時には雨が上がっていたが、あの雨足では下流は増水だろうと、最上流を目指すことにする。

やがて快晴に・・
DSCN1618-1_s.jpg

今日も虫のハッチがない、釣り師達は昨日の放流場所へ行ったのだろう、我々が一番乗りになり、期待が膨らむ。
増水はしているものの、数ある支流を合わせた下流に比べれば、なんとかなりそう・・・
期待は直ぐに裏切られた。
脱渓ポイント近くまで遡行をするが、その間、反応の一つ、魚の気配さえ無かった。
でも、魚は必ずいる。
目を凝らしながら、それらしいポイントにフライを打ち続けた。


紅いイワナ
脱渓ポイントを目の前にして、岩と岩の間の祠のような窪みに目が釘付けになった。
尺を優に超えるイワナが祠の中に消えていった。
岩の間は30㌢ほどの幅だが奥行きは見えない。
水の流れは手前から奥へ、そして、奥から向こう側で反転流を形成しており、手前にフライを落とすと、フライは見えなくなる。
反転流にフライを落とし、流れにまかせて滞留させなければならない。
15㌢角ほどの小さいスポットへフライを落とさなければならない。

先ほどのイワナはもう見えない。
が、何か変なものが泳いでいる。
確かに動いている。紅い帯・・・
ニジマス?
フライを滞留させるが、気にもとめない。
手前に落としてしまったフライが奥に流れて見えなくなったとき、紅い帯が奥へ動いた、が、また戻ってきた。
イワナであった。
その祠には、確認できただけで3尾のイワナがいた。
どれも、水面下で流下物を食べているのだろう、なかなかフライに興味を持ってくれない。

何度かのトライを試みては、諦めに近いものがじわりじわりと忍び寄る。
次で止めよう、いや、もう一回・・・
そして、何度目だろう、フライを暫く滞留させると、紅い帯が一瞬フライを見た、と思った。
何とかいけそうだと思い、再度、フロータントを念入りに吹き付け、スポットへねじ込む。
フライが反転流で滞留しながら、岩と水面の表面張力に挟まれて止まった、その瞬間に、紅い帯の口が開き、フライが消えた。
自分でも驚くほど、冷静に合わせると、ロッドを通して重みと躍動が伝わってきた。
祠の外は、水流の重い落ち込みが待ちかまえており、その流れの中に落ちたら、6xでも簡単に切られてしまう。
ロッドをためて、イワナの口を水面から出し、流れの抵抗を軽くしながらネットに誘導する。

傍で見ていた西洋毛鉤さんが来て驚いて言った。
「出血していると思った・・・」
スレンダーな魚体に頭からえらにかけての紅い帯、ヒレも口元も紅い。
尺上かと思っていたが、正確には29.5cm、泣き尺であった。
DSCN1623_s.jpg

画像をクリックすると全体像に切り替わります
これが全てでした。
その後は気温の上昇で更に増水した下流部ではポイントの絞り込みもできない様相、西洋毛鉤さんとお別れし、蒲田を後にした。

この日のイワナこそ、釣友と諦めずに釣り上がったからこそのイワナでした。
単独遡行では、とても、脱渓ポイントまで辛抱出来なかったと思う。
コンディションはまったく期待はずれでしたが、来年にはいつもの蒲田になると思います。
いや、この夏にでも行ってみよう。
岐阜の楽園の帰りにでも。
関連記事
別窓 | FLY | コメント:26 | トラックバック:1 | top↑
<<Caddis | 谿に遊ぶ | gamata riverⅡ>>
コメント
お疲れでした。
今回は4本仕立て。
24なら「シーズン4」?。土曜日から振り出した雨が無かったら
日曜日はもう少し良い条件になっていたかもしれませんね。
雨男>晴れ男で、miyukiさんのパワーよりどなたかのパワーが勝ってた。
恐るべし雨男伝説。
最後の岩魚はアルビノ混じりですかね?
もしくは虹鱒との自然ハイブリッド?
2006-04-18 03:08 URL | lefty_haru #78/szLyU[ 内容変更] | top↑

para-miyukiさん、おはようございます。(^^)
terryさんの写真も、西洋毛鉤さんの写真も、どっちも水流が・・・無理です。(笑)
このイワナ、触れないシリーズです。いやー、もし自分が釣ったら怖くて触れない。
泣き尺も凄いけど、やっぱ怖いが先ですかね・・。(笑)
でも、こういう色にもなるんですねー。ビックリです。(^^;
2006-04-18 06:50 URL | dadlife #-[ 内容変更] | top↑

おはようございます♪
朝から凄いものを見せて頂きました!!
イワナって赤いのもいるんですね(驚
今回の釣行を一つ一つ見せて頂いて、自分も参加出来れば良かったなぁ~
なんて思っていました。蒲田川の魅力が溢れたエントリ群でした。
これで増水も無く最高のコンディションだったらと思うと、
それこそパラダイスではないでしょうかね♪
2006-04-18 07:39 URL | kom #-[ 内容変更] | top↑

完結~!
haruさん、オハ~!
4はあり得ません!(笑)もう、ネタが・・・
私が釣りを止めると、晴れ男パワーが無くなるようです。
紅い以外は普通のイワナと同じ体色でしたので、アルビノではないようですね。
検索してみましたが、ヒレが同じような色のイワナがいましたが、ここまでのイワナは見つかりませんでした。
温泉の成分とかが影響しているのか、突然変異的なものなのかわかりましぇんです。
2006-04-18 09:46 URL | para-miyuki #-[ 内容変更] | top↑

dadさん、おひ~!
見えているときは、もう、”釣って見てみたい~!”感覚でした。
デカイ方よりもこっちが釣りたかったですね。
画像ではわかり辛いですが、頭が一番鮮やかな紅でした。
これでは直ぐにイタチなどの獣に見つかってしまいますから、警戒心が強かったんでしょうね。
2006-04-18 09:50 URL | para-miyuki #-[ 内容変更] | top↑

komさん、オヘ~!(爆)
来年もまた企画しますから、”温泉ツアー”でよろしければ・・・(笑)
3-4月にドライで楽しめるのは他に多くはないですからね。
それにしても今年の厳しい状況下でも、人が多すぎです。
大芦のネイティブイワナのグリーンとオレンジのコントラストが私の出合ったイワナの中では一番
心に残ってます。当時はカメラなんて持ち歩かなかったので、画像に残しおきたかったです。
2006-04-18 09:54 URL | para-miyuki #-[ 内容変更] | top↑

見たこと無いです!
こんな赤い岩魚見たこと無いです!何か別の魚種にも見えてしまいですね!次回は参加できるといいんですが・・・。要
2006-04-18 13:27 URL | heboheboy #-[ 内容変更] | top↑

同じくです
要さん
私も初めてですね。
次回は岐阜の渓の帰りに立ち寄る形で7月下旬~8月初旬に一度行く予定です。
その次は来年3月です(鬼笑)
2006-04-18 14:06 URL | para-miyuki #-[ 内容変更] | top↑

頭赤イワナ
蒲田お疲れさんでした。
なかなか面白かってです。
今度は7月下旬?

それにしても、マジ赤かったですね。
下唇の辺りとおでこから頭にかけて。
ちょっと古いですが、
お酒に酔ったアルシンドって感じでしたもんネ。
2006-04-18 18:17 URL | 西洋毛鉤 #1nX/S25g[ 内容変更] | top↑

毎度様です~
もしかしてこれってイワナのアルビノですか?聞いたこと無いけど・・・アルビノにも黄色以外も該当するみたいですし無班もそういみたいですし・・・でもなんか不思議ですよ~
2006-04-18 18:50 URL | 札幌のイワナ #-[ 内容変更] | top↑

西洋毛鉤さん
期待通りにはならずにスミマセンでした。
次は岐阜の渓を一日やって、夜に蒲田へ行って温泉は行って車中泊、で、蒲田をやります。
岐阜の渓だけの日帰りならば、西洋毛鉤さんのところから2時間ちょっとで来られますので、その時はまたご連絡しますね。
2006-04-18 19:08 URL | para-miyuki #-[ 内容変更] | top↑

イワナさん、どうもで~す!
これ、体色は光の加減で光っちゃってますが、普通のイワナの明るめの色です。
なので、アルビノではなさそうです。
一度、専門家の方に聞いてみようかなぁ・・
2006-04-18 19:10 URL | para-miyuki #-[ 内容変更] | top↑

ウォ~!紅岩魚だ!!すっげぇ!はじめて見ました。
こんな岩魚いるんですね。
顔つきはまるでウルトラマンに出てくる怪獣のよう。
円谷プロが飛びつきそうですよ!
2006-04-18 19:42 URL | yasu #-[ 内容変更] | top↑

yasuさん
なんだかなぁ~!コワイですね~!
イワナも8寸くらいまではカァ~イイんですがね~!
特にこのイワナ、酔っぱらってるように赤いですから、なおさらですわ!(爆)
2006-04-18 21:29 URL | para-miyuki #-[ 内容変更] | top↑

蒲田釣行お疲れ様でした~。
オイラも蒲田に行ってみたいな~なんて思いましたが、こんなにゴンゴン流れていたんでは、FF初心者のオイラには手出し出来ません・・・。(フライを見失います)

それにしても、このイワナ・・・。怖い顔してますね~。
中禅寺で釣れるレイクトラウトも爬虫類系の顔をしてますが、このイワナもヘビに似てますね~。ヘビ嫌いのオイラにはヘビーな話です・・・。(爆)
2006-04-18 21:50 URL | くろやん #-[ 内容変更] | top↑

イワナって、川によって色々な体色のがいますよね。外的から身を守るための保護色でもあるのでしょうけど。今回の赤いイワナは婚姻色っていうわけでもないのに。驚きです。
2006-04-18 21:51 URL | Blue Back #iDX8.YKs[ 内容変更] | top↑

くろやんさん
いやいや、今回はちょっと水が多かったですが、ポイントは岸よりのヨレとか、窪みとかですので、フライは見易いですよ。
さすがに流芯は攻めても無駄ですね。
ヤマメが好きそうな流れがありませんでした。

爬虫類顔のイワナは尺上が定番なんですが、こいつ!延ばしたのに8㍉足りなかった。
でも、今期のmaxですし、釣れるまでの緊張感は5本の指に入るシュチュエーションでした。
2006-04-18 22:26 URL | para-miyuki #-[ 内容変更] | top↑

Blue Backさん
これはまったく保護色とはかけ離れた存在でした。
頭の紅が目立ちすぎて、イタチや鵜がいたら一発で食われちゃうでしょう。
それなのに尺近くまで生き延びているということは、人(イワナ)並みならぬ警戒心が必要だったと思います。(笑)
2006-04-18 22:30 URL | para-miyuki #-[ 内容変更] | top↑

ちょっと出遅れちゃった(笑)
改めて見ると、すごいっすね、このイワナ。
みなさんの反響も(笑)

写真いただいていきましたよ~。ありがとうございました。
それにしても、ケータイのアラームはちょっと早過ぎましたね。
もうちょっと寝ててもよかったかも(笑)
いつもあの時間には起きなきゃいけないもんで。ヘヘヘッ(^ ^;
2006-04-19 00:37 URL | terry #-[ 内容変更] | top↑

大作ですね
 今回の釣行記は大作ですね。
あ、もしかしてHTMLの釣行記はナシかな?

 赤いイワナは驚きますね。頭とヒレだけ赤い感じかな?
釣られて怒ってるとか・・・(爆)

 僕も昨日は楽しい釣りしてきました~
盛期突入もあと少しって感じですね。 ^ ^
2006-04-19 10:00 URL | GEN #0YcJaO/Q[ 内容変更] | top↑

terryさん、おはようさん!
年取ると寝起きが良くなるというか、睡眠が浅くなりますね。
昨日はちゃんと会社に行けたようで・・(笑)
私の携帯も6時に鳴りますが、聞こえんかったなぁ~・・(爆)
2006-04-19 10:53 URL | para-miyuki #-[ 内容変更] | top↑

GENさん、おはよ~!
HPのほうはLINKにしちゃいました。^^v
今回は魚の画像も少なかったしね。
沿岸側はもうよさげですね。
山の方はあと一ヶ月はかかるでしょうか・・うぅ・・長いなぁ・・
2006-04-19 10:56 URL | para-miyuki #-[ 内容変更] | top↑

para-miyukiさん、こんにちは。
前編、後編ともじっくりと読ませていただきました。
ブログ仲間との釣りなかなか楽しそうな雰囲気で、来年は御一緒したいものです。
しかし、今年の蒲田は工事の影響がまだ残っている厳しい状況の中、大物を釣り上げる技術はたいしたものですね。
私もこのような顔の岩魚は初めてみました。ちょっと恐いですね。
2006-04-19 11:07 URL | Lt_cahill #-[ 内容変更] | top↑

Lt_cahillさん
仲間と行くのは楽しいですね~!特に泊まりでは宿での話題は共通の趣味の話題限定なので
尚更楽しいです。
来年はご一緒したいですね。
残念ながら、今年は放水の影響で、虫っけなしなので、逆に来年は年越しが数多く期待できるかもです。
私もこんな岩魚初めてです。岩魚の摩訶不思議なところですが、だからこそ好きなんですぅ~!(笑)
2006-04-19 11:37 URL | para-miyuki #-[ 内容変更] | top↑

写真いただきました。
写真いただきました。
ありがとうございました。
結局私は1枚も写真を撮っていませんですた。
釣れたら撮ろうとは思っていたのですが
釣れたのが夜の2匹だけでしたので・・・・・
2006-04-23 09:36 URL | 西洋毛鉤 #1nX/S25g[ 内容変更] | top↑

西洋毛鉤さん
そうなんですよ~!私も釣れないときは、撮らないので・・・
なので、今回も画像は少なかったです。(笑)
2006-04-23 13:44 URL | para-miyuki #-[ 内容変更] | top↑

コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
Rain man
雨のち晴れ。晴れのち雨。どうも複雑な心境だ。初めての蒲田川釣行。初日はイブニングになってから、やや活性の上がったトコロで何とかイワナの顔を拝む事が出来た。丸一日ロッドを振り続けてクタクタになりながらも、ようやく出会ったイワナのお陰で翌日へのモチベーション

2006-04-18 23:59 terry's FlyFishing Bar
| 谿に遊ぶ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。