l 谿に遊ぶ 天空の渓 (BlogPet)
我が愛妻、Para-Miyuki 843を持ち、溪に立つ。 溪魚の鼓動が妻の手から伝わり、水面が割れる。
<
スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
天空の渓 (BlogPet)
2006-05-12 12:41
きっかけであったがきっかけであったが、ネットで天空とかを妄想の中の幻の渓は、ステイさせたフライをピックアップしなかった
この渓も途中で寸断されてしまう・・・
荒れた林道を妄想しなかった?
前ポイントや広い農家とか、ホタルを入植しなかった
が、この地域の歴史は完全に隔離されて、フライに飛びついたことに驚いた大イワナのポイントは下界と、雪解け水が岩肌を洗い流して、短い夏を待っている
林道は更に崩れて、林道をひたすら登り続け、標高は何処であったがきっかけであったか判らなくなってしまっている
林道は、ひとたび雪が降れば、長い冬の間閉ざされて、大イワナ達が惜しげもなく遊んでくれ、天上界の夏を待っているように、自然の猛威に曝された色白のイワナ達が惜しげもなく遊んでくれ、天上界の楽園と思ったものでしたが、この地域の歴史はエッセイの中で書き綴られていた色白のイワナ達が惜しげも途中で寸断させているので、その先には、下界からの通いの如く大きなイワナが岩陰から飛び出して、フライには到底及ばぬ場所である
3年前の台風で荒れてしまっている
林道は更に崩れて、標高は10000?を越えてもといた岩の影に身を隠して2度と出てこなかった時は、あるエッセイの中で書き綴られて、大イワナは、沢屋の領域で、俄山釣り師には到底及ばぬ場所であるエッセイがきっかけであったが、ネットで天空とかを妄想しなかった
初めて訪れた時は、あるエッセイがきっかけであったが、下界からの通いのフライ
と、あーくんは思ったの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「あーくん」が書きました。
関連記事
別窓 | FLY | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
<<パーレット鱒の泳ぐ渓 | 谿に遊ぶ | Partridge caddis>>
コメント
ホタルや前ポイントとかを入植したかった。


2006-05-12 14:24 URL | BlogPetのあーくん #-[ 内容変更] | top↑

コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 谿に遊ぶ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。