l 谿に遊ぶ 竹に命を
我が愛妻、Para-Miyuki 843を持ち、溪に立つ。 溪魚の鼓動が妻の手から伝わり、水面が割れる。
<
スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
竹に命を
2006-11-19 16:09
寒くなりました。
今朝も霜が降りましたが、これからが冬本番です。
我が家ではまだファンヒーターに火を入れず、我慢我慢!

でも、竹には火を入れないといけません。
DSC_8834-1_s.jpg

電気ヒーターやヒートガンを使用する方が殆どですが、私は当初からコールマンのストーブを利用しています。
170℃~180℃の温度で、6分+5分の11分、竹の繊維に含まれる余分な水分、油分を飛ばし、熱することで竹の繊維に含まれる珪素分子の結合が、より強固になると考えられています。
DSC_8828-1_s.jpg

この作業で竹の反発力は高まり、強い竹が生まれます。
ここで初めて竹に命が吹き込まれるのです。
人それぞれの方法で、それぞれが温度や時間が違いますが、この瞬間から、竹は、竹から素材へ変身します。
DSC_8835_s.jpg

この作業も、削りも接着も、そして、ディッピングも、金属加工や旋盤仕事以外の作業は、天国のmiyukiとnoelの見守る中で行われます。

生まれたばかりのこの命、これから世に出るまでがもっとも時間を必要とする期間に入ります。
来年の解禁日を目指して、徐々にロッドへと成長してまいります。

DSC_8837_s.jpg

関連記事
別窓 | Bamboo Rod | コメント:15 | トラックバック:1 | top↑
<<あーくんは(BlogPet) | 谿に遊ぶ | とか書いてた(BlogPet)>>
コメント
para-miyukiさん、こんばんわ。(^^)
複雑な工程を重ねて命を吹き込まれたロッドが、パラボリックなカーブを描いて渓魚をかけるのは製作者の喜びでしょうね。
で、サスガに工房は綺麗っすねー(大爆・・失礼しましたー)。
2006-11-19 17:55 URL | dadlife #-[ 内容変更] | top↑

この場合オーブンの上側で180℃ですよね?(途中かな?)
とすると、熱源に近い方はもっと高温だから、気を使いますね。
気を抜くと一瞬で燃えますもんね。

僕は最近ヒートガンでやってますが、温度はやはり同じくらいですね。
2006-11-19 18:29 URL | GEN #0YcJaO/Q[ 内容変更] | top↑

miyukiさん、こんばんワン!!
竹から素材に変身って聞くと、何だかワクワクしますね。
少しずつ釣り人の道具に変わっていくってのは、ロマンを感じます。
それにしても、トーキョーも今日は寒いっす。
ボクも今日はストーブを出しました、電気ストーブですけど(笑)
2006-11-19 18:43 URL | terry #-[ 内容変更] | top↑

dadさん、おばんみ~!
なぜマクロで接写して、ぼかしを効かしているか・・・ワカルヨネ~!
さすがにウジがわくほどではありませんが、若い頃、水漏れしていた冷蔵庫の下の畳からきのこがニョキニョキ出てきたことがありました。
けっして綺麗好きではありません!(キッパリ)
2006-11-19 19:42 URL | para-miyuki #-[ 内容変更] | top↑

GENさん、まいど~!
200℃10分は燃えますね。
190℃は長いブランクだと先端が燃えちゃいます。
180℃の11分がいまのところ限界値に近いですね。
あの、焦げ臭いにおいとともに立ち上る煙を見たときのショックは忘れられません!(爆)
2006-11-19 19:45 URL | para-miyuki #-[ 内容変更] | top↑

terryさん、こんみんば~!
寒いんですが、灯油の値段は下がりませんね~!
かえって電気のほうが割安なのかも・・・
で、ホットカーペットにタオルケット被ってしのいでます。(笑)
でも、これもあと2週間が限界か・・・
さすがに室内温度が5~6℃になると我慢できません!
2006-11-19 19:48 URL | para-miyuki #-[ 内容変更] | top↑

こんばんわ。
火入れの作業、大変ですね~職人技とも言うべき巧みのお仕事、風邪ひかないように頑張って下さい。。。
2006-11-19 20:02 URL | ぬまっち #-[ 内容変更] | top↑

ぬまっちさん、どもども~!
ここ10年近く風邪とは無縁なんですが、今年は新型インフルエンザが怖そうですね。
あっちこっちのテレビで煽ってますね。
お互い、ヤバイ年頃ですので気を付けましょうね。
2006-11-19 21:17 URL | para-miyuki #-[ 内容変更] | top↑

おはようございます♪
コールマンのピーク1に思わずライズしてしまいました。
これで火入れしてるんですね。。。これで竹から素材へ。。。
う~ん 一つ一つの行程が興味をそそります。
自分のピーク1は10年位火入れしてません(爆
2006-11-20 07:54 URL | kom #-[ 内容変更] | top↑

私のヒートガンオーブン、完成しました。
そこそこのものになりましたが、まだ竹を入れていません。
なんか、生焼けの竿になりそうです。

ところで、写真の竹は焼入れの前にフレーミングしているの?
それともオーブンだけ?

ジャニ天来てくださいね!
2006-11-20 09:49 URL | 西洋毛鉤 #1nX/S25g[ 内容変更] | top↑

para-miy
para-miyukiの、コールみたいな我慢したいなぁ。
そしてここに使用するつもりだった?
2006-11-20 17:11 URL | BlogPetのあーくん #-[ 内容変更] | top↑

komさん、おばんで~す!
これも10年選手ですが、まだまだ現役活躍中です。
河畔でコーヒーなんてのも、今では滅多にやりませんので、もっぱらこれ用!(笑)
何年も乾燥されたトンキンケーンですが、それでも火入れするとまだまだ水分が残っていたのが判ります。
この水分は竹腰を弱くしますが、それ以上抜いてしまっても良くありませんし、完全に抜いたときは灰になるときです。(爆)
2006-11-20 19:27 URL | para-miyuki #-[ 内容変更] | top↑

西洋毛鉤さん、まいど~!
完成しましたか!次の一本が楽しみでもあり、不安でもありますね。
私もこのシステムでは、一本、炭にしましたから!(笑)
システムが変われば、温度と時間の具合をトライアンドエラーしなくてはいけませんからね。

で、ここまで真っ黒に焼くのはバーナーじゃないと無理です。
笹くれたつまで焼くウジニッキやヤングと違って、その手前で止めてますので、飴色になります。
2006-11-20 19:31 URL | para-miyuki #-[ 内容変更] | top↑

私のピーク1は25年使ってますが、まだまだ現役です!でも最近は年に1度か2度しか火をともしていませんが。こんな使い方をされているとは、チョット驚きです!!要v-15
2006-11-21 19:09 URL | heboheboy #-[ 内容変更] | top↑

要さん、こんばんみ~!
そうですね、こんな使い方が出来るとは、私も最初は気が付きませんで、ヒートガンを考えていました。が、そこで目に入ったのがこのストーブ、火力が強いので断熱材無しで充分!
温度も中火にしないと220℃振り切れます。
2006-11-21 20:55 URL | para-miyuki #-[ 内容変更] | top↑

コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
Hot Air その後
Hot Air完成です。竹をセットせず、加熱テストを行ってみました。12分間ヒートガンで熱し続けて温度測定ボルトの下段が180度まで上がりました。バンブーロッドの焼入れ(私の場合)では、180度以上にしませんのでオーブンとして使えそうです。温度調節穴を調
| 谿に遊ぶ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。