l 谿に遊ぶ 火入れ
我が愛妻、Para-Miyuki 843を持ち、溪に立つ。 溪魚の鼓動が妻の手から伝わり、水面が割れる。
<
スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
火入れ
2006-07-28 16:11
この工程は、人それぞれ千差万別、経験と失敗に基づいた、その方々独自のデータがあり、一概にこれが良いというのがありません。
低温で長時間の方もいれば、高温短時間の方もおります。
また、フレーミングのみで終わらせてしまう方もおります。
DSC_7651_s.jpg

竹の繊維の中の水分を抜くと、繊維間の結合力が強まり、強度が増すというのは、すでに判っていることですが、さて、どの程度乾燥させれば一番良いのかというのは、各ビルダーの経験感からくるもので、なかなか数字では表せません。
また、温度に関しては、熱によって珪素分子を整頓させて結合力が増すと言われていますが、はたして、何度以上で珪素分子が活性化するのかは、私にも判りません。
そして、竹の繊維内の水分は、抜ければ抜けるほど、結合力は強まり、硬くなります。が、ある部分を境にして弾力性が失われていきます。
水分0%というのは完全に炭化した状態ですからね。
逆に残留水分が多いと、強度よりも弾力性が勝り、暴れや癖の原因になります。
プロのビルダーでも、一度はオーバーヒートさせて、スプリットを丸焦げにさせたことが有ると思いますが、焦げる寸前の状態を作り出すために、温度と時間で試行錯誤して何度もトライ&エラーを重ねていったことでしょう。
DSC_7656-1_s.jpg

システムも色々な方法があります。
電気ヒーターを使い、サーモスタットで温度管理をしながら行う方法ですが、主に低温長時間の場合は、この方法が良いでしょう。
高温短時間でしたら、簡単な設備で出来ます。ただし、温度管理をするためにつきっきりになりますが・・・

私の場合は後者です。
およそ180~190℃で途中前後の入れ替えをして11分間火入れを行います。
以前は10分間でしたが、残留水分をもう少しだけ減らしたく今の形態に落ち着きました。
ただし、完全にシステムが同じ以外は、温度も時間も変わってきますので、初めての方は、納得のいく状態が得られるまでは、何本ものトライアル品を経て自分のシステムに合った温度と時間を拾得しなければなりません。
ですので、この工程に関しては、既存のデータをあてには出来ない、自分なりに成熟させる工程だと言えます。
関連記事
別窓 | Bamboo Rod | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑
<<火入れ(BlogPet) | 谿に遊ぶ | vogueⅡ>>
コメント
para-miyukiさん、こんにちわ。(^^)
やっぱ匠の世界ですねー。
自分、直火でボーッと炙るもの(なので、糸は大丈夫なのか?)と思ってましたー(自爆)。
2006-07-28 16:45 URL | dadlife #-[ 内容変更] | top↑

こんにちは
乾燥、選別、火入れ…ロッドビルダーの方達はまさに職人ですよね!
たいした物作れないけど、私も物作りが大好きです~(苦笑)
2006-07-28 17:52 URL | ぬまっち #9q2FTWbs[ 内容変更] | top↑

dadさん、まいど~!
なので、糸は麻か木綿糸しか使えません。化繊糸だと溶けちゃいますからね。
まぁ、馴れてしまえばこの工程が一番早く(11分なので)済んじゃいますので簡単です。^^v
2006-07-28 18:35 URL | para-miyuki #-[ 内容変更] | top↑

ぬまっちさん、こんばんは~!
まだまだ制作本数も3桁に乗りませんので、匠の域にはほど遠いでしょうね。
やはり、物作りは、本数こなして腕を磨く世界ですから。
魚釣りもその点同じですね。場数踏めば魚の居場所、キャストやドリフトも自然に身に付きますからね。
2006-07-28 18:39 URL | para-miyuki #-[ 内容変更] | top↑

miyukiさん、おっはよ~ございます!
火入れの工程って、意外にも短時間なんですね。
目的や意味は違いますが、グラファイトも
ブランクを焼く工程がありますよね。
そうやってみると、面白いですね、ロッド製作。
ボクもこの秋に向けて、一本ロッド製作してみようと思ってます。
といっても、ブランクとパーツ揃えて組み上げるだけですが(汗)
2006-07-29 09:05 URL | terry #-[ 内容変更] | top↑

terryさん、んちゃ~っす!
今日はosinoじゃなかったの?明日?
グラファイトのビルドは塗装しなければ簡単ですよ。
ラッピングがガイドを揃えるのが大変ですが・・・
なんか、週末の天気が良くなって、一気に梅雨明け行きそうですね。
シーズンもいよいよ終盤戦ですから、暑さに負けずに楽しみましょ!
2006-07-29 13:49 URL | para-miyuki #-[ 内容変更] | top↑

う~む・・すごい。毎回見るたびに自分じゃ出来んな・・と
思い知らされるばかりですね。
小さなデータの積み重ねが大事なのは実釣も竿も
それ以外も同じなんですな~~

子供に夏休みの科学研究のネタ無いかといわれて「フライパターンと
浮力について」とかどうだ?といったけど却下され「釣りにおける結び強度」
なるものやってみたんですが よく雑誌でみるデータとは微妙に違って
面白いデータでした。メーカーによってもかなり違いがありそうなので
今度はそっちをみてみよう。。と少しはまりそう・・

竿が今から焼かれるハムのようで美味しそうに見える・・
2006-07-29 14:31 URL | やまもも #-[ 内容変更] | top↑

やまももさん、こんばんわ~!
そうですね~!ティペットとか、リーダーとかのテストでは、新品でやりますので、劣化状況など
は判らないですよね。
フックものびやすかったり、折れやすかったり・・・
ラインでは相当痛い目に遭いましたが、いすれも、実際使ってみないと善し悪しは分からない
ですね。
今の時代は何でもデータを数値化する傾向が強いですが、伝統工芸や、職人の技は、培わ
れてきたさじ加減と、体に染みついた感覚がすべてですからね。
研ぎ澄まされた職人の技は、時としてNCを凌駕しますから、すごいもんです。
2006-07-29 19:32 URL | para-miyuki #-[ 内容変更] | top↑

コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 谿に遊ぶ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。