l 谿に遊ぶ Precious wood "Grip & Filler"
我が愛妻、Para-Miyuki 843を持ち、溪に立つ。 溪魚の鼓動が妻の手から伝わり、水面が割れる。
<
スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
Precious wood "Grip & Filler"
2009-09-10 21:55
Miyuki-Rodでは、制作当初から、フライロッドのグリップにウッドを使用しておりました。
今では、注文の9割以上がウッドグリップ指定です。
単価的にはファイフAのコルクが一番高価ですが、塗装にかかる手間を考えた場合、ウッドはコルク
以上の価値があると思っております。
塗装だけで、最短2週間かかりますから・・・

当時は、どのメーカーもコルクを使うのが当たり前のようで、どこを探してもウッドグリップはありません
でした。
その後、ロンクーシーや最近では国内の一部のビルダーさんのロッドでウッドグリップを見かけるよう
になりましたが、まだまだコルクが主導のようです。

一部、塗装中でお見せできませんが、現在塗装済みのものをご紹介いたします。

Miyuki-Rodの定番、カリン(花櫚)バール
_3002339.jpg
NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)

今までは、この花櫚だけがウッドグリップの素材でした。
独特な瘤の紋様と色合いが好きで、Miyuki-Rodはこの花櫚バールの最高級のものを使用しています。バラ科の花梨とは別物の、黒檀、紫檀と同じマメ科の大木に、細菌によって出来る瘤です。
しかし、昨今、瘤目の詰まった入り皮の少ない材が希少になっており、入手も難しくなってきました。
海外での人気も強く、高値で取引されております。

スネークウッド
_3002337.jpg
NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)

南米ギアナ産の別名レターウッドと呼ばれる、桑科の銘木です。
最高級のステッキや、ビリヤードのキュー、万年筆などに使われる、香木類を除けば、世界で一番高
価な木材です。
比重では2番目に重いので、水に沈みます。
樹齢100年以上かかった25cmほどの芯の部分10~15cmのみに紋様が出ます。
限定制作品"ARCTURUS"だけに使用します。

オーストラリアのユーカリ属"ヨークガム"
_3002335.jpg

_3002336.jpg

NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)

カリンや、その他のバール材のほとんどがそうですが、このヨークガムも部位や個性で色々な紋様
が出ます。
ユーカリ属は600種類以上あり、ヨークガムもその一種です。
比重が重く、やはり、水に沈みます。

バーズアイメイプル
_3002338.jpg
NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)

フィラー材としてはポピュラーな素材です。
塗装を施すと木目に浸透した塗料が光を屈折して、3次元画像のような立体感が出ます。
瘤好きの私には珍しい素材ですが、シンプルで大人しい色合いが好みの方向けです。

ウォルナット & ブラックアッシュ
_3002341.jpg
NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (IF)

グリップが未完成ですので、フィラーだけの画像です。

カリフォルニアクラロウォルナットは、カリフォルニア州の一部だけが原産の希少種です。
この銘木が欲しかったんですが、個人輸入がキャンセルされて出来ませんでした。
最近、ウッド専門のショップより、やっと取り寄せられました。餅は餅屋です。
油分を多く含み、加工も目止めが必要です。
それでも、渋いマーブル紋様は、高級外車のダッシュボードや、高級家具などに使われて有名です。

ブラックアッシュは野球のバットに使われるホワイトアッシュとは全く別物の樹種です。
独特の紋様ですが、素材自体が脆く、加工性は極めて悪い素材です。
それだけに手間がかかり、出来上がった製品は価値が高く、作り手泣かせの素材です。

まだまだ、色んな銘木がありますが、すべて試すとなると制約やリスクを伴いますので、いい加減
にしないといけません。
でも、楽しみでもありますので、その都度ご紹介させていただきますね。^^v
関連記事
別窓 | Bamboo Rod | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
<<アークと・・・ | 谿に遊ぶ | アークです♪>>
コメント
いいですね~♪
木、大好きの私としては、
このシリーズ、続けて欲しいです。。。
で、ウォールナットに萌え~♪いい!最高っす!
ローズウッドも好きなんだけどな~♪
2009-09-11 12:18 URL | tabi #0t0S2Pkg[ 内容変更] | top↑

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-09-11 16:51 | #[ 内容変更] | top↑

tabiさん、こんばんは。
ウォルナット、いいですよね。
ローズウッドはバールが無いのでほとんどまっ黒けになりますだ、切削時の香りがいいです。
そろそろ完成ですので、グリップ決めてもらいますが、ウォルナットで行きましょうかね。^^
2009-09-11 22:09 URL | para-miyuki #-[ 内容変更] | top↑

鍵コメさん、こんばんは。
オールオッケイです。^^v
2009-09-11 22:10 URL | para-miyuki #-[ 内容変更] | top↑

しかし、どんな材でもグリップにしちゃうあたりがusiさんらしい。(笑)
コルクの方が高価と言っても、入手の手間から考えれば、はるかに高価なグリップですよね。

塗装は全てカシューですか?
メイプルとかの薄い色の材にはカシューくらいの色が付いてる塗料の方が良いかもしれませんね。
僕も今まとめてリールシート製作中です。出来上がる頃にはちょうどシーズンオフ。
そこからが本格的な竿作りですね。 ^ ^
2009-09-12 07:05 URL | GEN #0YcJaO/Q[ 内容変更] | top↑

GENさん、こんにちは。
柔らかい素材は目止め必粋ですので、やはり、カリンが一番扱いやすいです。
硬いので、ムラが出来難いし、丈夫だし。
同じ硬くても、スネークウッドは木目沿いにクラックが入り易いので難儀です。
今のところ、カリンとヨークガムが良いです。
カシューも厚塗りすると乾燥に時間がかかりますので、薄塗りが基本ですが、垂れで厚い部分が
できちゃうと、後が大変です。
2009-09-12 14:05 URL | para-miyuki #-[ 内容変更] | top↑

コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 谿に遊ぶ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。