l 谿に遊ぶ TORAFUDAKE
我が愛妻、Para-Miyuki 843を持ち、溪に立つ。 溪魚の鼓動が妻の手から伝わり、水面が割れる。
<
スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
TORAFUDAKE
2011-11-03 23:04
グリップの花櫚を成形し、フィラーを制作します。
この状態で真空樹脂浸透させて乾燥させます。
今回は先日の京北で頂いたトチを芯材につかいましたが、成形中に発するスパイシーな匂いが工作室
に充満・・・
暫くは消えないでしょう。
やはり、花櫚やローズウッドの香りが一番好きです。



火入れを終えた竹は軽めにスクレイピングして仕上げ削りを行いました。
この状態でも雲紋ははっきり出ていますが、フィラーの成形では雲紋は消えてしまいました。
このことから竹の表面のコンマ数ミリまでにしか紋様が浸潤していないようです。
逆に考えれば、強度面では安心材料となります。

PA310003-1.jpg

この後、接着を行い、乾燥後にバインディングを解いて残った接着剤をシェイプします。
表面の雲紋がべっ甲のような紋様になるくらいにシェイプし、グリップ部分を成形します。

PB030006.jpg

やはり、グリップの成形では雲紋は消えてしまいます。
しかし、スウェル部分にかすかに雲紋がかかり、自然な感じでブランクの雲紋へと移行している感じが
良い雰囲気です。

PB030003.jpg

フェルールを仮付けして繋いでみた結果、思ったよりも張りのある良いアクションに仕上がりました。
番手も狙った通りの#4で、塗装をしてガイドを付ければ適度なミディアムアクションになってくれる
でしょう。
まずは下地塗装に取り掛かりますが、まだラッピングの色を決めていません。
今回はCPは使わない予定ですが、さて、何色にしようか・・・
ブランクの紋様を引き立てたいので段巻きも行いません。

金具は黒染めで統一しますので、かなり渋いロッドに仕上がりそうで、今から楽しみです。
関連記事
別窓 | Bamboo Rod | コメント:2 | top↑
<<合間に | 谿に遊ぶ | 虎斑竹>>
コメント
まいど~!
相変わらず美しい竿ですね!振って見たいです
2011-11-05 07:31 URL | 紫親父 #wUpZTPhQ[ 内容変更] | top↑

紫さん、おはよ~!
トンキンに比べると太いけど軽いです。
結構シャキっとしてます。
2011-11-05 11:58 URL | para-miyuki #-[ 内容変更] | top↑

コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| 谿に遊ぶ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。